「言葉は形容詞によって腐る」-集団的自衛権に反対し「戦争をさせない1000人委員会」が抗議行動@国会前

フランスの革命記念日に当たる2014年7月14日、国会前にて、「戦争をさせない1000人委員会」が主催して、「集団的自衛権の行使を容認する閣議決定」に反対する屋外集会が催された。

国会議員としては福島瑞穂「社民党」副党首や日本共産党の田村智子・参院議員、民主党からは神本美恵子・参院議員、那谷屋正義・参院議員が駆けつけ演説した。

 

集団的自衛権の行使容認は無限定な内容

会冒頭でマイクを握った1000人委員会の事務局長を務める内田雅敏・弁護士は

「安倍政権は限定容認というが、多くの人が指摘するように全く以て無限定な内容だ。長々とした新三要件を政府はあげているが、『言葉は形容詞によって腐る』といった開高健の言葉が思い出される。」「2000年に出されたアーミテージ・レポート以来、集団的自衛権を容認する憲法解釈をするように米国は迫ってきた。今日の事態は防衛官僚・防衛産業・外務官僚が十数年来、狙ってきたことでもある。私たちはこれを見据えて、腰を据えて、憲法を守る闘いをしなければならない」

と述べ、今後も安倍政権と対峙していく決意を語った。

YouTube Preview Image


1 Comment on 「言葉は形容詞によって腐る」-集団的自衛権に反対し「戦争をさせない1000人委員会」が抗議行動@国会前

  1. 安倍首相は中国、韓国、と対立することにより国民に危機感をあおり集団的自衛権行使容認の閣議決定を強行した。これは国民に対し不実であり断じて許すことは出来ない。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*