エボラ上陸阻止のためにアフリカ移民の受け入れ中止を-仏極右マリーヌ=ルペン「国民戦線」党首

仏極右政党「国民戦線」党首のマリーヌ=ルペン欧州議会議員は2014年10月12日、「Europe1」の番組に出演し、「エボラ出血熱が大流行している国との空の便を絶つべきだ」との見解を示した。

ルペン党首は「現在のエボラ対策は不十分だ」と指摘した上で、

「エボラ出血熱がもっとも流行しているギニア・リベリア・シエラレオネからの空の便があるのは明らかにリスクだ」「ただちに空路を絶つべきだ」

と述べ、これらの国からの食品の輸入も止めるべきとの見解を示した。また、「米国のある調査」に依ればと断った上で、

「もし、空路を絶たなければ、20日以内に75%の確率で我が領土にエボラ出血熱が上陸することになる」

と警告した。また、同月22日にストラスブールで行った会見では、ルペン党首は「密入国者・密航者やアフリカ大陸から南仏へ来る移民を止めることが、エボラ出血熱からフランス国民を守ることにつながる」と、移民規制強化の必要性を説いた。

*映像・音声は10月19日にルペン党首が「SUD RADIO」の番組に出演し、エボラ出血熱について語ったときのものである。

France10は皆様の御寄付によって支えられています。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*