広島に続きまたコピペ?安倍晋三・首相「長崎平和祈念式典」スピーチを一挙掲載 by 冨田すみれ子・記者

2014年8月6日の広島平和祈念式典で安倍晋三・首相が行ったスピーチが、前年のものと類似しているという指摘がなされ、”コピペ”疑惑が出た。8月9日に催された長崎平和記念式典におけるスピーチも前年のそれと極似していて、批判の声が出されている。

現地で取材に当たった大学生の冨田すみれ子・記者が現地からリポートする。

2014年度長崎平和祈念式典 安倍首相スピーチ全文

本日、被爆69周年、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に臨み、原子爆弾の犠牲となった方々の御霊に対し、謹んで、哀悼の誠を捧げます。今なお被爆の後遺症に苦しんでおられる皆様に、心から、お見舞いを申し上げます。

69年前の本日、一発の爆弾が、7万を上回る、貴い命を奪いました。12万人が暮らしていた家屋を全焼、全壊し、生き永らえた方々に、病と障害の、さらには生活上の、言葉に尽くせぬ苦難を強いました。

一度ならず、二度までも被爆の辛酸をなめた私たちは、にもかかわらず、苦しみ、悲しみに耐え立ち上がり、祖国を再建し、長崎を、美しい街としてよみがえらせました。きょうは、犠牲になった方々の御霊を慰めるとともに、先人たちの奮闘と、達成に、感謝を捧げる日でもあります。

人類史上唯一の戦争被爆国として、核兵器の惨禍を体験した我が国には、確実に、「核兵器のない世界」を実現していく責務があります。その非道を、後の世に、また世界に、伝え続ける務めがあります。私は、昨年、国連総会の「核軍縮ハイレベル会合」において、「核兵器のない世界」に向けての決意を表明しました。
我が国が提出した核軍縮決議は、初めて100を超える共同提案国を得て圧倒的な賛成多数で採決されました。
包括的核実験禁止条約の早期発効に向け、関係国の首脳に直接、条約の批准を働きかけるなど、現実的、実践的な核軍縮を進めています。

本年4月には、「軍縮・不拡散イニシアチブ」の外相会合を、広島で開催し、被爆地から我々の思いを、力強く発信しました。来年は、被爆から70年目という節目の年であり、5年に一度の核兵器不拡散条約(NPT)運用検討会議が開催されます。「核兵器のない世界」を実現するための取り組みを、さらに前に進めています。

今なお被爆による苦痛に耐え、原爆症の認定を待つ方々がおられます。昨年末には、3年に及ぶ関係者の方々のご議論を踏まえ、認定基準の見直しを行いました。多くの方々に一日でも早く認定が下りるよう、今後とも誠心誠意努力してまいります。

長崎の御霊を悼む朝、私は、これらの責務に、旧に倍する努力を傾けていくことをお誓い申し上げます。

結びに、いま一度、犠牲になった方々のご冥福を、心よりお祈りいたします。ご遺族と、ご存命の被爆者の皆様には、幸多からんことを祈念します。核兵器の惨禍が再現されることのないよう、非核三原則を堅持しつつ、核兵器廃絶に、また、世界恒久平和の実現に、力を惜しまぬことをお誓いし、私のごあいさつといたします。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*