ロベール=バダンテール元司法相インタビュー:「死刑廃止という信念が私にはありました」

https://www.liberation.fr/idees-et-debats/robert-badinter-labolition-de-la-peine-de-mort-une-conviction-qui-me-possedait-20210929_LKWL7A7T3NDLZPPLJ3UY4AHYIQ/

わずか40年前に死刑廃止の立役者となった彼が、世界のいくつかの地域で今もなお続いているこの歴史的な闘いについて「リベラシオン」に語っています。

「上院は、私がベールに包まれた声で話さなければならないことを許してくれるだろう。それは感情でもなく、まだ疲労の結果でもなく、ただ不幸にも一枚の霧に遭遇しただけなのだ。」

1981年9月28日、ロベール=バダンテール司法相は、上院での演説を始めた。結論から言うと、しばらくして、彼は自分が説得しなければならないことを知った。

「もしあなたが良心に基づいて、どんな人間も完全には有罪ではなく、永遠に絶望させてはならず、私たちの正義はすべての人間の正義と同様に必然的に誤りを犯すものであり、この正義のすべての進歩は私的な復讐や報復法を超えていくことであると考えるなら、あなたは死刑廃止に投票するでしょう。」

上院議員は、国民議会と同じ条件で文章を採択するために、たった2日間しかなかった。極端な話、1981年9月30日に廃止が確定的に議決されたのである。

40年後、ロベール=バダンテール元司法相はパリのリュクサンブール公園近くのアパートで「Libération」を受け取った。死刑制度の廃止を訴え、その立案者となってまで運動を続けてきた93歳の弁護士が、記憶を蘇らせる。彼のタンスの中には、友人のフランソワ=ミッテラン大統領からもらった法律の原文が残っている。封印された文書には、本人とフランソワ=ミッテラン、ピエール=モーロワ首相、ガストン・デフェール、シャルル=エルヌの内務・防衛大臣の5人の署名が入っている。「みんな死んでしまって、私だけが残った」”と感慨深げにコメントしている。しかし、ロベール=バダンテール元司法相は、過去にこだわるのではなく、いつの日か必ず実現すると信じて、世界の国々での廃絶を擁護したいと考えている。

---アムネスティ=インターナショナルによると、現在、83カ国が死刑を廃止しておらず、そのうち55カ国が死刑を適用しています。いつの日か、普遍的な廃絶を望むことができるでしょうか。

完全な独裁国家である中国では、死刑執行の数すら知られていません、それは国家機密です。イランでも、サウジアラビアでも、イスラム原理主義の国では、子供や女性でも処刑されています。この40年の間に、世界でこんなにも早く廃絶が進むとは思ってもみませんでした。印象的ですね。ヨーロッパのすべての地域は、20世紀に人権を特に尊重していたとは言えませんが、死刑制度を廃止しています。ただ一国、スターリン主義の強権国家であるベラルーシを除いては。独裁者と死刑制度の間には一定のつながりがあります。単に、与党のリーダーが、自分が同胞よりも生殺与奪の権利を持っていることを示したいからだ。

---では、将来についてはむしろ楽観的なのですね。

私の性格上、どちらかというと積極的な悲観主義者なんです。しかし、どこからスタートしているのかを測らなければなりません。1981年、フランスは世界で35番目に死刑を廃止した国であり、欧州共同体では最後の国でした。この遅れには歴史的な理由があります。脱植民地化により、アルジェリア戦争が終わるまで死刑が適用されていましたが、政治的な理由もあり、共和国大統領の個性やフランス人のギロチンへの愛着と結びついています。私たちが思っているほど文学を愛しているなら、私たちが偉そうに言うように「人権の国」であるならば、前者を廃止していたでしょう。このようなことはありません。

---何度もチャンスを逃してきたと言わざるを得ない。

廃止運動は、啓蒙主義にまでさかのぼります。近代刑法に影響を与えたミラノ出身のチェーザレ=ベッカリーアは、1764年に死刑の無意味さを最初に証明した人物です。忘れられているが、1981年の廃止の前にも、1795年に条約で決議された廃止があった。というのも、この文章の中で、死刑は「大平洋の日から」廃止されると書かれていたからです。大平洋の日とは、死刑廃止にあまり熱心でなかったボナパルトの領事時代である1802年のことです。第三共和制では、ファリエール大統領、ブリアン、クレマンソー、ジョーレスが廃止論者だった。しかし、ソレイユ事件というマスコミに悪用された大事件が発生しただけで、1908年の会議所では廃止が議決されなかったのである。

---1973年、あなたは世論が死刑に執着するのは「集団的苦悩」の症状であると言いました。

それは、私が弁護士を務めたクレルヴォー刑務所の人質事件の犯人の一人、ボンテムの処刑から1年後のことで、その裁判ではボンテムは殺していないと認められた。私たちは、廃絶のための戦いの真っ只中にいました。当時、フランス人の大多数が死刑に賛成していたことは言うまでもありません。また、私が行ったすべての裁判所では、それが現実のものとなり、ほとんど物理的に存在していたことは、言うまでもありません。裁判所周辺の人々は、「A mort! 死ね!」と言われました。せめてもの救いは、人気者オーラがなかったことでしょうか…。

---恐ろしいことに、「ル・モンド」紙のイプソス社の世論調査によると、2020年になっても55%のフランス人が死刑制度を支持しているというのです…。

1981年9月17日の国民議会での廃止日に、右派系の大手朝刊が、ギロチンに賛成する人が62%という試算の世論調査を掲載した。現在の数字については、大きな犯罪やテロが発生した際に世論調査が行われていることで説明できます。現在の犯罪が発生していないときに、一定の間隔で実施する必要があります。私は投票による共和国ではなく、価値観による共和国を信じています。フランスの死刑制度は終わりました。すべてのヨーロッパの民主主義国家と同様に。

しかし、リオムのアサイス裁判所で行われたフィオナちゃん殺害の罪に問われた両親の裁判などでは、判決後に人々が「ギロチンへ!」と叫んだこともあった。歴史は時に私たちを悩ませるものであるかのように…。

社会の状態と、血なまぐさい犯罪によって喚起された感情のおかげで、常に世論の一部を伴った反応とを区別しなければならない。死刑を復活させることについては、不可能です。シラク大統領は2007年にこの制度を廃止しました。つまり、死刑制度を復活させたいフランス大統領は、憲法を改正しなければならないのです。また、欧州人権条約なども破棄しなければなりません。これは「人権の国」の大統領としては考えられないことです。

---廃止を不可逆的なものにするために合憲化することは、後戻りの恐れを裏切ることになりませんか?作家アーサー・ケストラーの有名な言葉を思い出す。「文明人の心の奥底には石器時代の小人が潜んでいる[…しかし、この獣の皮をかぶった小人が我が国の法律に影響を与えることがなければ、それに越したことはない]」。

アーサー=ケストラーの著作は70年前のものである。国際協定やEU、廃絶が進む前の時代である。遠い闘争の時代です。

しかし、エリック=ゼムールのような大統領候補の候補者が、「哲学的には死刑制度に賛成である」と述べているのを聞いたら、あなたはどう反応しますか?

民主主義国家では、誰もが自分の信念を持つ自由があります。顎を動かすことは、法律の基本ではありません。本当は、死刑制度が復活するには、革命や独裁者が権力を握り、フランスの国際協定を破棄しなければならないのですが……。私たちは脅し文句を言っていますが、フランスの死刑制度は終わっています。そして、上院でこの文章が採決されたとき、私はそれを確信しました。ヴィクトル=ユーゴーの席を示すプレートに手を合わせて、”これで終わりだ “と思った。

---1970年代、あなたはL’Express紙で、死刑制度について次のように述べています。「私は、死刑制度には、ほとんど人種差別的で主権的な正義の概念の最後の痕跡があると思いますが、それは非常に深いもので、あたかも他の人の人生について、他の人のために決定する権利を持つ優れた人種、主人の人種がいるかのようです。

これは常に歴史的なスレッドである。植民地時代のフランスでは、多くのアルジェリア人が死刑を宣告されていた。また、アメリカでは、死刑制度のある州が、南部連合の地図を塗り替えています。人種隔離がアメリカ社会の事実であったところに、死刑制度が残っている。

---あなたは、著書『Avolition』の新しい序文の中で、特にテロリストに対する死刑を正当化するような例外的な体制を作ろうとする現在の誘惑に警告しています…

1970~80年代の西欧では、イタリアの「赤い旅団」、ドイツの「バーダー・ギャング」、スペインの「カタルーニャ分離主義者」、イギリスの「アイルランド分離主義者」など、いずれもテロリストでした。これらの民主主義国では、死刑を復活させた国はありませんでした。決してそうではありませんでした。彼らは皆、法という武器を使って戦い、テロを根絶した。死刑は抑止力にならない。ファシストやテロリストの特徴は、スペイン内戦時にトレドでフランコ将軍が発した有名な叫び声、”Viva la muerte!” です。”死の万歳!” 狂ったような叫び。いや、Long live life!

---1981年、あなたがこれを弁護したとき、同僚の弁護士からそれほど多くの支持や祝福を得られませんでした。廃止後、パリの弁護士会の最初の会合は、社会貢献についてだった…。

もちろん、当時は、アルベール=ナウドやエミール=ポラックなど、奴隷制廃止派の偉大な弁護士もいたが、この問題に関しては、全員が一致しているとは言えない。幸いなことに、現在ではそのようなことはありません。

---あなたが参加したボンテムズの処刑について、「私たちは皆、顔がくぼんでいて、人殺しの顔のように嘲笑していた。死刑制度は、人類が自らを見つめる鏡なのでしょうか。その存在は、私たち全員を殺人者にするのでしょうか?

フランス最後の死刑囚ハミダ・ジャンドゥビの処刑から数十年後、私はある紳士の訪問を受けました。”私の母は死んでいます。彼女は判事でしたが、あなたのために書類をくれました。”と言ってくれました。Monique Mabelly氏は、マルセイユの試験官であった。彼女は、感情を抑え、美辞麗句を使わずに、死刑執行の様子を正確に書いていた。ひどいものでした。私はこの文章を読んで考え、国立判事学校(ENM)の校長に渡しました。ホールに飾って、将来の判事が死刑制度を知ることができるように。

---40年経った今、自分がもたらしたものに誇りを感じていますか?

私は被写体ではありません。この10年間、私は死刑廃止の講演をしたいと思ったことはありませんでした。それは当たり前のことだった。何のために話しているのか?ミッテランは、1981年9月15日から9月30日まで、この法案を採択するための臨時国会を用意してくれた。議会の後、上院が適合するように投票することが絶対に必要でした。友人たちは皆、私に「ノーチャンスだ。代替案が出たり、修正が相次いだりして、気がつけば何ヶ月も行ったり来たりしていることでしょう。」と言った。霧のために声を枯らしてスピーチをした後、上院を後にした。私は、廃絶のヨーロッパ的側面に焦点を当ててスピーチをしました。フランスは、西ヨーロッパで唯一、死刑制度を維持している国ではなくなりました。上院は9月30日午後12時25分に廃止を決議しました。セッションの最終日に

---発言したのは弁護士でもなく、牧師でもなく、廃止論者であった。この文章は簡単に書けましたか?

私はよく知っていました…1977年から1980年まで6人の死刑囚を弁護しましたが、彼らは皆、頭を救ってくれました。6人です。それは、美辞麗句の効果ではなく、絶対的な確信が私を支配していた。

---さらに美しいのは、あなたが『アボリション』の中で、トロワで、あなたが命を救ったパトリック=ヘンリーのために嘆願したとき、あなたの嘆願にもかかわらず処刑されたボンテムの亡霊が蘇ってきたと語っていることです。

すべては遠くへ…。

---全く考えていないのですか?

私が興味を持っているのは、全廃です。私はそのために戦う。でも、協力者や閣僚と再会すると、その話をすることもあります。”ああ、覚えているか…ひどい目にあった…” 憎しみの中で生きるのは誰もが好きではないでしょう。エリザベートと私は憎しみの中で生きていました(長い沈黙)。終わって良かったですね。しかし、私たちはミッテランの政治的勇気に十分な敬意を払っていないと思います。1981年3月16日の夜、「Cartes sur table」という番組での彼のインタビューの際、私は、廃止の問題が彼に投げかけられることを警告された。”執着している私を放っておいて “と答えました。私は1枚のページに、ローマ法王、道徳家、作家、ユゴー、カミュなどの名言を大きな文字で書き込んで、彼のファイルに入れておいた。最後の最後、車の中で開けるだろうと思っていた。テレビスタジオには行きませんでした。他の視聴者と同じように見たいと思いました。だから私はエリザベートと一緒に家にいた…。

---その日の夜、フランソワ=ミッテランは「最も深い良心に基づいて死刑に反対する」と発表しました。どのように感じましたか?

アルビ裁判所で死刑を宣告されたノルベルト=ガルソーの事件の後、私は判決を受けてその首を救ったが、それはひどいものだった。同僚からは「次はないぞ」と忠告されていたほどだ。私はこう答えた。”ミッテランが当選して廃止するか、ジスカールが当選して公聴会で心の底から叩いてやるか” 。当時のアサイスでは控訴がなかったので、首が呼ばれている間に背中に息遣いを感じた人にはセカンドチャンスがなかったことになる。若い弁護士たちは、自分たちがいかに幸運であるかを知らない。最後に、すべてが終わった、終わった。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply