『BPM』は、悲しみをテーマにした映画です。

https://www.lefigaro.fr/cinema/2017/08/22/03002-20170822ARTFIG00189–120-battements-par-minute-est-un-film-de-deuil.php

カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したロビン=カンピロ監督の長編映画「BPM」は、エイズの時代をこれまでにない形で描いた作品です。歴史家のディディエ・ロートベトニ氏に解説してもらった。

魅力的な『Les Années sida à l’écran』*の著者である歴史家のDidier Roth-Bettoni氏が、伝染病のさまざまな描かれ方と『120 Beats per Minute』の独創性を振り返える。

---1分間に120回のビートは、どこからともなくやってくるものではありません。著書の中で、スクリーン上のエイズの歴史は1985年に始まったと指摘されていますが…。

Didier ROTH-BETTONI:そう、そして一番反応したのはアメリカのテレビだった。一連の「ゲイ・ガン」に関するセンセーショナルなドキュメンタリーの後、1985年11月にNBCで放送されたジョン=アーマン監督の『凍える春』は、一般向けのフィクション映画としては初めてエイズを扱った作品であった。患者の目線ではなく、周囲の人々(家族、友人)の目線で流行を見つめる、無性に優しいメロドラマである。恐怖から受け入れられるまでの思いやりのある軌跡は、1994年にトム=ハンクスがオスカーを受賞した『フィラデルフィア』を筆頭に、今後の主流となる作品と同じです。しかし、1985年の『凍える春』では、当時としては実に大胆な試みがなされています。俳優のロック=ハドソンが亡くなったわずか1ヵ月後に発売されたこの作品は、エイズであることを公表し、同性愛者であることを明らかにした最初のスターでした。この二重の事実は、アメリカ社会に衝撃を与えた。

---『BPM』の舞台は、流行が始まって10年後、1996年にトリプル・セラピーが登場する前の1990年代前半です。あなたが言う「瀕死の人の悲壮な心」とは…。

ディディエ:そう、エイズに関する最も重要な映画はこの時期に作られているのです。ジョナサン=デミ監督の政治的に正しいメロドラマ『フィラデルフィア』や、カナダのジョン=グレイソン監督のクィアファンタジー『ゼロ・ペイシェンス』など、さまざまな作品があります。フランスでは、シリル=コラールの半自伝的作品「Les Nuits fauves」が1992年に280万人の視聴者を集め、4つのセザール賞を受賞しました。バイセクシャルでHIV陽性の写真家ジャン(コラール本人)が、ロマンチストのティーンエイジャーであるローラ(ロマネ=ボーリンガー)に感染させるというストーリーで、1986年が舞台となっています。これは、コンドームやスクリーニング検査、治療法が普及する前のことです。この映画は、当時のエイズ活動家の間では非常に評判が悪かったのですが、エイズによって性に悩まされていた全世代に影響を与えました。

---『BPM』は、このアクティビスト集団の活動を示す点でユニークです。

Didier Roth-Bettoni:コミュニティ映画とメインストリーム映画を区別していますね。

---ロビン・カンピロの作品はどのカテゴリーに属しますか?

DIDIER:『BPM』は、この区別を無くします。これは、ゲイコミュニティの中で作られたものです。ロビン=カンピロと共同執筆者のフィリップ=マンジョーは、Act Upの元メンバーです。しかし、この映画は過激な視点だけではありません。また、「Act Up」が科学的な研究や研究所を圧迫していることから、医学的な問題も扱っています。この作品は、集団的なものだけでなく、親密なものも扱っており、非常に感情的な強さを持っています。カンヌ国際映画祭に出品され、グランプリを受賞したことで、この作品が一般の人々のための映画であることが証明されました。

喪に服し、多くの人が亡くなった中で自分が生き残ったことを受け入れるには、これまでずっと時間がかかりました。彼は今、過去を振り返っている世代に属している。

Didier Roth-Bettoni:Act Up、オリヴィエ=デュカステルとジャック=マルティノーによる『Nés en 68』(2008年)ですでに発表されています。

デュカステルとマルティヌーは、Act Upのメンバーでもありました。テレビ映画『L’Homme que j’aime』(1997年)の原作者であるStéphane Giusti氏も同様である。この協会は、多くのアーティストがそこにいたため、フィクションで扱われることが多い。そして、その映像感覚とスペクタクルなアクションは、特に強い映画性を感じさせます。しかし、『Born in ’68』では、「Act Up」が物語の核心ではありません。「BPM」は、この活動家グループの活動を示す点でユニークです。

---1982年から1984年にかけてのアメリカの同性愛活動家を描いたテレビ映画『ザ・ノーマル・ハート』(2014年)について、「30年後に、どのように運命に見放されたかを覚えている、壊滅したコミュニティの痛くて生々しい記憶を背負った、追悼の映画」と語っていますね。『BPM』は悲しみについての映画ですか?

Didier:ロビン=カンピロは、2004年の初の長編映画『Les Revenants』から、生きている人の中に戻ってくる死者を通してエイズを喚起しました。13年後、その比喩的な距離は廃止される。『BPM』で、彼は人生のこの時期と闘いに立ち向かう。多くの人が亡くなっている中で、自分が生き残っていることを受け入れるために、彼は何年もかけて喪に服した。彼は今、過去を振り返っている世代に属している。いよいよその時がやってきました。

The Figaroのレビュー

前回のカンヌ国際映画祭で『BPM』がパルムドールを逃したとしても、この作品には称賛の言葉と無意味なスローガン(「パルム・デュ・クール」、「イベントのような映画」)が浴びせられた。コンセンサスよりもラディカリズムに傾いているAct Upのスタイルとは違う。反エイズ協会の活動家には、韻を踏むセンスがあった(「Molecules to fuck each other with」)。1990年代初頭、彼らには礼儀を尽くす余裕などなかった。ほとんど無関心で死んでいく。

『BPM』は、ノスタルジーやペーソスのない時代劇映画だ。かつてアクトアップ活動をしていたカンピロさんは、自分の記憶の多くを使って、若い同性愛者の男女の怒りや苦しみを再現した。血友病とHIVに感染した10代のマリオさんの母親は、毎週のミーティングに参加している。Act Upの言葉で言うと「HR」です。惰性で動いている公権力を揺さぶるために、どのような形で闘うべきかを議論する場です。これらのグループシーンは魅力的です。

共に前進すること、全ての時間を捧げること、生き、愛し、踊り続けることの困難さを軽減することなく、運命を手にする集団の姿を示している。その中から、だんだんと一組のカップルが現れてくる。HIV陰性のネイサンは、すでに死刑判決を受けているショーンと恋に落ちる。若い恋人たちは、早老の夫婦のように死を迎えることになる。活動家たちの行動は、ゲイ・プライドほどではないにせよ、華やかなものではなく、葬儀のような通夜のようなものだ。2017年、エイズは慢性疾患になった。もうそれで死ぬことはないが、治すことはない。死者は生きている者にとりつき続ける。

Act Upの共同設立者であるディディエ=レストラド氏は、『BPM』に言葉を失う

https://www.lefigaro.fr/festival-de-cannes/2017/05/22/03011-20170522ARTFIG00221–120-battements-par-minute-didier-lestrade-fondateur-d-act-up-est-sans-voix.php

この時代を生き、映画の中で描かれている協会でエイズ対策に参加したジャーナリストは、ロビン=カンピロの演出にとても感動していた。

Act Upのパリ支部とTêtu誌の共同創設者であるディディエ=レストラドは、ロビン=カンピヨ監督とフィリップ=マンジョの「120 Battements par minute」を前にして、言葉を失ってしまった。この映画では、さまざまな活動を通じて、エイズとの闘いのためにキャンペーンを行ってきた協会のストーリーが描かれている。

教室に押しかけてコンドームの話をしたり、スクリーニング検査の結果を出すのに時間がかかっている検査機関に血を吹きかけたり、ほとんど何も知らないこのウイルスについて、自分たちの意見を伝えるためにあらゆる手段を講じた。

☆レストラド氏のTweetより☆
まるでこの映画は、私が『アクト・アップ』で経験した最も困難な瞬間をすべて消化させ、28年後に最高のものだけを残してくれたかのようです。全ての俳優、女優が完璧で、小さな役やエキストラでも、クラブのシーンは非の打ち所がなく、他に何と言っていいかわかりません。ロビン・カンピロとフィリップ・マンジョー、彼らが支配者だ。

ディディエ=レストラドは、この重要な時代を生きてきた。1989年から1992年までAct Up-Parisの代表を務めていた彼は、雑誌『Troiscouleurs』のインタビューで、協会内の非常に対立した関係について語っている。しかし、『BPM』は、彼に「メンバーと一緒に経験した最も困難な瞬間をすべて消化」させた。さらに良いことに、「キャスティングが信じられないほど素晴らしく、当時のAct Upによく似ている」ことに気づく。

エイズとの闘いを生涯続けてきた彼にとって、自分の協会の物語をスクリーンで見ることは「聖別」であり、「誇りの瞬間」であり、「大きな満足感」でさえある。ディディエ=レストラドは1986年、28歳の時に自分がHIV陽性であることを知った。ジャーナリストである彼は、1994年から2009年までJournal du Sida誌に毎月コラムを掲載するなど、ウイルスに関する記事を多数執筆している。また、「ローリングストーン」では、電子音楽、特にハウスミュージックの出現に貢献した。この映画のサウンドトラックは、ゲイ・コミュニティに敬意を表して、エレクトロ・アーティストの第一人者であるアルノー=レボティーニが作曲しました。

Palme d’Orへの道のり?

『BPM』上映は、カンヌの観客の間でも話題になった。「120 Tears par Minute(1分間に120個の涙)」という優しい言葉もあり、ほとんどのマスコミが絶賛した。映画評論家は、この作品をパルムドールの有力候補と考えている。Act Upのメンバーだったロビン=カンピロは、『ル・フィガロ』誌の同僚であるエチエンヌ=ソリンの言葉を借りれば、「パトスなしに身体と心を蝕む伝染病」を撮影している。

ロビン・カンピロ:「アクト・アップのすべての行動は、すでにフィクションに包まれていた」

https://www.liberation.fr/france/2017/08/20/robin-campillo-chaque-action-d-act-up-etait-deja-enrobee-par-la-fiction_1590949/?redirected=1

2017年のカンヌ映画祭の審査委員長であるペドロ=アルモドバルは、「ロビン=カンピロは多くの命を救ったヒーローの物語を語っている」と語った。彼のパルムドール受賞の意思はもはや疑いの余地がなかったが、彼の熱意に反して、少数の反対意見があり、最終投票ではルーベン=オストルンドの『ザ・スクエア』が押し出された。しかし、最終的にグランプリを受賞した時には、「Act Up」の伝記映画は、最初の週末に上映された本映画祭で、すでに最も話題になっていた。すぐにメディアは、監督と主演のNahuel Perez BiscayartとArnaud Valoisへのインタビューを始めた。「Libération誌では、1989年にAct Up-Paris支部を設立したDidier Lestrade氏が5月30日に『Spare us your praise』と題した記事を掲載しています。これは、エイズの最も深刻な時期を描いたこの映画が、逆説的な気分の良い映画になってしまったことを指摘している。だから、どうか同じジョークを繰り返さないで、みんなが恥ずかしい思いをする。「120 Beats par Minutes」は、社会が忘れてしまったありふれたストーリーを語る […] 。RSA(積極的な連帯収入)を得ながらカンヌのレッドカーペットを歩いた60歳近い人は、私だけに違いない(そう、「カンヌ」と「RSA」という言葉が同居しているのだ)」。ロビン=カンピロ氏は、2001年の『L’Emploi du temps』(その後、『Entre les murs』『Foxfire』…)から、脚本と編集の両方でローラン=カンテ氏と定期的に仕事をしながら映画界に戻ってきたが、受賞時のステージでは、偶然にもウイルスによる早死にを免れた人々の社会的なもろさを強調していた。「この映画は亡くなった人たちへのオマージュだと思うかもしれませんが、生き残って今も生きている人たちへのオマージュでもあります。私が今夜よく考えているのは、今でも重い治療を受けていて、不安定な状況にある人たちです。」「活動家だった頃、自分の人生を保留にしていたのですから…」「 120 Beats par Minute」は、「The Revenants」、「Eastern Boys」に続く監督の長編3作目の作品です。「完全に映画を奪われた、それだけのことだ 」と、彼はAct Upでの過去と、沸き立つステージのアゴラの形をした映画撮影についてLibérationに語っている。

「120ビート・パー・ミニット」のオープニングと同時に、アクト・アップによる筋骨隆々としたアクションを目の当たりにし、並行して、GAでの報告会で、実際には効果がなかったと思われることなどを話し合っている様子が編集されている。行動と反省の熱狂的な弁証法をすぐに確立する。

実際、この最初の行動は、2つの異なる介入の間の混合物の産物である。1991年、「同性愛とエイズ」と題された会議の最中に、2人の活動家がAFLS(フランスのエイズ対策機関)の責任者であるドミニク=シャルベに手錠をかけようとしたが、これは成功しなかったために失敗に終わった。映画の中で私は、ミシェル=クレスレが『リベラシオン』誌に掲載した記事(1991年4月28日付)を引用し、「エイズ対策団体の(相対的な)コンセンサスを歴史的かつヒステリックに破った、真のクーデター」と述べている。その1年後には、汚染された血液事件に関わったCNTS(国立輸血センター)の医学・科学部長であるバフマン=ハビビ博士に対する処分が行われた。活動家たちは彼を「殺人者」と呼び、偽の血液を投げつけ、ピティエ=サルペトリエール病院の円形劇場のステージで、300人の科学専門家の聴衆の前で彼に手錠をかけました。HIVに汚染された若い血友病患者で、『アクト・アップ』のためにバスタブで血液を作っていたマルコは、母親と一緒に撮影に来た。彼女は私にこう言った。「マルコが偽物の血がついた手をオーバーヘッド・プロジェクターに置いたのを覚えている?」

印象的なのは、ほとんど本能的なイメージと演出のセンスだ。アクトアップは、施設や研究室、情報交換会などの舞台に到着した俳優たちが、台詞や振る舞い、集合的な物語の方向性やそこから流れ出るはずの道徳性を根本的に変えてしまうような存在だ。この行動は、グループのメンバーの間でも議論され、失敗したとか、過激すぎると判断されることもある。

これに気づくのに時間がかかったが、この映画には基本的に教育学的な要素がある。すべてはこの行動を正当なものにするためであり、物語はグループの問題や、伝染病や政治的解決の遅さに直面した個人の困難に私たちを導く。

これらのアクションを行うことは、非常にエキサイティングであると同時に、緊張したり、怖かったり、結果によっては恥ずかしい思いをすることもあった。しかし、印象的な、印象的なイメージを作るという共通点があり、私たちはルイ・フォイヤードの「吸血鬼」の主人公のように、破壊的でセクシーな神話を持つ秘密のグループを連想させるものを表現した。一方、クリストフ=マルテは、パリ保険組合の大会で、クリュ=ヴェレー(1992年から1994年までアクト・アップ・パリの代表を務め、マルテが後を継いだ)の遺灰をプティフールに撒いたとき、人々はすぐには理解できなかったが、その意味がわかっても、食べ続け、シャンパンを飲み続け、笑い続けた人がいたと言っていた。ある意味、これらの行動は、内側から生きていても、とても非現実的で、一瞬一瞬がすでにフィクションに包まれているかのようだ。

---1992年にアクトアップに入会されました。初めて参加したリアルなアクションは何ですか?

監督:国民教育省前でのデモだったと思います。すぐに警官がやってきて、私たちは逮捕され、引きずられていった。その日は、マルコがAZTの錠剤(HIV感染症の治療に使われる最初の抗レトロウイルス剤)を失くしたのを見た日だったんだ。マルコは特に感心した様子もなく、サラダバスケットまでの道のりに、親指小僧のようなものが彼の薬を蒔いていた。

---他の協会ではなく、アクトアップを選んだ理由は何ですか?

督:私は、AIDESに参加して、患者の補助をすることを考えていましたが、それは罪悪感に基づくものが多いという印象でした。私がFrance 3のニュースを編集していたとき、Dr. Bahman Habibiに対して取られた措置の映像を見たはずです。私がこの運動に参加しようと思ったのは、多かれ少なかれこのアクションからであるように思います。というのも、「アクト・アップ」は、1980年代に蓄積された怒りを、ゲイとして未曾有の流行の犠牲者であるにもかかわらず、マイノリティとして耳を傾けられず、目に見えない存在であるという感覚を呼び覚ましていたからです。

私にとって『アクト・アップ』は、トッド=ブラウニング監督の『フリークス』のLGBT版として、映画ファンとしての記憶にすぐに響きました。腕がなくてもタバコを吸ったり、双子がくっついていても恋愛をしたりと、お祭りに出演する奇形の人たちは、実はごく普通に振る舞っていると映画の大半では語られていますが、ある日突然、彼らの一人が見た目に問題を抱えてしまうのです。突然、彼らのうちの一人が、無害で目立たない、組織化されていない余白としてしか彼らを受け入れなかった多数派の社会からの不公平の犠牲者となる。そこで共同体は改革され、彼らは皆、再びモンスターになることを受け入れ、その怪物性を過剰に発揮し、ナイフを歯に挟んで這い回り、怖がらせるのです。

病気であろうと、クィアであろうと、レズビアンであろうと、トランスであろうと、薬物中毒者であろうと……怖いもの知らずの私たちは、自分たちを見ようとしない人たちのために、それをとことんまで演じました。私たちの服装(ボンバーやドクターマーチン)や介入の仕方によって、人々は私たちが悪いことをしていると思ったのです。ピケッティング(集会)やダイインなど、大西洋を越えた方法を考え出したのです。共産党の議員の中には、フランスの抗議方法を使っていないとアクト・アップを批判した人もいました。インターナショナルを擁護していた人にとっては、かなり笑えたのではないでしょうか…。

アクトアップに入社する前は、1984年に入学した映画学校「Idhec」に通っていました。この頃は、この病気のことが言われ始めたばかりの頃です。歌手のクラウス=ノミが1983年8月にエイズで亡くなったことなどがある。

1983年、フランスに「AIDS」という言葉が入ってきました。1982年、『リベ』の記事では、まだ謎の「ゲイ・ガン」の話が出ていた。イデックに戻ったときはとても嬉しかったのですが、だんだんと映画に対する欲求がなくなってきてしまいました。私が憧れていた人たち、それはあまり独創的ではなく、ヌーヴェルヴァーグやストラウブの映画監督たちでしたが、私には全く活動していないように見え、何が起こっているのか全く分からない状態でした。自分が何をしたいのか、よくわからなくなっていた。私はもはや、映画の系譜の中に自分を見ているのではなく、まだ識別が困難で、全く奇妙な名前やイメージを生み出すこの出来事の中に身を置いていた。ウエスタン=ブロットやエリサ=テストのような名前や、1983年にABCチャンネルで放送されたドキュメンタリーに登場し、友人との悲惨な誕生日の写真が『パリ・マッチ』誌に掲載されたケニー=ラムサウアーのように、病気によって認識できなくなった患者が初めて登場する。フィルムのイメージは、当時出回り始めた、壮大で陰湿な大災害を描いた悪いSF映画を思わせるようなものが、やや影を潜めている。

アクトアップのおかげで、病気の恐怖に押しつぶされていた私は、美的感覚も含めて完全に呆然としながら、自分の人生をコントロールすることができました。Act Upは、政治的なものだけでなく、楽しさや絶え間ないユーモアも非常に具現化しています。私は、最も激しい矛盾を抱えていても、ありのままの自分を愛することを集団で学ぶグループだと考えています。誰も同意しない戦いもあるし、進行中の議論の本質を理解していないこともある。しかし、私たちは歴史的に現在の自分を考え、すべてをノートに書き留めますが、残念ながら後になって失うことになります。

---映画の中では、『アクト・アップ』は彗星の尾のようでもあり、70年代のカウンターカルチャーの末期の断片のようでもあります。そこでは、ティボーが会議の最中に「ホモはろくでなしだ、俺たちとはやっていけない」と言うように、自分の性的アイデンティティを仮定しながらも、それを転用し続けています。そして、「毎年のように、ゲイ・プライドは醜く、悲しく、雨のようなものになるだろう」と続く。

監督:そうですね、あるいは「T4(リンパ球)が2個残っていたのに、あなたがそれを踏んでしまった」というような笑いを誘うようなジョークもありました。また、残念ながら実現しませんでしたが、Act Up singsのクリスマスレコードのジャケットで、ツリーのボールの代わりにウィルスを吊るすというアイデアもありました。私は、子供たちの合唱団がコーラスを担当する歌のアイデアを持っていました。「大人になったら、私はHIVポジティブになります。 (笑)」と。 ダンディな過激さ、優雅さ、華麗さ、逆説的でとんでもない、実はとても面白い一面を持っていると言えるかもしれません。私たちは非常に怒っており、自分たちの行動の正当性を確信していたが、ある種の気軽さを持っていた。

90年代の終わりには、社会がだんだんと別のもの、リアリティショーのようなモラルに入っていった印象があります。何が本物で何が偽物なのか、何が本物で何が不真面目なのか、人々は常に疑問を抱いています。今日のソーシャルネットワークでは、負け犬のような噂話をする荒らしと、延々と困惑するような真面目な投稿をする思想家の間で、何か不純なものが消えてしまったような印象を受けます。私の記憶では、距離があるからといって真正性が損なわれることはありませんでした。それは、演劇的なセンスと、ギャップ、ゲーム、レトリック、自分自身と公の場でのパフォーマンスとの間にスペースを作るという考えが、極めて政治的な問題であり、今後もそうあり続けなければならないという思いとが、非常に強く結びついているのだと思います。

---映画の中盤では、若い活動家の死に合わせて、1991年にパリのノートルダム寺院で行われたアクションのアーカイブ映像と、ボイスオーバーで1848年の反乱軍の「死体の散歩」のエピソードを紹介しています。なぜ、このモンタージュは、突然、映画をより広い歴史的な観点から開くのでしょうか?

監督;これは非常に長い間、映画の中心にあったもので、一時は、7月の王政に終止符を打った1848年の革命のエピソードを映画化するという企画もありました。活動家の中には、病気を宣言すると、政治的な遺書を書き始め、例えば、自分の遺体をエリゼ(大統領府)の前に置いてほしい、というようなことを書いていました。そして、人が亡くなると、自分たちがやらなければならないことに気がつきました。アクトアップでは、フランスの歴史の中で、アパルトヘイト下の南アフリカやパレスチナでも行われていた政治的な埋葬について話しました。

映画の中で、若いジェレミーの死を早めたかったのは、21歳で亡くなったアクトアップの少年のケースを思い出したからです。彼の鼻血を見て、3ヶ月後には死んでいました。私はこの突然の死の不可解な面しか覚えていなかったが、友人からの情報で、この少年が鼻にカポジ病を患っていて、放射線治療を受けていたこと、それゆえに出血していたことを知った。肺も完全に奪われていることを医師は見ておらず、窒息死してしまった。ノートルダムのアーカイブは、子供を見ることができるので印象的です。武装勢力は非常に若く、それを忘れてはならない。

1953年に公開されたヨーゼフ・フォン・スタンバーグ監督の『アナタハンの熱』は、実際の出来事にインスパイアされたもので、南国の島で7年間、日本の敗北を認めない民間人や兵士たちの物語です。この映画はすべてスタジオセットで撮影されており、その人工性を示している。そして、突然、スタンバーグはアーカイブ映像を投入する。敗戦後、祖国に戻った日本人が泣いているニュースフィルムを見たとき、私は感動しました。虚構に賭ける、つまり表現する映画の中で、突然、自分を否定してドキュメントに戻るというのは、まるで見る人に夢から離れて地上に戻ってくることを求めているようで、非常に強い印象を受けます。

---多くのインタビューで、この映画の企画がいかに古いものであるか、何度もやろうと思い、何度も断念したことがあると語っています。なぜそれをしたのですか?ちなみに、当時はなぜ何も撮らなかったのですか?

監督:それを実現した人たちがいます。例えば、ブリジット・ティジューがクリュー・ヴェレーに出演していますが、彼女の映画「Portrait of a President」はとても美しいです。当時は、そんなことは考えもしませんでした。私は行動の中にいて、すべてを発見し、学び、多くの人々と出会い、非常に強い絆が生まれ、紛れもなく、私たちに起こっていることを精神的に記録していたのです。でも本当は、撮るのではなく、生きたいと思っていました。エイズの流行が始まってすぐに、私はそれについての映画を作らなければならないと自分に言い聞かせましたが、どんな映画でしょうか?プリオリ的には映画に向いていない題材です。私たちは何をしているのか、何を話しているのか。ウイルス?私はずっと小さな文章を書いていましたが、何の役にも立ちませんでした。初の長編映画『Les Revenants』の後、私は脚本を書きました。1年半かけて完成させましたが、これではダメだと気付きました。それは、病気に直面したときの孤独感を表す、これまた気の毒な話だった。私はアクト・アップに戻り、自分に言い聞かせました。「これこそが、私が話さなければならないことだ」と。集団と私的なものの関係、そして身体がどれだけ戦えるか、アクト・アップの集団の身体、病気の活動家の身体。

---今では有名になったHR、毎週円形劇場で行われるAct Upミーティングの雰囲気、エネルギー、そして無秩序さをどのように再現したのでしょうか?

監督:2004年に『Les Revenants』を撮影したときは、すべてが拍子木と同時に起こったことを覚えています。技術者も役者もみんな無呼吸状態で、重大な問題を抱えたこの映像に集中する。私は無呼吸症候群が好きではなく、役者と映画の呼吸を大切にしたいので、2008年にローラン・カンテ監督の『Entre les murs』(ロビン・カンピロが共同脚本・編集を担当)で試した3台のカメラのセットを再現しました。俳優たちは、15分のシーンを演じる瞬間から、完璧でなければならない30秒や1分のシングルカメラショットを主宰する人と同じ状態になることはできません、単純に不可能です。また、技術者も同じです。キャスティングの際には、自分で言うのもなんですが、あまりあがり症ではない役者さんを探すようにしています。また、台詞やキャラクター間のやりとりなど、たくさんのリハーサルを行いました…セット自体では、床に印をつけることはなくなり、私が彼らにどこにいるべきか、何をすべきかを示します。緻密だけど、彼らは映画のことを考えたりする必要はなく、自分たちのバブルの中にいて、そこにカメラがある。しかし、実際には3人いても誰も見えないとなると、人はちょっとしたコンパスを失ってしまう。チーフオペ」のジャンヌ・ラポワリーと一緒に、「撮影を待たない」と決めました。撮影現場に到着してから30分後には、非常に早いスピードで撮影を行います。明らかに壊滅的な状態で、現場のマイクが見えたり、別のカメラが通り過ぎたりしていた。しかし、誰もが連続して全体を見ることができるので、誰もが同時にすべての問題を発見することができるのです。だから今日の仕事は、その朝一番のテイクを改善すること。俳優はどんどん自由になり、シーンの不安から徐々に解放され、より流動的になっていきます。このため、編集では、最初のテイクのアクシデント、つまりもう少しぎこちないものを残し、後のテイクではより安全な瞬間を取り戻し、キャラクターがよりレトリック的に機敏になったような印象を与えることができます。

また、撮影時には劇場のようにステージを見るのですか?
いや、コンボの中にある3つの画面で、それぞれのカメラの撮影内容を見て、メモを取るだけです。また、「台本を取らない」という良かれと思ってやったことですが、編集中のラッシュの地獄はなんとも言えないものでした(笑)。145時間の突貫工事!

カンヌ国際映画祭で発表された後、この映画の周囲の人々が一致団結していることに驚きましたか?
少数派が突然多数派の現象になったかのような印象を与え、それを怪しいと思うことはいつでもできる。まず、政治的な回復の問題がありますが、これは当然のことです。そして、この謝罪のない固執は、ただただ気の毒です。もし、当時の政治家の中に、「我々は間違っていた、同じような流行を見ていなかった」と認める人が一人でもいればよかったのですが。でも誰もいない!?どこにもなかったんだよねー。

私はこのメンバーを分析できる立場ではありませんが、多くの視聴者が流行を逃したことに気付いたのではないでしょうか。私は人と人との間に存在しうる電気を表現しようとしました。この映画は影響の記憶に基づいていますが、観客の大半は集団の舞台裏だけでなく、感情の高まりにも興味を持っていると思います。政治的な知性が、絶え間ない感情の流れによってどのように横断されるのか、それは誰もが警戒し、自分や他人を見張っているからです。

まあ、ひとつ言えることは、このような作品を10本も作ることはないでしょうね。肉体的にも精神的にも、1年半で10歳も老けてしまいました(笑)。正直なところ、次の作品では期待を裏切ることしかできません……だから、何でもやっておけば大丈夫なんです。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply