デュポン=モレッティ司法相が極右エリック=ゼムール候補を「人種差別主義者でガス室否定論者だ」と非難

極右の大統領選立候補の可能性について、法務大臣が反応した。

今週火曜日の夜、「Face à BFM」でインタビューを受けたエリック=デュポン=モレッティ司法相は、エッセイストのエリック=ゼムール氏が2022年仏蘭西大統領選挙に立候補する可能性について話した。

「彼が来ないメディアの隙間はない」と法務大臣は残念がっていた。

目を開く

「彼は人種差別主義者であり、ガス室否定主義者であり、人種的憎悪を煽ったとして裁判所から非難されている」

と元弁護士であるデュポン=モリッティ司法相は語った。

「一人でも多くの人が目を開けてくれることを願っています。今のところ、彼は極論者であり、才能あるジャーナリストであり、作家である。彼のプログラムは何ですか?彼はこれらの複数の帽子の後ろに隠れていて、今のところ自分を公表するつもりはありません。(中略)彼が司法に関してどのような提案をしているのか知りたい」
と大臣は語った。

サンドラー家の選択を擁護する

モハメド=メラの弟の弁護士だったエリック・デュポン=モレッティ氏も、エリック・ゼムール氏のサンドラー家に関するコメントに反応した。彼らは、トゥールーズでのテロで亡くなった子供たちを、イスラエルに埋葬することを選択していた。

「彼は家族をイスラエルに埋葬することを選んだ。なぜなら、彼の息子と孫はユダヤ人であるがゆえに殺されたのであり、彼らの墓が反ユダヤ主義者のろくでなしによって冒涜されるのを避けたかったのだ」

と法務大臣は語った。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply