“フランスの百田尚樹”の提案は、1990年代の共和国連合のものか?

極論を言えば、自分はかつての右翼政党のメンバーだと主張する。ジャック=シラク元大統領が設立したもので、「主権の尊重」を掲げていた。

それは、極右作家エリック=ゼムール氏が主張し続けている所属です。テレビに出演するようになってから、この候補者は、共和国連合(ジャック・シラクが1976年に設立したRassemblement pour la République党)をモデルとして持ち出す機会を逃しませんでした。フランソワ=ミッテラン元大統領の2期14年の任期中は野党として活動し、2002年には民衆運動連合(UMP)に吸収された。「国民主権と国家の独立、自由、責任、人間の尊厳に対する妥協のない敬意に基づく政策への支持」を訴えていた。

このようにして、私たちは政府との良好な関係を築くことができた。「若い人にとっては何の意味もありませんが、年配の方にとっては何か意味があるのです」と続けた。その数日前、エリック=ゼムールは共和国連合(RPR)を「否定され、裏切られた」政党であると考えていた。特に共和党(LR)、つまり「ドゴール将軍を裏切った」「中道の名士」たちに裏切られたのである。「RPRや旧右翼の価値観をどのように共有しているのか」と問いかけた。

まだプログラムを発表していない場合でも、この政治家は定期的に自分の「診断」とフランスへの提案を発表しています。では、RPRと同じものを守るのか?

かつての党のロードマップは、1990年にさかのぼらなければわからない。3月31日、ヴィルパント(セーヌ=サン=ドニ)にて、RPRとフランス民主主義連合(UDF)の選出メンバーが集まり、「この問題はフランスにとって極めて重要である」として、移民問題について話し合った。ジャック=シラク元大統領からアラン=ジュペ元首相、そしてニコラ=サルコジ元大統領やロゼリン=バシュロ文化大臣まで、彼らは皆、政治的背景が右派にとって好ましくないことを知っていた。その2年前、フランソワ=ミッテランは再選を果たした。1984年の欧州選挙では10.95%の得票率、その後の大統領選挙では14.38%と、数年の間に国民戦線も明確な進歩を記録したのである。そのため、移民問題をジャンマリー=ルペン氏に独占させないことが急務であると考えられた。

右派は断固とした態度で、「国境を閉鎖する」「不法移民と亡命権の悪用に対抗する」「独立した移民監視機関を設立する」「家族再統合の問題を検討する」などの提案を発表した。また、「社会的給付を居住期間、国籍、相互扶助の条件に結びつける」ことや、「外国人の統合」のための「毅然とした確固たる政策」を実行することも提案さけている。

移民を「コントロール」するために、RPRは自治体が割り当てを設定できるようにすべきだと提唱し、「外国人の両親からフランスで生まれた若者が自動的に国籍を取得する現状」は「よくない」と考えていた。何度か、「フランスのムスリム」や「イスラム教」の問題も出てきた。そして、「フランス国民の大多数」が愛着を持っている「ユダヤ・キリスト教の伝統」を思い起こすことが必要であり、同時に「原理主義との戦い」や「イスラム教の統合」も必要である。「イスラム教の統合には、”和らげられた “イスラム教の出現が必要であり、それは “イスラム教が適応するかどうかにかかっている “」からである。

談話の強い共通点

第五共和制の歴史家で、L’énigme Pompidou / de Gaulle (Ed. Perrin)の著者であるArnaud Teyssierは、「この時期は、右派、特にRPRが特定のテーマについて非常に強い提案をしていた時期である」と述べている。死刑制度の復活や移民の規制強化を主張するシャルル・パスクア氏(1986年から1988年、1993年から1995年まで内務大臣)は、この党の強固な路線を象徴している。30年後、共和党よりも堅実でありたいと考えているエリック=ゼムールが擁護するテーゼには、多くの共通点があります。この極論者は、さまざまなスピーチの中で、市民権の廃止、家族再統合の廃止、連帯手当の国民優先、移民の廃止などを賞賛している。

さまざまな社会階級に手を差し伸べることを目指したRPRのように、エッセイストも「労働者階級と愛国的なブルジョアジーを結びつける、大衆的でボナパルティズム的な右派の集まり」を望んでいる。世論調査員で政治学者のジェローム=サントマリー氏が指摘するように、「RPRの労働者階級への影響力は常に限定的」であるため、これは危険な賭けである。「党が目指していた、人々を一つにするという使命を果たすことができなかった」と付け加える。

“イスラムに包囲された城塞”

しかし、いくつかの点で、エリック=ゼムールはさらに進んでいる。RPRが「フランスで行われている第二の宗教の規則と共和国の法律との間の互換性の問題」を指摘したのに対し、この極論者はフランスを「イスラムに包囲された城塞」と呼んでいる。また、イスラム教は「フランスとは相容れない」と考え、「脱皮の現象」と「文明的」になった問題を指摘しています。また、この元ジャーナリストは、1993年に廃止された1803年の法律に戻すことも提案している。この法律は、新生児のファーストネームをフランス人とみなされるものに限定するというものだった。

様々な専門家によると、政治的遺産としてのRPRの利用はあまり意味がないという。”あまり使いやすいシンボルではありません。Jérôme Sainte-Marie氏は、「これは何よりも美辞麗句である。「Éric Zemmourは、RPRがすでにいくつかの家を持っていて、どちらかというとリベラルな人からかなり右派的な人までいた時代のことを言っているので、右派の一部を語ることができます」とArnaud Teyssier氏は付け加える。「それは、彼が若いジャーナリストだった頃によく知っていた時代である。しかし、それは人々が必ずしも興味を持たない遠い時代のことでもあります。つまり、彼は、強力なテーマが残っているガウリズムとは異なり、人々の心の中に最も存在していない遺産を主張しているのです」と付け加える。

https://www.lefigaro.fr/elections/presidentielles/presidentielle-2022-les-propositions-d-eric-zemmour-sont-elles-celles-du-rpr-dans-les-annees-1990-20211008

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply