菅直人vs維新論争:「カンガルーのブリーフ」を履いたマクロン大統領:Varのポスターアーティストによる新たな犯行

2022年2月7日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.lefigaro.fr/actualite-france/macron-en-slip-kangourou-nouvelle-recidive-de-l-afficheur-du-var-20210926 ミシェル・アンジュ・フローリ氏は、大統領を独裁者として表現する看板を設置したことで既に非難されていますが、潜水艦問題の後、オーストラリアに屈辱を受けたフランスを指摘し、再び反論しています。 ヒトラーの口ひげ、ペタンのケピ、ルイ16世のカツラに続いて、今度は「カンガルーのブリーフ」です。昨年7月にSeyne-sur-MerとToulonで総統を装ったマクロンの画像を貼ったVar出身のワイルドなポスターアーティストが、今週末もレジを変えてやってくれました。これは、オーストラリアがNaval Groupとの世紀の契約を解除してフランスに背を向けた潜水艦危機を直接暗示している。自慢の作品の写真を土曜日にツイートした作者は、「オーストラリア人でさえも望んでいない」と嘲笑的にコメントしている。 実際には、バロワはこれで何度目かになります。去年の夏、最初のプラカードは、大統領の予防接種政策を批判しようとしていた。この政策は、反衛生的な通行人から権威主義的だと判断され、彼らは躊躇なく「独裁」と口にした。鉤十字の代わりに「LREM」と刻印された腕章をつけ、口ひげをつけたエマニュエル・マクロン氏が「従え、そして予防接種を受けよ」というキャプションをつけて登場しました。 その数日後、著者自身が自身のTwitterアカウントで中継した別のポスターが登場しました。今回、大統領はペタン元帥と並んで写っており、「渡るべき峠は一つしかない」というスローガンが書かれたQRコードが添えられていました。また、著者はツイートの中で、「郊外をパトロールするマクロニストの民兵(…)」を非難していますが、これは保健所のパスを確認するための警察のチェックを連想させるものです。 この味気ない嘲笑に反応して、エマニュエル・マクロン氏はVarois氏を告訴しました。しかし、その過程で君主として国家元首を代表したミシェル=アンジュ・フローリを威嚇するには、それ以上のことが必要だった。 {取るに足らないMACON Iは、支配の終わりが近づいているのを見て(…)、神を冒涜したとして臣下の一人を訴えることになってしまった」とツイートして嘲笑しています。 この新たな犯罪の数日前、9月17日にトゥーロンの刑事裁判所の検察官は、Michel-Ange Floriに対して「公共の場での侮辱」を理由に1万ユーロの罰金を請求していた。法廷に出てきた罪人は「ユーモアの権利」を守った。

マクロン大統領、ポスターでヒトラーを演じる:「公的侮辱」で調査開始

2022年2月7日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.lefigaro.fr/actualite-france/macron-en-hitler-sur-des-affiches-enquete-ouverte-pour-injure-publique-20210720   このポスターには、ナチスの指導者の制服を着た共和国大統領が描かれており、小さな口ひげを生やし、額には鍵がかけられ、「La République en Marche」の頭文字が鉤十字になっています。 トゥーロン検察当局は7月20日(火)、エマニュエル・マクロン大統領をアドルフ・ヒトラーに見立て、コロナワクチン禁止令を非難する2枚の大型看板に描いたヴァール地方のポスターアーティストに対し、「公共の侮辱」の罪で捜査を開始しました。 トゥーロンの検察官ベルナール・マルシャルはAFPに対し、「予備調査の一環としてトゥーロン警察に事件を照会した」と述べ、容疑が変わる可能性があると付け加えた。欧州人権裁判所がフランスを非難した判決を受けて、2013年に「共和国大統領を侮辱する」というかつての犯罪は廃止されましたが、表現の自由への攻撃と受け取られることもある起訴がまれであっても、国家元首は一般市民と同様に侮辱や公的な名誉毀損から保護されています。 エマニュエル・マクロン大統領は、ナチスのヒトラーの制服を着て、小さな口ひげを生やし、額には鍵をかけ、大統領選の頭文字であるLREMが鉤十字になっています。このメッセージは、ここ数日、ラ・セーヌ・シュル・メールとトゥーロンの入り口にある4メートル×3メートルの大きな看板2枚に掲載され、ショックを受けた人が「恥」という言葉をタグ付けしていました。 極論的なキャンペーンに使われる 作者のMichel-Ange Flori氏は、バンドールとイエールの間に400枚の看板を所有するヴァール地方のポスターオーナーで、自分のために確保した2枚の看板で、時事問題を自分なりにコメントするという極論的なキャンペーンに慣れています。彼は「イエロー・ウエストコート」に関わっていた。ヒトラーを見ても、スターリンを見ても、あるいは『偉大なる独裁者』のチャーリー・チャップリンを見てもいい」とAFPに語っている。このポスターは、「保健所の審議会で議論なしに決定されるこの民主主義」を問うことを目的としていると説明した。 1999年、コルシカ島の麦わら帽子事件の際の初のポスター「Corsica: presumed guilty」を発表。prefect:presumed innocent。Chevènement: l’innocence sélective」で、彼は36時間警察に拘束されました。2019年、BFMTVチャンネルは「BFMTVでは毎日警察が話している」と題したポスターに彼の有罪判決を得た。審問でポスター製作者は「パロディの権利と表現の自由」を訴えました。

2022年大統領選挙:「フランスの百田尚樹」Éric Zemmour、第二の風を求めて

2022年1月7日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.lefigaro.fr/elections/presidentielles/eric-zemmour-a-la-recherche-d-un-second-souffle-20220105 勢いを取り戻すために、候補者のチームはさまざまなシナリオを考えている。 フランス国旗の色でライトアップされたパリのギャラリーのステージに立った「フランスの百田尚樹」エリック・ゼムールは、自分を納得させるかのように、信者たちに向かって「困難で厳しい戦いになるだろうが、勝利は手の届くところにある!」と語りかける。第1ラウンドから3ヶ月が経過した。これは、彼の著書『La France n’a pas dit son dernier mot』の出版からの経過時間よりも短い。 秋の騒動に突入する前に。いつも大統領選のマラソンの終わりを告げるこのスプリントのスタート前に、火曜日の夜に部隊のミーティングを行ったのはとても良いアイデアだった。それは、まず、自分の願いを込めて、彼らに声をかけることだった。これまでのエネルギーとこれからのエネルギーに感謝するために。しかし、この重要な時期にバランスシートを作成することも。 岐路に立つ 夏以降、目の覚めるようなダイナミックさで、投票意向の上位4分の1を占め、公開討論会でも自分のテーマを押し出すことができた。これは、エリック・ゼムールが支持者の前で思い出さずにはいられなかった現実である。「6月には、1000年前から政治に携わってきた人たちが、私に行くことを思いとどまらせた。これらの偉大な専門家たちは、我々が世論調査で3%を超えることはないと信じていた。しかし、9月以降、私たちはこの選挙の歴史を書いてきました。自分たちのテーマを押し付けてきたのは私たちであり、よく真似されてきた」。 一方、火曜日の夜、Éric Zemmourがあまり話さなかった別の側面がある。印象的だったように、彼の電撃戦は鈍化している。そして今のところ、国民連合RNの民族主義者のライバルであるMarine Le Penや、共和党議会の勝利機であるValérie Pécresseを打ち負かすことはできていない。しかし、この2人の候補から有権者を振り向かせることに絶望はしていない。 世論調査では、エッセイストは「岐路」に立たされており、国家元首に対抗する第三の男としての地位を確認している。彼がもはや進歩していないとしても、Éric Zemmourは負けていない。健康状態によって凍りついたかのような政治状況の中で。LCIとLe FigaroのためのIfop-Fiducialの調査によると、彼の投票意向は13.5%で安定している。Valérie PécresseとMarine Le Penは次いで、それぞれ16%となっている。エマニュエル・マクロンは約27%の得票率で大きくリードしています。 現地での変位の様子 […]

Covid-19:24時間で33万2252件の新規感染が発生、新記録を達成

2022年1月7日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.lefigaro.fr/sciences/covid-19-olivier-veran-annonce-335-000-cas-en-24-heures-20220105 フランスでは30万人以上の患者が発生し、いくつかの海外領土では非常事態宣言が発令され、カタルーニャでは外出禁止令が延長された。ル・フィガロ紙は、1月5日(水)、コヴィド-19のパンデミックに関する最新情報を報じる。 フランスでは24時間で300,000件以上の感染が発生 フランスでは感染者数が爆発的に増加し続けており、過去24時間で332,252人の感染者が検出されている。陽性反応の割合は15.8%だ。オリビエ・ヴェラン氏は、その日の夜、国民議会でのワクチンパス制定法案の審議の中で、「サンテ・ピュブリック・フランスが今晩発表する数字だが、記憶によると、今日の国内の感染者数は33万5千人だった」と述べた。火曜日には、24時間で271,686件のCovid-19が記録され、すでに記録を更新している。 病院では、水曜日に新たに2,483人のコビット患者が入院し、そのうち396人が重症患者となった。入院患者数は退院患者数を依然として上回っており、20,688人の感染者が治療を受けており(502人増)、そのうち3,695人が重症患者(30人増)となっています。同時に、医療機関では246名の死者が出ており、ウイルスによる人的被害は124,809名に達している。 オリビエ・ヴェラン氏、水曜日に66,000人の新規一次ワクチン接種者を発表、10月1日以来の記録となる オリビエ・ヴェラン保健相は、水曜日に合計66,000人がワクチンの初回接種を受け、10月1日以来の記録を達成したと述べ、ワクチンパスに関する議論やエマニュエル・マクロン氏の物議を醸す発言との関連を示唆した。「ワクチンを接種していなかった66,000人の国民が、今日、偶然ではなく、最初のワクチン注射を受けることにした(…)」。 入院患者の5%が偽の健康診断書を持っている オリビエ・ヴェラン保健相は、1月5日(水)から6日(木)の夜、国民議会の前で、「入院患者の5%」が偽の健康診断書を持ち、ワクチンを接種していないと指摘した。ワクチンパス法案の見直しの一環として、不正行為があった場合の制裁強化を拒否したLFIの下院議員に対し、「偽のパスが人を殺す、これが現実だ」と述べた。 イタリア、50歳以上の人にワクチン接種の義務化を導入 コビットの感染者数が急増していることに直面したイタリア政府は、水曜日に50歳以上のすべての人にワクチン接種を義務付けることを決定した。マリオ・ドラギ首相は、この措置を採択した閣僚会議での声明の中で、「我々は伝染病の流行を遅らせ、まだ予防接種を受けていないイタリア人に予防接種を受けてもらいたい」と述べた。 ブラジル、子供へのワクチン接種にゴーサイン ブラジルでは、1月5日(水)、5歳から11歳までの子どもたちへのコヴィド-19の予防接種に許可が下りた。保健当局による承認後、患者数が急増し、議論を呼んでいる。5~11歳の子どもたち、つまり約2,050万人を対象としたこの予防接種キャンペーンは、ファイザー社/バイオンテック社の小児用ワクチンの初回投与が完了した後、1月中旬に開始する必要がある。ブラジルは、米国、ドイツ、フランスなど、幼い子供へのワクチン接種を拡大する国のリストに加わった。 ワクチン・パス:Castex社、議会に「タイムリーに議論を」と要請 火曜日の夜、エマニュエル・マクロンの極論的な発言で火傷した自転車の中に自らを招き入れた首相は、「我が国、欧州、世界の状況を考慮して、短い時間内に議論することがあなたの責任です」と語った。その直後、法案の審議は中断された。「予防接種を拒否する同胞たちには困難が伴う。これは誰かを侮辱しているのではなく、現実なのです」とJean Castex氏は主張した。「ワクチンを打たない人を、どうしても怒らせてしまいたい。」火曜日の夜に掲載されたLe Parisien紙のインタビューで、国家元首は「私たちは、最後までそれを続けるつもりです」と語っている。 いくつかの海外領土で緊急事態が発生 フランス政府は、グアドループ、フランス領ギアナ、マイヨット、サンマルタン、サンバルテルミーの各海外領土において、「オミクロン株の影響により、コヴィド-19の流通量が大幅に増加している」として、衛生上の緊急事態を宣言しました(水曜日に閣僚会議に提出された法令による)。この文章では、「これらの地域の病院のキャパシティと住民のワクチン接種率を考慮すると、現在のコヴィド-19の流行は、(中略)住民の健康を危険にさらす健康上の大惨事である」と述べている。 また、海辺でのピクニックや公道での6人以上の集まりを禁止するなど、新たな規制が設けられている。さらに、フランスと同じゲージ、同じルールが適用されているという。 英国人の20人に1人が先週、英国で感染した 英国では先週、コロナウイルスの感染者数が新記録を更新し、ロンドンでは20人に1人が感染し、ピーク時には10人に1人が感染していた。英国国家統計局(ONS)によると、代表的なサンプルに基づき、英国の人口6,700万人に対し、2021年の最後の週に370万人がCovid-19を使用していた。イングランドでは15人に1人、スコットランドとウェールズでは20人に1人、北アイルランドでは25人に1人が感染していた。 オランダで1日の感染者数が過去最高に 国立公衆衛生研究所が発表したところによると、オランダは水曜日に、1日のコロナウイルス感染者数の新記録を樹立し、24,590人が陽性反応を示した。これは、11月24日に記録した23,713件を上回る新記録である。National Institute […]

Covid-19:フランスではOmicronタイプが主流に

2022年1月3日 Henri Kenji OIKAWA 0

  https://www.lefigaro.fr/sciences/covid-19-de-nombreux-pays-durcissent-leurs-restrictions-face-a-delta-et-omicron-20211230 フランスのSanté publique(サンテ・ピュブリク)社は、その週刊疫学報において、「スクリーニング検査の62.4%がオミクロン変異体に適合する変異プロファイルを報告した」と報告している。 屋外ではマスクが復活、テレワークに応じない企業には最大5万ユーロの罰金、マヨット島では金曜日から新たな規制が…。今週木曜日(12月30日)、ル・フィガロ紙は、コヴィド-19パンデミックに関連する最新情報を報じている。 フランスではオミクロン・バリアントが主流に フランス保健省が木曜日の夜に発表した週刊疫学ニュースによると、現在、フランスではオミクロン型が多数を占めています。「第51週(12月20日から12月26日、編集部注)には、SARS-CoV-2の流行が急激に加速した(+50%)(中略)フランスではオミクロン株が多数派となり、第52週の初めにはスクリーニング検査の62.4%がオミクロン株に適合する変異プロファイルを報告した(第51週は39.4%)」としている。 24時間以内に20万6243件の新規案件が発生 フランスでは流行が続いており、過去24時間で180人がコヴィドにより死亡しています。18,321人の患者が現在入院しており、そのうち1,922人が木曜日に到着したとSanté publique Franceは発表している。3,506人の患者が重症患者として治療を受けているが、そのうち299人は前日から治療を受けている。 水曜日から木曜日にかけて、新たに206,243人がコヴィド-19の陽性反応を示した。1日あたり20万件の基準値を初めて超え、火曜日の約18万件に続き、水曜日に新記録を達成した。罹患率は人口10万人あたり1049.5人で、パンデミック開始以来最高となっている。 ワクチン接種については、フランス人の76.7%(51,740,923人)が完全に接種しており、78.4%が少なくとも1回の注射を受けている(52,891,873人)。 多くの都市でマスクの着用が義務付けられた Covid-19で爆発的な汚染を引き起こしているOmicron variantを抑制しようと、多くの部署や都市が金曜日から路上での強制マスクの復活を発表している。 パリの警察署は水曜日の夜、48時間以内にマスクが首都に戻ってきたことを発表した。イル・ド・フランスの他の県も同様の施策を発表したが、その内容は県によって異なる。このマスクは、Hauts-de-Seine、Val-de-Marne、Seine-Saint-Denisのすべての県、Val-d’Oiseのすべてのコミューン(コミューンの入口と出口の間に含まれる境界線)、Seine-et-Marneのすべてのコミューン、Essonneの集積地、Yvelinesの集積地の中心部で再び実施される。 リヨンとヴィレバンヌでは、木曜日の午前0時から3週間の間、「午前2時から午前6時の間を除いて」マスクが復活すると、ローヌ県が声明を発表した。ビーチや一部の自然地域を除き、ロワール=アトランティック地方の公共スペースでもマスクの着用が義務づけられる。Tours(Indre-et-Loire)では、この義務は1月1日から1ヶ月間、市内中心部でのみ有効となる。いくつかの政令は、南西部に関するものです。シャラント・マリタイムでは、1月19日(木)まで、屋外でのマスク着用義務が72のコミューンに拡大され、ラ・ロシェルのほか、アルス=アン=レやドル=ドレロンなどの島のコミューンも対象となる。 ドルドーニュ地方では、「ペリグー、ベルジュラック、サルラでは、関係する市長との合意のもと、12月31日から町の中心部で再びマスクの着用が義務づけられ、期間は1ヶ月間で、健康状態の変化に応じて更新される可能性がある」とのことです。フランス本土で最もウイルスの発生率が高い地域のひとつであるプロバンス=アルプ=コート・ダジュールでは、すでに12月11日からヴァールでマスクが実施されており、1月7日まではすべての道路や公共の場所で実施されます。違反者には135ユーロの罰金が科せられます。 オミクロンで、公立病院は1月に「揺れる」とマーティン・ハーシュ氏は警告する。 「米国では、過去10年間でがん治療を受けた人の数が3分の1以上増加していることが、カリフォルニア大学バークレー校の新しい研究で明らかになった。 この研究では、米国では過去10年間で3分の1以上増加していることが明らかになった。まず確実なのは、事態が手に負えなくなることだ 」と警鐘を鳴らす一方で、デルタ波は「多数の入院者を出す」ことが続いており、WHOによればより感染力の強いオミクロン波が勢いを増しているという。 しかし、「すでに多くの介護者に影響が出ています。(中略)欠勤率が急増しており、病欠が増え、チームとしての完成度が低くなっています」とマーティン・ハーシュは警告している。フランスよりも数日先行して流行しているイギリスとの比較では、「オミクロンでは、25%の介助者がやめていた。これは、約11%の欠席率を記録した第1波とは関係ありません」と彼は指摘する。これは、「オミクロンが、我々の施設から1,000人から1,500人の看護師を排除すると脅しているようなもので、我々はすでにそれだけの人数が不足していることを知っている」とまとめ、「15の重要な日」について語っています。これにより、「医学と同じように手術でも、重要な適応症や移植を除いて」さらにデプログラミングを行うことになります。 テレワーク:義務を果たさない企業に最大5万ユーロの制裁金 […]

Covid-19: なぜエマニュエル・マクロンはワクチン接種の義務化に消極的なのか?

2022年1月3日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.lefigaro.fr/politique/covid-19-pourquoi-emmanuel-macron-rechigne-t-il-a-decreter-l-obligation-vaccinale-20211230 国家元首は、次から次へと制限をかけて、最後のワクチン拒否者を壁に押し付けてきたが、全員に義務化するというステップは踏まなかった。なぜその考えがタブーなのか? 「”ワクチン接種パス “を “強制接種 “と呼ぶように、物事を名前で呼ぼう(……)。」12月23日、BFMTVでAnne Hidalgoが「フランス人に物事を言わない危機管理をしている」とつぶやいた。2022年の社会党候補は、みんなが考えていることを声高に言っていたのだろうか。ワクチン接種キャンペーンが始まって1年、行政は差し止めや制限、保健所の許可の延長などで、最後の抵抗者に注射をさせようとしている。しかし、強制的なワクチン接種は問題ない。 長い間、エマニュエル・マクロンは、それに対して断固として弁護してきた。通れないレッドラインのように。”はっきりさせておきたいのは、ワクチン接種を義務化しないということです。”と、2020年11月のテレビ演説で国家元首が主張していた。1年後の12月15日、TF1のセットでは、トーンが変わっていた。大統領は、この可能性を排除していないことを初めて認めた。”可能性は十分にある、この仮説は存在する。もうすぐだよ」とようやく言ってくれた。とはいえ、思い切ったことはせずに。 その3日後に最初の説明をしたのは、オリビエ・ヴェラン保健相だった。大臣はブルートメディアの取材に対し、予防接種パスをヘルスパスに変更することは、まさに「予防接種義務の偽装」であることを認めた。それなのに、なぜわざわざ行かないのか。大臣は、「予防接種を受けていない人をバーやレストランなどの公共の場に行かせないようにすることは、路上で捕まった人に100ユーロの罰金を科すよりも効果的です」と正当化した。議論は明確だ。強制的なワクチン接種は、日常生活での制限という戦略よりも複雑で効果的ではない。パリ・ソルボンヌ大学のアルノー・ベネデッティ准教授は、「実現可能性の問題が重要です」と指摘する。「論理的にはこの解決策の方がシンプルだとしても、構造的、政治的な制約から、実施するのは非常に複雑です。」 最後のカートリッジ しかし、その理由は実用性だけだろうか?タブーはフランスだけではない。ロシアから中国まで、権利や自由に最もうるさい人を含め、多くの国家元首がこのことに触れたがらない。中央アジアの権威主義政権であるタジキスタンとトルクメニスタン、そして2月に実施されるオーストリアの3カ国のみが踏み切った。アルノー・ベネデッティ氏は、「これらの国は、自国の制度が民主的であるとは言えない国ばかりです。」と語る。エマニュエル・マクロンのコミュニケーション戦略を分析した『Coup de com’ permanent』(éditions du Cerf、2018年)の著者である政治学者は、「フランス大統領のこのような決断は、私たちの価値観とはかけ離れた政権とあまりにも多くの関連付けをすることになる」と語る。 しかし、フランスでは何度か強制接種の問題が提起されている。2021年7月、デルタ型の大規模な感染拡大に直面したジャン・カステックス首相自らが、国会議員や選出された代表者に「ワクチン接種の義務化を議論しよう」と呼びかけた。MoDemの代表であるFrançois Bayrou氏をはじめ、いくつかの声がこのアイデアを支持した。8月末、社会党の選出議員は、2018年から新生児にすでに課せられている11種類のワクチンと同じように、抗コヴィドワクチンを制定することを提案する法案を提出した。上院ではすぐにテキストが埋まってしまった。共和国前進LREMの議員であるMartin Lévrier氏は、「これは完全に逆効果であり、最も抵抗的な人々をさらに図に乗せることになる」と反論した。 “手を差し伸べる””意識を高める””強制ではなく説得する”。これらの言葉は、2021年1月以降、行政が保持し、議会が従う立場を要約したものだ。この戦略では、強制的なワクチン接種は幹部にとっての「最後のカートリッジ」であると、Centre de recherches politiques de Sciences […]

No Image

パリ同時多発テロ:エマニュエル・マクロン、テロの犠牲者に敬意を表する

2021年11月29日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.lemonde.fr/societe/article/2021/03/11/emmanuel-macron-rend-hommage-aux-victimes-du-terrorisme_6072777_3224.html 国家元首エマニュエル・マクロン大統領はダンマルタン・アン・ゴエルに行き、クアキ兄弟に人質に取られた印刷工の家を訪ねた。 エマニュエル・マクロン大統領は、3月11日(木)にアンヴァリッドで開催された「テロの犠牲者に敬意を表する日」の式典を主宰した。ニコラ・サルコジ、フランソワ・オランド両氏に囲まれた国家元首は、同時多発テロの犠牲者を追悼するために、首を切られた女性を表現した「La Parole porte」像の前で花輪を捧げた。 式典で唯一発言したのは、同時多発テロの生存者を治療した外科医のクロエ・ベルトルス氏で、2015年の「シャルリー・エブド」襲撃事件で重傷を負ったジャーナリストのフィリップ・ランソン氏の証言「Le Lambeau」の抜粋を読み上げた。 「その場に居合わせた幸福感と、通り過ぎてしまった罪悪感の間で揺れ動くサバイバーになることは容易ではありません。(中略)そしてその後、人はどのようにして生き残った者から生きている者になるのだろうか」と読んだ。最後に、フィリップ・ランソンが「不確かな未来」を表現した言葉を紹介した。「私は誰かだったし、これからも誰かになるだろうし、当面はもう私ではない。」 「シャルリー・エブド」のディレクターである漫画家のリス氏の立会いのもと、式典に参加した13の被害者団体の会長たちと交流した後、エマニュエル・マクロン氏は、2015年11月13日のバタクランなどの攻撃の日に撮影されたアーティストたちの写真が飾られている国民議会の門の前で少し立ち止まった。 その後、ダンマルタン・アン・ゴエール(セーヌ・エ・マルヌ県)にあるカタラーノ印刷所に行き、2015年に起きた「シャルリー・エブド」襲撃事件の後、逃亡中のコウチ兄弟に人質に取られていたミシェル・カタラーノに会った。 この小さな印刷会社の社長は、会社の20周年記念式典に招待するために国家元首に手紙を出したと、エリゼ宮が発表し、企業家の「楽観的な」スピーチを歓迎した。 2015年1月9日、午前8時30分頃、2日前に「シャルリー・エブド」で死者を出した後、法と秩序の力で追いつめられていたサイードとシェリフ・クーアチは、パリの北30キロにある印刷所のドアベルを鳴らした。会社の役員は、重装備の2人にすぐに気づいた。彼はすぐに従業員のリリアン・ルペールをシンクの下に隠れさせた。そして、犯人がリリアンを発見して二人を殺すのではないかと、刻々と恐れながらの恐怖の1時間半が始まった。 世界各国から寄せられた応援の手紙 ジャンダルムのパトロール隊が到着し、2人の兄弟と銃撃戦になった。首を負傷した一人が「包帯を巻いてくれ」と言うと、ミシェル・カタラーノはそれに応じた。二人の加害者は彼を外に出した。リリアン・ルペールは内側に隠れたままだった。午後の終わりに、フランソワ・オランドは印刷工場と、共犯者のアメディ・クリバリが人質をとって避難しているポルト・ド・ヴァンセンヌのハイパー・カッチャーへの攻撃を命じる。この3人は射殺された。ミシェル・カタラーノは、従業員が無事であることを確認した。彼の印刷工場は、攻撃時に使用された爆発物によって破壊された。 6年経った今でも、毎朝、印刷所の門を開けるときには「胃が痛くなる」という。家族や友人、AFVT(フランステロ犠牲者協会)、そして「世界中から寄せられた何千通もの支援の手紙」のおかげで、なんとか持ちこたえられたと言いう。 2019年に予定されている「テロの犠牲者に敬意を表するナショナルデー」は、2年連続で企画されている。3月11日は、2004年のマドリッド襲撃事件にちなんで、ヨーロッパの協会が選んだ日だ。2015年1月以降、フランスでは260人以上がテロで死亡しており、最も被害が大きかったのは2015年11月13日にパリとサン・ドニで発生した130人の死者を出した事件と、2016年7月14日にニースで発生した事件(86人の死者)だ。2015年以降、合計で6,300人以上の被害者とその親族が被害者保証基金(FGTI)の対象となっている。「テロの脅威は依然として高い」とエリゼ宮(大統領府)は強調し、2017年以降、33件の攻撃が阻止されたことを指摘した。

フランス、死刑廃止から40周年 マクロン大統領とバダンテール元司法相が演説

2021年10月11日 Henri Kenji OIKAWA 0

死刑制度:フランスは「全廃に向けた戦いを再開する」とエマニュエル・マクロン大統領が発表 https://www.lefigaro.fr/politique/peine-de-mort-la-france-va-relancer-le-combat-pour-l-abolition-universelle-annonce-emmanuel-macron-20211009 土曜日にフランスで死刑廃止40周年を迎えたフランス大統領は、いまだに死刑を適用している国の指導者たちを「説得」するために、「最高レベルの会議」を開催したいと考えている。 エマニュエル・マクロン大統領は10月9日(土)、フランスが死刑制度を普遍的に廃止するための戦いを「再始動」させることを発表した。そのために「最高レベルの会議」を開催し、いまだに死刑を適用している国の指導者たちに「死刑廃止の緊急性」を「説得」する。フランスの死刑廃止40周年を記念してパンテオンで行われたスピーチで、国家元首はこのように述べた。 また、フランスはEU議長国の一環として、2022年前半に、「NGO『共に死刑に反対』(Ensemble contre la peine de mort)と共同で、パリで、死刑制度を適用している国やモラトリアムを適用している国の市民社会を集めて、死刑廃止の重要性と緊急性を指導者に理解してもらうための最高レベルの会議を開催する」と述べた。 その前に、1981年に死刑制度を廃止したロバート・バダンテール元司法大臣が、「死刑は人類の恥であり、世界から消滅する運命にあるという絶対的な確信」を述べていた。また、パンテオンのドームの下で、毅然とした声で「これは社会を守るのではなく、社会を汚すものだ」と述べました。そして、「全廃万歳」と締めくくった。 2020年に世界で起こる “483件の国家による殺人事件” エマニュエル・マクロンは、1981年にフランスが「35番目に死刑を廃止した国」であったことを思い出した。「これまでに106の国がこの道を歩み、他の50の国は死刑執行の事実上または事実上のモラトリアムを持っている」と述べた。しかし、2020年に全世界で「483件の、確かに過小評価された数の死刑執行」が行われたことを嘆いた。中国、アメリカ、インドでは死刑制度が施行されているが、「専制政治の好みを共有し、人権の普遍性を拒絶する33の政治体制によって管理された483件の国家による殺人事件」と述べた。 スピーチの後、エマニュエル・マクロン氏とロバート・バディンター氏は、18世紀から現代までのフランスにおける死刑廃止のための政治的闘争の歴史をたどる展示「Un combat capital」を見学した。 パンテオンのドームの下に座った約200人の招待客の中には、ジャン・カステクス首相、エリック・デュポン=モレッティ司法大臣、リシャール・フェラン国民議会議長、ジェラール・ラルシェ上院議長、ピエール・ジョクセ、ユベール・ヴェドリーヌ、ジャン=ルイ・ビアンコなど、フランソワ・ミッテランのかつての協力者や大臣がいた。バディンター家の人々も出席した。 死刑廃止に関する法案は、フランソワ・ミッテランがエリゼ宮(大統領府)に選出されてから4ヵ月後の1981年9月18日に国民議会で採択され、その後9月30日に上院議員によって採択された。ギロチンの廃止は1981年10月9日に公布された。   エマニュエル・マクロン氏、死刑廃止を記念して「世界共通」の闘争を展開 https://www.lefigaro.fr/politique/emmanuel-macron-commemore-l-abolition-de-la-peine-de-mort-combat-universel-20211008 大統領は今週土曜日(10月9日)、死刑廃止40周年を記念して、ロバート・バダンテール元司法大臣とエリザベト夫人に会う予定だ。 四季折々の最後の大きな記念行事の一つだ。死刑廃止40周年を記念して、今週土曜日の正午、エマニュエル・マクロンは、当時の主要な生きた記憶者を囲む。共和国大統領は、午前中の終わりに、ロバート・バダンテール元法務大臣とその妻エリザベトと非公開で会談することになっている。その後、正午にエリゼを出発し、セレモニーが行われるパンテオンへと一緒に向かう。 「これほど大きな文明の飛躍に敬意を表するためには、フランソワ・ミッテランと一緒にこの戦いを遂行した人物を関連付けることが必要不可欠であるのと同様に、自然なことだと思いました」と国家元首の側近は説明し、元司法相は「廃止論者の聖火をエマニュエル・マクロンに引き継ぐ意志を持っている」と述べている。 […]

アンヌ=イダルゴParis市長は大統領になり得るか?

2021年10月7日 Henri Kenji OIKAWA 0

パリ市長は2021年9月12日にルーアンで正式にキャンペーンを開始したが、彼女の決断はもっと古いものだった。2024年オリンピックの首都決定から市長の再選まで、彼女に近い人たちが彼女の道を照らしてくれた。 フランソワ=オランド前大統領は、これを素晴らしいアイデアだと考えている。「アンヌ、私がルーアンで生まれたことを知っているかい?」とオランド氏は言った。アンヌ=イダルゴは、9月の初めに、ほぼ独占的に共和国の前大統領に、2022年の大統領選挙への立候補を宣言するための方法と場所の選択について説明しているところだ。彼女はこの運命の瞬間のために多くのことを考えた。演説は数日後の9月12日(日)に、セーヌ川の下流、首都からそれなりの距離にある、ノーマンの街の埠頭で行われる予定だ。 フランソワ=オランドはうっとりし、フランス社会党のパリ市長は微笑んでいる。そのゆっくりとした、柔らかな、包み込むような微笑みは、時として棘のある花を忍ばせたかのような印象を与える。「知っていますよ、フランソワさん」「でも・・・スピーチでは触れないかな。あまり共感できる答えではありません」とイダルゴ市長は応えた。アンヌ=イダルゴは共感するためにここにいるわけではない。彼女は、フランス共和国初の女性大統領になるために来訪したのだ。ルーアンでは、ジョーン・オブ・アーク、コルネイユ、クロード・モネの話をしするが、フランソワ・オランドの話はしない。 アンヌ=イダルゴ、「脱パリ化を目指す」 二人の関係は複雑だ。2017年1月には、対談相手の5年間の任期を「計り知れない混乱」と表現している。彼は、市長の国家的願望は愚かな賭けのように見え、また、この立候補は必然的に死産となり、混乱を引き起こし、最後の手段である大統領として復帰することになるので、神の贈り物のようにも見えた。アンヌ・イダルゴは最後の幻想を打ち砕いたが、フランソワ=オランドは執念深くなく、理性的だ。それはどうしようもなく、彼女になるのだ。 ここ数週間、二人はよく一緒に昼食をとっていたが、タウンホールに来るのはいつも前大統領である。彼は彼女に助言を与え、自分の言っていることを理解しており、最高の選挙で勝利した2人のフランス社会党員のうちの1人である。彼は戦術家だ。彼は彼女に、特に左の候補者たちの間にある、小さなネズミの穴を見せる。彼は彼女に、政治的なパノラマが本物の豆スープであるからこそ、彼女は偉業を成し遂げることができると言う。彼女のプログラムが社会民主主義的で、エコロジーでありながらセクト主義的ではなく、大胆でありながら現実的であるという条件で。 今のところ、新進気鋭の候補者に対する世論調査の投票率は有名ではなく、彼女の個人的なステータスは非常にパリジェンヌ的であるため、すべてのフランス人と話すのに最適な資産ではない。 自分を “脱パリ化 “するために 前後して、フランソワ=オランド、リオネル=ジョスパン元首相、マルティーヌ=オーブリーLILLE市長、ローラン=ファビウス元外務相、セゴレーヌ=ロイヤル元保健相、ビジネスリーダーや労働組合員、知識人や芸術家、そしてバラク=オバマの元国務長官ジョン=ケリーなどが、アンヌ=イダルゴのオフィスに来て、彼女に賞を与えた。しかし、市役所の前任者であるベルトラン=ドラノエ氏は違います。もうお互いに何も期待していない。 フランソワ=オランドは、自分の周りに「フランスの市長チーム」を置くことで、彼女を「脱皮」させ、マクロンの木星主義の氷のような高みから離れ、現実に根ざしていると主張する集団の中心に据えるという、この巧妙なアイデアを熱狂的に支持している。しかし、彼が心配しているのは、もはや取り繕うことのできない時間の経過だ。アンヌ=イダルゴは、エコロジストとの選挙協定を結ぶ機会をまだ得ておらず、社会党(PS)との嵐のような交友関係を遅ればせながらなだめているにすぎない。決断が遅すぎたのでは? そのずっと前の2020年6月26日、当時「Quotidien」という番組のジャーナリストだったPaul Larrouturouは、市議会議員への再選を確信して陶酔しているイダルゴParis市長に別の質問をした。「大統領選挙の候補者になりますか?」と。アンヌは「今日、私たちが行動できる場所は、非常に戦略的な場所であり、それは都市であると考えています。記者が主張するのは、『2022年の候補者であればアーカイブ化する』ということで、私は『アーカイブ化してもいい。だから先に行って、見てください。』と応えます。私はとてもクリアな人間です。また、会いましょう」と言った。 9月14日(火)にジョニー=ハリデイの遊歩道を開設するために出発する前に、アン=イダルゴは記者たちに電話をかけてきて、今ではカルト的な人気を誇るこの一連の出来事を解読してくれた。彼女の再選と2024年のパリオリンピックの準備でお腹いっぱいになりそうだった。自分の考えが変わったことを前提とする。しかし、2020年6月のあの日、彼女は自分に嘘をついていたのではないか?果たして彼女はどのくらい考えていたのだろうか。3ヶ月間?10年間?10年間? “自明性 “を押し付ける 彼女の夫であるジャン=マルク=ジェルマンは、政治のプロであり、元Hauts-de-Seineの副官(PS)であり、現在はINSEEのプロジェクトを担当しているが、「アンヌの決断に干渉したことはない」ことを最初から明確にしておきたい。彼女に行ってほしいと思わない自分は絶対に許せなかった。たとえ私にとって、それが快適ではないとしても。私はすでにパリ市長の夫であり、英仏海峡を泳いで渡った息子の父親でもあります。 ルーアンの港で、トレーナーを履いてタバコを吸っている夫は、たとえ20分後に妻が自己申告して新しい次元に突入することになっても、ストレスを感じていない。「アンヌは子供の頃からこのような野心を全く持っていなかった」と断言している。きっかけもなければ、決定的な瞬間もない。そこには、自らに課した自明性があった。多くの人が「彼女が最適だから」と言って出て行ってくれる場合…彼女は几帳面だ。彼女は、基礎がしっかりしていて、自分の周りに大きな集会ができることを確認したかったのだ。 市役所では、アンヌ=イダルゴのすべてを知るためには、「指輪を持った男」を見つけなければならないと言われている。セルジュ=オルーは、パリ市長のアドバイザーを辞め、Climate Academyの責任者となったばかりです。彼は指に堂々とした宝石をつけ、1分間に1000個のエコロジーなアイデアを持ち、20年前から市長をよく知っていて、それが通用する理論を持っている。「オリンピック誘致に成功したことで、彼女は大統領候補になった。あれは創業の瞬間だった。まだ自分では認めていなくても。オリンピックは大きなチャレンジで、パリは100年に一度の開催です。2005年、ベルトラン=ドラノエはギリギリのところで失敗し、大統領選の野望をその場で消費してしまった。」 「彼女の強みは、クラスの脱落者であること。彼女は何もないところから始めて、すべてに向かっていく。社会的な復讐の形があり、それは否定的なものではない」David Belliard(パリ市議会の緑の党・代表) オルゥは「2017年になり、アンヌ=イダルゴがイニシャルキャンペーンを始める。彼女はオリンピックを望まず、逡巡し、そして決断した後、攻撃を受けて戦いに身を投じた」。彼女はドイツ語【国際オリンピック委員会(IOC)の会長であるトーマス・バッハの国籍】を少し覚えました」と言う。「彼女は世界の隅々まで行って1票ずつ票を集め、ロシアの奥地まで行って影響力のあるIOC委員を説得した……アンはアスリートだから、負けず嫌いなんだ。」と。 「彼女はバラカを持っている」 […]

エマニュエル・マクロンが「千の顔を持つ英雄」ジャン=ポール・ベルモンドに敬意

2021年10月6日 Henri Kenji OIKAWA 0

アンヴァリッドでは、エマニュエル・マクロンが「千の顔を持つ英雄」ジャン=ポール・ベルモンドに敬意を表しました。 共和国大統領は、月曜日に88歳で亡くなった俳優に敬意を表し、木曜日に賛辞を述べました。感動的なセレモニーには、家族、映画界の友人、そして彼を愛する人々が出席しました。 拍手は何分も止むことなく続き、まるで俳優と自分をつなぐ千の糸の最後の一本を誰も切りたくないかのようだった。ジャン ポール ベルモンドの棺がアンヴァリッドの中庭を後にしたとき、共和国軍のオーケストラが奏でるエンニオ モリコーネの『Chi mai』(映画『Le Professionnel』の賛歌)の音に、映画関係者や、9月9日(木)にカンヌ映画祭代表ピエール・レスキュールが彼を見事に表現した「国民的友人」への賛辞に参加することを許された1,000人ほどの崇拝者の間には、何の感情もなかった。 9月6日(月)に88歳で亡くなったジャン=ポール・ベルモンド氏は、エマニュエル・マクロン大統領が5年間の任期開始以来、アンヴァリッドで祝った10回目の式典で、あらゆる栄誉を授けられた。”巨人の中の巨人”、国家元首にとっては “千の顔を持つ英雄 “であり、「フランスと結婚した」「我々の “栄光の30年 “のすべての激動の顔であった」と賞賛した。孫のビクター・ベルモンド氏は、「エース・オブ・エース」の他の5人の孫と末娘のステラさんに囲まれて、「永遠の太陽」であると語りました。また、27歳の俳優は、「彼は生涯を通じて、幸せを探すことをやめませんでしたが、何よりも幸せを与えることをやめませんでした。」と語った 「コップでもローグでも常に美しい」 80本の映画に出演した “ベベル “の卓越したキャリアの証として、何世代にもわたって俳優たちが出席を求めてきました。感動したジャン・デュジャルダンの周りには、ジル・ルルーシュ、ナタリー・ベイ、リチャード・アンコニーナ、パトリック・シェネ、ギヨーム・カネ、マリオン・コティヤール、アルベール・デュポンテル、ジュリー・ガイエ、コスタ=ガヴラスやミシェル・ハザナヴィシウスの監督たちがいたし、90歳のピエール・ヴェルニエは、ベルモンドがジャン・ロシュフォール、ジャン・ピエール・マリエル、クロード・リッチ、アニー・ジラルドと肩を並べた「音楽院組」の最後の代表者だった。 また、ルイス・フェルナンデス、元ボクサーのルイ・アカリエス、ブラヒム・アスラム、フィリップ・キャンデロロなど、彼が情熱を傾けるスポーツ界の著名人も来ていました。 葬儀は金曜日の朝、サンジェルマン・デ・プレ教会で家族と一緒に行われました。これまでにジャック・シラク元大統領だけがこの特典を受けており、俳優の人気の高さを物語っている。 エマニュエル・マクロンは、痛みを抑えるかのように、弔辞の最後に「そして、死ぬことは何でもない、生まれることを終えることだ」と述べました。エドモン・ロスタンの有名なキャラクターにインスピレーションを与えた人物、サヴィニエン・ド・シラノやド・ベルジュラックの本から引用した一文。1990年代初頭、ジャン=ポール・ベルモンドが劇場で彼を演じた。これも寂しい限りだ。 https://www.lemonde.fr/culture/article/2021/09/10/aux-invalides-emmanuel-macron-a-salue-jean-paul-belmondo-heros-aux-mille-visages_6094093_3246.html

マクロン大統領が自身の水着が掲載された写真展に抗議

2021年9月27日 Henri Kenji OIKAWA 0

ギャラリーのオーナーであるダニエル・デラマーレとパパラッチのティボー・ダリパードは、水着姿の大統領の写真を、エリゼ宮の向かいにあるギャラリーに展示しました。 エマニュエル・マクロン大統領の水着姿の写真をエリゼ宮の向かいの建物で内覧会に出展したギャラリーオーナーのダニエル・ダラマーレ氏は、「共和国大統領の邪魔になっているとエリゼ宮からの特使が連絡してきた時点で、問題のある写真はすぐに削除しました」と説明します。9月8日のことです。翌日、彼はパリの司法警察のオフィスにある個人的な非行を抑圧するための旅団に呼び出された。しかし、この写真は2年近く前の古いもので、掲載された時点では国家元首からの攻撃を受けていなかった。 “2年前から準備していた展覧会です。私は監禁中にアーティストのソーシャルネットワーク「Artschild」を作り、ギャラリーが閉鎖されている間に彼らの存在をアピールしました。私は念には念を入れて、参加者全員に「起訴されるような問題のある作品は展示しない」と伝えました。これは、他の写真と同様に、水着姿の社長の写真にも当てはまります。話題になるようなことはしたくなかった。私は挑発者ではありません。私はスムーズな人間です。 2020年にブリジット・マクロン氏が来日 エドモンド-デ-ロスチャイルド財団に育てられた国家の区民であるこの熟練した美術愛好家(68歳)は、2020年にマティニョン通りの建物でこの同じ展覧会を準備しているときに、ブリジット・マクロンの訪問を受けていた。 「ファーストレディはとても親しみやすく、今までの中で最も親しみやすい人の一人だと思います。また、共和国大統領の方針にも賛同しています。正直なところ、召集令状には驚きました。私を尋問した警察官はとてもプロフェッショナルでした。私が誠意を持って行動していることを見抜いてくれたのです。彼は展覧会を訪れたが、問題の写真はそこにはなかった。実際には、オープニングの間だけ展示されていたので、一般の方は目にすることはありませんでした。 また、フランソワ・オランドやニコラ・サルコジなど、かつてエリゼ宮に住んでいた人々の写真も展示されています。「公式行事以外の姿を見せることで、他の人たちと同じ人間であることを知ってもらうことが目的です。メールで招待したマクロン夫妻の訪問を期待していました。私としては、頭に血が上ったのはアドバイザーの方だと思っています」。 2017年に違反のないようにファイリング ダニエル・デラマーレが証人として聴取された。大統領から見て「争点」となっている写真の作者であるThibaut Daliphardは、まだ警察から話を聞いていません。彼は火曜日にフリーヒアリングの体制で聴取されます。 Le Pointの取材に応じた彼は、「どの写真かもわからない。さらに、あなたの同僚の一人が、François Hollandeに関する写真の作者は私だと言っています。そんなことはありません。この展覧会の目的は、決して挑発することではなく、健康危機の中、アーティストのためのオンライン展覧会アプリケーションの立ち上げに参加することでした。ダニエル・デラマーレは、作品を世界中で見られるようにするための新しいコンセプトを作るという素晴らしいアイデアを持っていました。 写真家のThibaut Daliphard氏は、2017年8月、マルセイユで大統領夫妻を無許可で撮影しようとしていたことをAlexandre Benalla氏が警察に通報し、身柄を拘束されました。この手続きは、グザビエ・タラボー検事が「犯罪性がない」という理由で何もせずに終了していました。 今朝、エリゼ宮に問い合わせたところ、コメントを拒否されました。 https://www.lepoint.fr/societe/apres-la-plainte-de-l-elysee-le-photographe-et-le-galeriste-s-expliquent-26-09-2021-2444775_23.php#xtor=CS3-190

エマニュエル=マクロン「フランス共和国」大統領によるボーヴォー安全保障会議終了時の演説

2021年9月24日 Henri Kenji OIKAWA 0

マクロン大統領は9月13日にボーヴォーにて国家警察官・国家憲兵を前にして演説を行った。 日仏共同テレビ局France10支局長の及川健二が全文を翻訳した。 マクロン大統領 マダム・ディフェンダー・オブ・ライツ 閣僚。 市長さん。 国会議員の皆様、こんにちは。 舎人です。 部会の会長さん。 地域協議会の会長さん 都の社長さん。 市長の皆様 選出された代表者の方々のご挨拶 マダム・ディレクター、ディレクター 司法当局の代表者。 紳士淑女の皆様、各国代表の皆様。 皆さん、国家憲兵隊の兵役評議会のメンバーの皆さん。 紳士淑女、警察官、ジャンダルム、事務職員の皆様、遠くからこのスピーチを見ている方もいらっしゃると思います。 レディース&ジェントルマン 警察官、ジャンダルム、治安判事、選挙で選ばれた代表者、そして市民が一堂に会するこのような安全保障に関するイベントは、そうそうあるものではありません。それなのに、当たり前のことをしているはずだ。なぜなら、セキュリティは、国民の皆さんにはっきりと伝えたいのですが、単に国内のセキュリティ部隊の問題ではないからです。確かに、安全保障は、共に立ち上がらなければならない我が国の義務であり、大義名分でもあります。なぜなら、セキュリティは私たちの自由の第一のものであり、これがなければ他の自由は損なわれ、弱体化してしまうからである。 そのため、昨年2月に「Beauvau of security」を立ち上げることにしました。それは、一部の人々が法と秩序の力に対して、あたかも陣営のように耐え難い戦いを挑み、その過程で共和国の原則を忘れてしまったことにあります。警察は法と共和国そのものに奉仕しています。一部の市民と彼らを守る人々との間の信頼関係が弱まり、複数の論争や攻撃が行われていますが、ここ数日で再び明らかになったように、警察官、ジャンダルム、平和を守るあなた方に存在する意味が失われていると感じています。私たちは、数ヶ月に渡って国中で行われたこの綿密な作業により、すべてを見直し、上級士官や若い新人、現場の女性や男性、管理者、選挙で選ばれた代表者、専門家、労働組合、ジャーナリスト、そして市民を結びつけ、まず診断を行い、次に新たな解決策を導き出そうとしました。 内務大臣に感謝いたします。内務大臣は、このまたとない機会を捉えただけでなく、皆さんと一緒にこの仕事を行い、提案し、行動に移すために、緊急性や日常性を超えた努力を惜しみませんでした。その甲斐あって、期待通りの結果となり、希望通りの提案を受けることができました。この運動を立ち上げた人のために言いますが、この提案は皆さんの仕事の成果です。今回のボーボーでは、まず診断を行い、この数年間のフランス人の安全を確保するための活動を振り返ることができました。ジェラール・コロム、クリストフ・カスタナー、ローラン・ヌニェス、そして今日のジェラルド・ダルマナンとマルレーヌ・シヤッパのリーダーシップのもとで行われた活動です。すべてが完璧ではありませんが、多くのことを成し遂げました。 2017年は、テロとの戦いの武器を強化することから始めました。情報機関、地域情報機関、およびDGSIのリソースを増やし、2015年に比べてスタッフが1,900人増え、予算も2倍になりました。この場にいる局長は、局長がどれだけ努力を惜しまなかったか、そしてその側には、このテロとの戦いに関わる省内のすべての部局があることを知っています。国による大規模なコミットメントを行いました。必要だったからこそ、想定される。同時に、情報やテロとの戦いのための国家的な調整を行いました。我々はDGSIの「頭」の原則を定め、内部の安全保障とテロとの戦いに関する法律を公布したことで、我々のサービスと同胞の保護を解除することなく、非常事態から脱却することができた。今日、私たちは法的にも、技術的にも、そして人間的にも、より良い武装をしています。しかし、私たちはこの仕事をたゆまず続けなければなりません。なぜなら、脅威はそこにあり、適応し、絶えず変化しているからです。そして、この警戒社会こそが、私たちが構築し続けなければならないものなのです。この際、2015年11月にフランスが耐えなければならなかった同時多発テロの犠牲者とその家族、そして私たちが今経験している試練にも思いを馳せたいと思います。 […]

アンヴァリッドで行われたアウシュビッツからの帰還者・シモーヌ・ヴェイユセ元保健相の追悼式典

2021年9月20日 Henri Kenji OIKAWA 0

フランス大統領は、2017年7月5日水曜日にアンヴァリッドでシモーヌ・ヴェール元保健相の思い出を称え、ヴェイユさんのパンテオン入りを発表しました。 日仏共同テレビ局France10及川健二は式典を取材した。マクロン大統領のスピーチを全文掲載する。 アウシュビッツからの帰還者 親愛なるジャン、親愛なるピエール=フランソワ、親愛なるVEILファミリーの皆さん。 大統領を歴任された皆様へ 紳士淑女の皆様、政府首脳の皆様。 皆さんの階級と能力に応じて、紳士淑女の皆さん。 あなたの数、あなたの資質、あなたの存在、そしてここに一緒にいる多くの仲間たちの存在が、この瞬間の重要性を生きた証拠としているのです。 シモーヌ・ヴェイユに国民を代表して敬意を表し、彼女の2人の息子たちの力強く痛烈な証言の後、公式のスピーチの義務的なスレッドを一瞬中断して、この人生について考えてみましょう、それは決して私たちを驚かせることはありません。 私たちはその苦しみを測ることはできないでしょう。それは、最愛の母イヴォンヌ、父アンドレ、兄ジャンが亡くなった死のキャンプでの黒い体験であったり、その後、強制送還の仲間であった妹マドレーヌや甥のリュックの事故死であったりしますが、魂を打ち砕くような深く激しいものです。息子のクロード・ニコラの早すぎる死、そして最後にアントワーヌの死です。アントワーヌは今日、私たちの思考と心の中に存在しています。なくてはならない存在であり、いつもアイデアや物語であふれていて、陽気で心がしっかりしているアントワーヌです。 しかし、この人生の無敵の熱気、正しいことや良いことへの深い衝動、そしてそれを勝利に導くためのたゆまぬエネルギーを正確に量ることはできないだろう。そう、この女性の人生は、私たちの視線の先に、戻るべきではない奈落の底と、彼女以外には知り得ない輝かしい勝利を与えてくれるのである。 この存在の謎、性格の謎、常識を覆し、私たちに多くの敬意と魅力を抱かせるこの謎に、フランスでは、私たちの国民的な才能にしっかりと根ざした名前をつけています。この名前はグランデです。この偉大さは、彼女が次々と戦った戦いの偉大さであり、時には他の人と同時に戦った戦いの偉大さであり、それらは世紀の戦い以上でも以下でもなかったからである。 アルジェリアの刑務所でレイプされたり、飢えたり、殴られたりした女性たちを、政治難民としてフランスに移送するという彼女の取り組みは、今でも私たちを驚かせる容赦のない寛大な明晰さを持っていた。中絶が行われていた卑劣で殺人的な環境に終止符を打ち、中絶を助長する社会的偽善にも反対した彼女の戦いは、私たちの現代性の歴史の中で重要な部分を占めています。 彼女が欧州のために戦ったのは、欧州議会議員、そして初代欧州議会議長に選出された時からではありません。それはさらに、彼女の存在そのものにまで遡ります。それは1945年にさかのぼる。強制送還の傷は癒えていなかったが、それでも彼女はドイツとの絆を取り戻したいと思っていた。 彼女の親戚の一人が、シモーヌ・ヴェイユがドイツやドイツ人について少しでも苦言や傷つく言葉を言ったのを聞いたことがないと言っていました。彼女はヨーロッパを愛し、常にヨーロッパを擁護していた。国が疑念を抱くような時も、他人から批判されるような時も、彼女はそこにいた。彼女は、ヨーロッパの夢の中心には、何よりも自分が懸命に戦った平和と自由の夢があることを知っていたからです。 しかし、彼女はこの和解の条件として、死刑執行人を忘れること、さらには許すことを求めなかった。それどころか 彼女は、記憶とは、考えられないようなことが二度と起こらないようにするためにあるのであって、恐怖を和らげるためにあるのではないと考えたからです。私はこの中庭で、多くの人が何も言わずに準備していた長い年月の間、彼女の苦悩に多くの仲間がいたことを目の当たりにしました。彼女はショーの記憶のための財団の理事長として、このような緊急事態のラインを観察していた。忘却の彼方に何も与えず、すべての痕跡に実体を与え、顔と名前を取り戻し、和解させる。 他にも、国連での世界人権宣言の批准のための戦い、社会的保護のための戦い、ヴァレリー・ジスカール・デスタン、ジャック・シラク、フランソワ・ミッテラン、エドゥアール・バラデュールらとの大臣としての戦い、ユーゴスラビアでの人権のための戦い、そしてどこでも、常に、女性のための戦い、人種差別や反ユダヤ主義との戦いへのコミットメントなど、実に多くの戦いが思い浮かびます。しかし、時代の流れは、彼に強硬な決意をさせる多くの理由を与えた。 しかし、それだけではありません。彼女は、社会やモラルがそれを採用する前、大多数がそれを採用する前に、しばしばこれらの戦いを行った。彼女は、一般的な意見の前では正しいことが多く、反対のことも多かった。シモーヌ・ヴェイユは、難攻不落と言われたバスティーユを単独で襲撃した共和国のスカウトマンであり、それにもかかわらず、バスティーユを奪ったのは、このようなことが可能であるとは信じていなかった私たちや、ときには無関心からスキャンダルの繁栄を許していた私たちにそれを提供するためであった。 今日、共和国はこれらの戦いを戦ったことを誇りに思っています。しかし、私たちは常にこのJustに対して公平であっただろうか?彼女の勇気に報いるのは、しばしばある人の毒々しい憎しみや、ある人のひどい侮辱だった。この時、彼女は傷を負いましたが、決して負けたわけではありません。彼女は、開拓者の孤独を知り、既成の秩序を乱し、一般の人々の眠りを妨げる者に与えられる残酷な運命を知っていたからである。勝利はこの価格で得られたものであり、勝利は真の意味でのプライスレスであったからだ。 自由もこの値段で、シモーヌ・ベールは断固としてそれを選んだ。彼女は、最も美しい征服を達成し、永遠に確立されると思われていたものを変える、行動に移されたときの、難解で警戒心の強い反抗心の中で、端に立つ方法を知っていました。しかし、この強さはどこから来たのか、正義のために戦うという不変の意志は?彼女がいつも本当の道を示す内なる羅針盤は何だったのか?どうして彼女は戦いの中で一度もミスをしなかったのか? これに対して、それぞれの人が、自分が彼女について知らなければならなかったことに応じて、自分の答えを持ってくる。その秘密は、彼女が幼い頃に経験した「恣意性」と「悪」にあるのではないかと私は考えています。 このことから、彼女はすぐに、人生の不変のモラルを導き出した。苦しみは一つの権利しか与えません。それは、彼女の心の中にある言いようのない痛みから生まれた絶対的なもので、人を助け、守ること、特に弱い人を助けることでした。 私たちは、彼女がしばしば権力者に厳しく接していたことを知っています。しかし、彼女はいつも弱い者には優しかった。彼女が女性を守ったのは、女性だからではなく、男性の力によって屈辱を受けたからです。 この点についても、他の多くの点と同様に多くのことがなされなければなりません。彼女が最後まで生き生きとしていた怒りと行動力を、私たちはどれほど必要としていることでしょう。 […]

マルセイユで雨が降ってきても即興で乗り切ったマクロン大統領の歴史的演説

2021年9月20日 Henri Kenji OIKAWA 0

MARSEILLE EN GRAND 2021.9.2 市長、あなたのスピーチ、あなたの大志と言葉に感謝します。 大臣や知事、レディース&ジェントルマン、国会議員の皆さん、県議会議長、エクス・マルセイユ都議会議長、ご列席の皆様、そして彼らに言及するにあたり、地域評議会議長にも思いを馳せています。 親愛なる友人たちへ 私は昨日、バサンからラ・ティモーンまで、港から学校まで、皆さんと時間を共にしました。。このマルセイユでは、皆さんのエネルギー、時には怒り、人生目標や前に進みたい意志を感じながら、この素晴らしい街を旅していました。 市長は私たちに歴史を、少なくともその一部を思い起こさせてくれました。私たちを匿ってくれる場所としてのフォカイアの首都、この南の首都の古代の起源についてでした。 多くの人に「なぜ、今なの?」と私に訊きました。第一に、手遅れになるということは決してないからです。次に、他の若者と同様に、covidが多くのプロジェクトを中止し、人々の野心を鈍らせた1年半の埋め合わせをしなければならないからです。したがって、今日の緊急課題は、これまで進めてきた多くのことをスピードアップすることです。しかし、私に言わせれば、時事問題や通常のビジネスのようなペースで進めることもありました。この時期の弱さや、野心が芽生えたときのリズムや強さを考え直す必要性は、誰もが経験していることだと思います。 そして、なぜマルセイユなのか?つまり、あなたは答えを持っていて、それは正当なものです。ですが、もしかしたら市長は少し偏っているのではないでしょうか?しかし、私が話している場所から、私はフランスのすべての都市に答えなければなりません。選出された彼がなぜそこへ行くのか。どれだけの約束をして、どれだけのことをするのか?という声が聞こえてきます。マルセイユはフランスで2番目に大きい都市で、パリの2.5倍の大きさがあり、答えの一部を示しました。ロンドンの2倍の広さを持つ大都市です。これらは、前例のない物理的な現実です。マルセイユは、まさに移民のパリンプセスト(洋皮紙)であり、このことが意味するすべての困難を伴うフランスを歓迎する世界都市です。それは、人々をその中心に迎え入れた都市であり、よく「ネイバーフッド」と呼ばれるものは、郊外やすべてがうまくいっている中心部から遠く離れた場所にあるのではなく、都市の中心部にあるものです。したがって、事実上、これらの課題は地理的な分裂に浸透しているのです。また、地中海の中心に位置し、気候的、地政学的、移民的な課題のすべての合流点にあるという立地条件から、機会だけでなく課題も増大している都市です。他の多くの大都市よりも貧しく、常に同じ地域で貧困問題が集中しています。そして、これらの地域では閉鎖的になり、住民は軟禁されるようになりました。このマルセイユの状況下でもエネルギーが満ち溢れ、学術的・文化的・経済的に優れており、ここには多くの人々が集まり、ある意味ではこれらの困難や亀裂から解放されることになるでしょう。また、この歴史ゆえに、長い間、地中海に背を向けてきた都市でもあります。地中海が危険なものではなく、支配の源であったからです。そして、それらは撤退されました。そして、政治的なバランスの変化により、周辺の都市に背を向けて撤退しなければなりませんでした。そのため、多元主義的なメトロポリスではあちらこちらで分断が起きています。 私は、国家の義務はマルセイユの人々に寄り添うことだと考えています。なぜなら、他の都市と同じような都市になると決めることは、このような困難の中で生き続け、苦しみ、自分自身のためにも、領土全体のためにも、国全体のためにも成功しないという行動をとることになるからです。私が深く信じているこの地中海で、果たすべき役割を果たすことができないのは事実です。今のマルセイユを成功させるためには、手を差し伸べることが第一ではなく、そこにある何かのきっかけを作ることが大切だと思います。それは国全体にとっても良いことです。 だからこそ、私は野心と謙虚さを持って皆さんの前に現れたのです。多くの野心がありますが、それに加えて、多くの現前化の後である自覚があるので、強い謙虚さもあります。昨日はまず、国会議員や選挙で選ばれた人たちと交流する機会がありましたが、そのときに率直に言われたことがあります。よく、首相や大統領から、何十億もの人々から話を聞くものだが、物事を変えることはできませんでした。いずれにしても、状況は変わっていません。そこで、「小切手の振り出しもプランも立てない方がいい」と確信しました。そして、パリから提案されたプランは、どのようなものになるのでしょうか。しかし、私たちは、失敗から学んで、この挑戦をまとめて成功させなければなりません。失敗したのは、困難の集中を過小評価していたからです。つまり、貧困や排除、同胞や我が国の国土や領土に流入してくる人々に重くのしかかる困難の2つです。そうすると、対応策は必然的に複数になります。一日にして成らず、隠されたレシピも魔法の公式もありません。第二に、このような状況に加えて、他の問題が発生しています。昨日見たように、都市や生活に寄生し、多くの地区の生活を混乱させる薬物問題などです。また、これまでは部門を過小評価していたと思われるからです。そして、多くの友情と、あなたと一緒に成功したいという思いを込めて言います。しかし、基本的には、国が組織的に数十億円を用意することができます。市民の行動がいつもバラバラで、地元の争いが進展を妨げていたら、この10億円は現場に届かない。でも、それは先に言った人のせいではありません。組織化して実行できない集団行動のせいです。計り知れないエネルギー、フランスでは前例のない若々しさ、そして都市やメトロポリスの一般的な関心事を定義することの難しさなど、すべてが同時に存在しているという事実に私は驚かされました。これは、マルセイユでの問題です。そして、それを解決できるのは国ではありません。しかし、国は助けたり、貢献したり、きっかけを作ったり、条件を整えたりすることはできます。私が皆さんに提案するのは、野心といくつかの要件です。 ご理解いただいているように、私は約束をしに来たのではありません。私が来たのは、約束をするため、そして、それを求めるためです。なぜなら、私の時間的な秩序の中には、もはや奇跡を起こす人はいないからです-すみません、モンシニョール-物事は今、別々になっています。しかし、この友愛の結果として、野心と要求の両方があります。なぜなら、要求のない友愛は、価値のない友愛だからです。このような状況の中で、私が皆さんに提案したいのは、緊急性に対応すると同時に、さらに先を見通すことです。 適応していく、修正していく、というだけでは、都市や運命、マルセイユ気質のようなものを映し出すことはできません。大きな夢を持つことです。だからこそ、切迫した緊急事態のニーズに一緒に応えようとし、発明し、夢を描き、このマルセイユを素晴らしいものにしようとし、それを一緒にやっていきたいと思います。 今はひとまず、緊急事態です。私は何も作り上げていません。2日間、選出された役人、協会、経済界、昨日はお母さんたち、そして家族の皆さんの話を聞きました。緊急事態とは、安全であり、社会であり、衛生の保障です。 安全保障上の緊急事態については、これまで何度も話し合ってきました。新しいことではないので、話しすぎとも言われていますが、それが習慣になってはいけません。これは確かに、特に近隣地域の状況と、人身売買との戦いでもあります。正直なところ、ここ数年、非行件数は減少しています。地域県知事や委任県知事、さらには県知事の権限下にあるすべての治安部隊の動員に敬意を表したいと思います。数字は改善されています。しかし、麻薬取引に大きく関連した暴力的な犯罪が増えています。これを前にした致命傷はありません。過去4年間、フランスは反ドラッグ事務所の設立、警察官の強化、CRSの2つの会社の設立などの手段を講じてきましたが、その結果、密売人の検挙数は過去1年間で60%増加し、薬物使用の手続きは7倍になりました。もちろん、私たちは物事を前進させており、これからもそうしていくつもりなので、気がかりではあります。このような組織化されたネットワークに直面し、生活を困難にするだけでなく、罪のない人々を若くして殺すことも躊躇せず、脅迫し、ゆすり取るような密売人に直面すると、もはやすべてが十分ではありません。だからこそ、人身売買に対する嫌がらせの政策を可能な限り現場で、海外のネットワークの責任者に至るまで遂行せねばならないのです。2021年にはすでに100人の警察官が着任し、2022年には200人の警察官が着任する予定です。これは、地域のニーズに対応するためであり、また、そうしないとすぐに密売人に乗っ取られてしまうような地域を叩き続ける必要があるためです。3月以降、CRSの2つの会社が追加されましたが、これは、最も問題の多い地域の最も敏感な軸上で安定した、継続的な警察の存在を可能にするものです。なぜなら、「平和に暮らす」ことは権利であり、最も困難な地域に住む家族、女性、男性の権利でもあるからです。そして、最後まで続けていきます。内務大臣の提案で、市長に北部地区のビデオ監視カメラの資金調達を私が提案したのもそのためです。市内には非常によく機能するネットワークがあり、その有用性を発揮しているが、その地図はある意味、交通地図のマイナス部分である。昨日はそれを見事に証明してくれました。そのため、カメラは販売店や貢献してくれる人にしっかりと認識されています。だからこそ、最も必要としている地域、最も貧しい地域にこのカメラを配備しない理由はないのです。ですから、今回のアクションに加えて、ファイバーと500台のカメラを必要とする地域に配備するための資金を提供します。 しかし、このようなことは、警察の嫌がらせと同時に、司法によるフォローアップがあってこそ意味があります。そしてここで、すべての判事に感謝したいと思います。最近到着した11人の判事に加えて、ネットワークの責任者を逮捕し、その罪をフランスで裁くために必要なすべての技術的手段を備えた司法警察の3つの新しい捜査グループが確認されています。また、法務大臣から要請された検査の後、追加のリソースが確認されます。なぜならば、警察にリソースを投入しても、司法制度に同じようなリソースを投入しなければ意味がなく、同じペース、同じ要件、同じ効率で進行できるからです。人身売買に対抗すると同時に、住民に安心感を与え、犯罪者を思いとどまらせるために、あらゆる場所で警察の存在を確保したいと思います。そして何よりも、この活動をヨーロッパや国際的なレベルでも実行し、ネットワークの責任者を追跡していきたいと考えています。また、今後数週間のうちに、欧州のパートナーと協力して、米国内で増加しているこれらのネットワークを解体するための取り組みを行います。 国も、警察の装備を整えるために資源を投入することで、その役割を果たします。2022年夏からマルセイユ警察官にデジタル捜査手段、新型車両、222台の車とバイクを装備するための800万ユーロ以上の予算を確保します。 また、1億5,000万ユーロをかけてこの地に新しい警察本部を建設し、13区と14区の警察署をそれぞれのニーズに合わせた方針で統合し、850万ユーロの資金を確保することで、部隊の責務に見合った労働環境と生活環境を確保しています。 ご理解いただいているように、安全保障上の緊急事態に直面して、私たちは投資を行い、現在行われている良い仕事を継続することを決定しました。私は、すべての警備隊員と執行官に敬意を表したいと思います。そして、私たちの仲間はこの要求を持ち、私たちに求めています。 私たちが緊急事態で取り組んでいる2つ目は、社会的なものです。そしてそれは、ある意味では安全保障上の緊急事態に関連しています。治安は常に、若者や悲惨さを利用し、犯罪性を発展させようとする人々の温床となる、静的で困難な症状です。都内の一部地域では、貧困率が40%、50%と記録的な水準に達しています。このような経済的貧困に加えて、利用可能な援助へのアクセスの欠如、不健康な住宅、劣化した公共スペース、公共交通機関からの距離、公共サービスの欠如などがあります。昨日、サミア・ガリ氏と話したように、私たちはグローバルなアプローチをとらなければなりません。セキュリティはともかく、すべての抑圧は明らかに意味がありません。すべての省庁、すべての地方自治体、教育や教育と並行してスポーツ、文化、住宅などで彼らを支援するために不可欠な役割を果たす協会を動員すること、そして、リンクビルダーの数を増やしていくことでしか実現できません。現在、マルセイユ市だけで1,700万ユーロを含む2,000万ユーロが都市政策部門に投資されており、集会場の建設、文化・スポーツ施設の改修、そしてこれらの連帯を募ります。ここ数ヶ月で60人の教育者が採用されましたが、さらに30時間、30人の調停者が手を貸しに来てくれることを願っています。 また、リカバリープランで行ったように、地域で家族を助けるための重要な仕事をしている団体と協力して投資を続けていきます。昨日は、ある意味ですべての公共政策の最初の中継地点であるバッセンの素晴らしい協会でそれを見ました。また、規格外の住宅に対する取り組みも強化しなければなりません。ここにいる誰もが、2018年11月5日にドーバーニュ通りで建物が倒壊して8人のマルセイユ人が命を落とした痛ましい記憶を覚えています。その際、私は、全会一致で得た「二度とない」という言葉を行動に移すべきだと強調し、リハビリテーションの目的について合意しました。ここでもまた、国は本来ならば独自の政策をとるところを、今後15年間で1万戸の住宅を再建するという目的を引き受けて、その責任を果たしたのである。ANAH(連邦政府庁舎)は即座に支援を行い、クレジットを3倍に増やしました。2019年7月、地方公共団体の会社が誕生しました。昨日は、選挙で選ばれた人たちが動員され、モチベーションを高めているのを見て嬉しくなりました。そして、もう一度改善する必要がありますが、昨日、私は市と都の協力関係についての確信とコミットメントを得ました。特に、2022年まで予定されていた1度だけの判決による不服申し立ての簡素化については、当初予定されていた期日には実際にはプロジェクトが存在しないために不服申し立てができず、ある意味では死文化となってしまう遅延を考慮して、この期日を延長し、すべての遅延を圧縮し続けることをここで述べたいと思います。ベル・ド・マイ、ノアイユ、オッシュ、ヴェルサイユ、そして街の中心部の再整備をすぐに始めなければなりませんが、すべての関係者の動員に期待しています。ゼネラル・マネージャーを任命し、物事が構築されました。 そして、3つ目の緊急事態は「健康」です。covidの試練は、研究者、医療関係者、消防士、ボランティア、消防団、協会など、有能な男女の連鎖にマルセイユがどれだけ頼れるかを示しました。皆さんは手ごたえのある役割を果たしてくれました。大統領、提督、医療界全体でのこのような動員に感謝します。そして、私はちょうどティモーネで私たちのケアラーの隣に選出された代表者と一緒にいました。しかし、私たちは常に耳を傾けなければなりません。当時の私は、マルセイユから発信されていたので、配慮しながら耳を傾けていました。テストは、マルセイユの他の場所よりも強く始まったことを忘れてはならない。廃水は、他の地域よりも早く始められた興味深い活動です。とはいえ、無意味なことをさせてしまったために、ワクチンの接種数も減ってしまいました。私は知っている人、つまり科学者や医師を信頼しています。そして、どこの国でもそうですが、このウイルスに直面した科学者や医師は、ワクチンを接種した方が良いと言っています。だからこそ、私たちは動員を続けます。しかし、私たちはこの時、マルセイユの医療システムの弱点を目の当たりにしました。NGOや協会の努力にもかかわらず、北部地区では他の地区よりもウイルスの進行が早いとしたら。今日、同じ地域で予防接種率が低いとしたら、それは地域の医療ネットワークが不足しているからです。そして、このことも考えなければなりません。だから、何もしていないという問題ではない。何もしていません。ヘルスセンターがあり、ヘルスセンターが存在していて、幸いなことに しかし、新しい医師や医療従事者がこれらの地区に投資するためには、現在、規模の変更が不可欠です。 APHMは明らかに、トレーニング、意識向上、ヘルスケア提供の組織化をサポートする重要な役割を担っています。先ほどティモーネでも申し上げましたが、国はこの素晴らしい機関を支援する用意があります。その一方で、総投資額の半分に当たる1億6900万ユーロが、ティモーネや北病院の修復、SAMU(公的緊急医療サービス)の新校舎の建設に充てられています。これは、私がここで敬意を表している地方自治体の努力と同等のものであり、あなたの街、メトロポリス、州、地域の特徴でもあり、前進し続けるという考えを私たちに強めてくれるものです。 […]

文化は明日の経済の支柱-エマニュエル=マクロン大統領がマルセイユで演説

2021年9月14日 Henri Kenji OIKAWA 0

マルセイユ:エマニュエル・マクロン大統領、約15億ユーロ相当の国家支援策を詳述 国は、主に交通機関、文化、安全保障などに多額の新規資金を提供すると、エリゼ宮が木曜日の夜に発表しました。 Le Monde with AFP 公開日時:2021年09月02日 10:36 – 更新日時:2021年09月03日 19:32 エマニュエル・マクロン大統領は、マルセイユ訪問の2日目、9月2日(木)の午後遅く、学校での新学期開始に立ち会った後、同市の緊急対策について詳細に説明しました。Palais du Pharoでは、大統領が1時間以上の演説を行い、「Marseille en grand」を発表しました。エリゼによると、この演説には「地域社会との共同制作」による一連の施策やプロジェクトが含まれています。 国はマルセイユに対し、主に交通、文化、治安などの分野で、総額約15億ユーロの新たな資金を提供すると、エリゼが木曜日の夜に発表しました。さらに、174校の学校の改築にも貢献しますが、これはまだ定量化されていません、とマクロン氏の顧問は付け加えました。 3日間の日程でフランス第2の都市を訪れている大統領は、10月に再訪し、2月には第1回目の評価を行うことを約束した。 “マルセイユはパリの2.5倍の大きさがある。マルセイユは、地区を心の中に迎え入れた世界都市です。大統領はまず、「この国には地理的な問題が山積している」と分析した。「この街はエネルギーに満ちていて、壊れた部分から自由になろうとしている(中略)。国家の義務は、マルセイユの人々に寄り添うことです」と宣言しました。 マルセイユで、マクロン大統領が警察に麻薬密売に対する「行動手段」を約束 「私は大きな野心と謙虚さを持って皆さんの前に現れました」とマクロン氏は説明しました。「私たちはこの挑戦を成功させ、何が失敗したのかを分析しなければなりません。答えは必ずしも複数あり、魔法のレシピはありません。多くの地域を揺るがしているドラッグの問題もありますが、私たちは地域の活動の分裂を過小評価していました」。 健康危機に169百万ユーロ 社長にとって、「緊急事態は、セキュリティ、ソーシャル、ヘルス」です。マクロン大統領は、前日に発表した治安の悪さに関する内容に戻り、オーバニュ通りで建物が倒壊して8人が死亡した事件から約3年が経過したことを受けて、劣悪な住宅への対策を「加速」させたいと述べました。また、「医師や医療スタッフは、現在不足している近隣地域に投資しなければならない。マルセイユ市中心部の地域全体を医療の砂漠にしておくわけにはいきません」と主張し、地方自治体と分担した1億6900万ユーロの緊急医療予算を発表しました。この予算の一部は、ティモーン病院と北病院の再建に充てられ、さらに女性・親・子どもセンターと女性センターに5000万ユーロが追加されます。 輸送に10億円 交通機関については、不平等や地理的な隔たりが非常に大きいこの都市において、「北部地区を開放し、北部と南部をつなぐ」という目的を述べています。 […]

IUCN世界自然保護会議、マルセイユで開催 マクロン大統領が感動的なスピーチ

2021年9月13日 Henri Kenji OIKAWA 0

国際自然保護連合(IUCN)の世界自然保護会議が9月3日から11日まで、フランス南部のマルセイユ市で開催された。この会議がフランスで開催されるのは初めて。 この会議は生物多様性のための最も大規模な国際イベントの一つだ。4年に1度開催され、政治、研究、市民団体、主要な国際機関、企業、市民など、各方面の自然保護専門家が一堂に会する。 この会議では主要7課題をめぐるグローバルな取り組みが示された。 景観 淡水 海洋 気候変動 権利とガバナンス 知識、イノベーション、テクノロジー 経済・金融システム 会議に先立つ9月2日にマクロン大統領による感動的な演説が行われたので、全文を紹介する。翻訳は及川健二が行った。田中康夫・元長野県知事の勘性・智性・温性が通じているという指摘が多々あったことを付記しておく。 マクロン大統領の歴史的演説 市長、あなたのスピーチ、あなたの野心、あなたの言葉に感謝します。 皆さん、大臣の皆さん。 地域の舎人さん レディース&ジェントルマン 国会議員の皆さん。 県議会議長、エクス・マルセイユ都議会議長、ご列席の皆様、そして彼らに言及するにあたり、地域評議会議長にも思いを馳せています。 皆さん、そのような立場で 親愛なる友人たちへ 昨日から私は、バサンからラ・ティモーンまで、港から学校まで、皆さんの中にいて、エネルギー、時には怒り、野心、やりたいこと、前に進みたいことを感じながら、この素晴らしい街、マルセイユを旅しています。市長は私たちに、その歴史、少なくともその一部を思い出させてくれました。私たちを匿ってくれる場所、そしてフォカイアの首都、この南の首都の古代の起源についての瞬間でした。 多くの人に「なぜ今なの?第一に、遅すぎるということはないからです。2つ目は、他の若者と同様に、コヴィッドが多くのプロジェクトを中止し、野心を鈍らせた1年半の埋め合わせをしなければならないからです。したがって、今日の緊急課題は、これまで進めてきた多くのことをスピードアップすることです。しかし、私に言わせれば、時事問題や通常のビジネスのようなペースで進めることもありました。この時期の弱さや、野心が芽生えたときのリズムや強さを考え直す必要性は、誰もが経験していることだと思います。 そして、なぜマルセイユなのか?つまり、あなたは答えを持っていて、それは正当なものですが、もしかしたら市長は少し偏っているのではないでしょうか?しかし、私が話している場所から、私はこの国の他のすべての都市に答えなければなりません。なぜ彼がそこに行くのか、どうやらこれだけの約束をしてこれだけのことをするのか、という選民思想が聞こえてきます。マルセイユはフランスで2番目に大きい都市で、パリの2.5倍の大きさがあるので、答えの一部を提供しました。ロンドンの2倍の広さを持つ大都市です。これらは、前例のない物理的な現実です。マルセイユは、まさに移民のパリンプセストであり、このことが意味するすべての困難を伴うフランスを歓迎する世界都市である。それは、人々をその中心に迎え入れた都市であり、よく「ネイバーフッド」と呼ばれるものは、郊外やすべてがうまくいっている中心部から遠く離れた場所にあるのではなく、都市の中心部にあるものであり、したがって、事実上、これらの課題の地理的な分裂に浸透しているのです。また、地中海の中心に位置し、気候的、地政学的、移民的な課題のすべての合流点にあるという立地条件から、機会だけでなく課題も増大している都市でもあります。他の多くの大都市よりも貧しく、この貧困は常に同じ場所に集中しています。そして、これらの場所は閉鎖的になり、住民は軟禁されるようになりました。このような状況の中、この街はエネルギーに満ち溢れ、学術的、文化的、経済的にも優れており、ここには多くの人々が集まり、ある意味ではこれらの困難や亀裂から解放されることになるでしょう。また、その歴史ゆえに、長い間、地中海に背を向けてきた都市でもあります。それは、地中海が危険なものではなく、支配の源であったからです。そして、それは撤回された。そして、政治的なバランスが違っていたため、周辺の都市に背を向け、撤退しなければなりませんでした。そのため、多中心的なメトロポリスで四方八方が分断されています。 私は、国家の義務はマルセイユの人々に寄り添うことだと考えています。なぜなら、他の都市と同じような都市になると決めることは、このような困難の中で生き続け、苦しみ、自分自身のためにも、領土全体のためにも、国全体のためにも成功しないという行動をとることになるからです。私が深く信じているこの地中海で、果たすべき役割を果たすことができないのは事実です。今のマルセイユを成功させるためには、手を差し伸べることが第一ではなく、そこにある何かのきっかけを作ることが大切だと思います。それは国全体にとっても良いことです。 だからこそ、私は野心と謙虚さを持って皆さんの前に現れたのです。多くの野心がありますが、それに加えて、多くの発表の後に来ていることを自覚しているので、多くの謙虚さもあります。昨日はまず、国会議員や選挙で選ばれた人たちと交流する機会がありましたが、そのときに率直に言われたことがあります。ここではよく、首相や大統領から何十億もの話を聞いてきたが、こんなことはなかった。いずれにしても、状況は変わっていません。それで、「チェキもプランも書かない方がいい」と確信しました。そして、パリから提案されたプランは、どのようなものになるのでしょうか。しかし、私たちは、失敗したことから学んで、この挑戦をまとめて成功させなければなりません。失敗したのは、困難が集中していることを過小評価していたことです。つまり、貧困や排除、同胞や我が国の国土や領土に流入してくる人々に重くのしかかる困難の両方です。そうすると、対応は必然的に複数になります。一日にして成らず、隠されたレシピも魔法の公式もありません。第二に、このような状況に加えて、他の問題が発生しています。昨日見たように、都市や生活に寄生し、多くの地区の生活を混乱させる薬物などです。また、これまでは部門を過小評価していたと思われるからです。そして、多くの友情と、あなたと一緒に成功したいという思いを込めて言います。しかし、基本的には、国が組織的に数十億円を用意することができます。市民の行動がいつもバラバラで、地元の争いが進展を妨げていたら、この10億円は現場に届かない。でも、それは先に言った人のせいではありません。組織化して実行できない集団行動のせいだ。計り知れないエネルギー、フランスでは前例のない若々しさ、そして都市やメトロポリスの一般的な関心事を定義することの難しさなど、すべてが同時に存在しているという事実に私は驚かされました。これは、マルセイユでの問題です。そして、それを解決できるのは国ではありません。しかし、国は助けたり、貢献したり、きっかけを作ったり、条件を整えたりすることはできます。私が皆さんに提案するのは、野心といくつかの要件です。 […]

フランス、来年夏に富裕税政策の見直しも

2018年12月8日 Henri Kenji OIKAWA 0

フランスのグリボー政府報道官は5日、マクロン大統領の政策に対する抗議デモが続く中、仏政府は富裕税(ISF)に関する政府の方針を変更する可能性があると述べた。 仏政府は高額の資産や取引全般にかかるISFを廃止し、同種の課税対象を高額の不動産取引や不動産資産に限定している。 しかしこうした動きがマクロン大統領は「金持ちの味方」との批判を招いている。 グリボー報道官はRTLラジオで、すべての税関連政策は定期的に見直す必要があるとした上で「公的資金によって賄われるわれわれの政策が結果的に機能しなかったり、うまく行かない場合、われわれも愚かではないので、変更する」とした上で、2019年夏にも見直しを行う可能性があると述べた。 また富裕税改革は「富裕層へのプレゼント」ではなく、富裕層による国内投資を呼び込む狙いがあると説明した。 フランスでは、燃料税引き上げに対する抗議に端を発したデモ「黄色いベスト」運動が続いており、マクロン政権は対応に追われている。 参照:ロイター通信

マクロン改革に抵抗してフランス全土で26万人が大規模デモ

2018年5月28日 Henri Kenji OIKAWA 0

フランス国鉄は3月22日、マクロン政権の国鉄改革に反対し、大規模ストに突入した。政府が方針転換しない限り、6月28日まで断続的に続けている。公務員労組も参加を呼びかけており、マクロン大統領には大きな試練となった。  制度改革は、鉄道員約14万人に認められた優遇措置を撤廃するもの。民間企業では退職年金支給は原則62歳からだが、鉄道員は50代前半から受給が可能。有給休暇、雇用保証でも特権が認められている。改革は国鉄の赤字体質を改善する狙いがある。  3月22日はストのため、高速列車TGVが通常の6割減、在来線が50~75%減の運行になった。航空労組もストに加わり、大手エールフランスの国内線は約3割減便。一部の学校が休校になり、保育所、病院にも影響が出た。  国鉄ストは4~6月の約3カ月で通算36日間実施される計画。国内最大労組「フランス労働総同盟」(CGT)のマルチネス書記長は21日、「鉄道員や公務員、年金生活者や民間労働者に参加を呼びかけ、全国140カ所で抗議集会を行う」と強調した。 また、マクロン大統領は入学者選抜に能力主義を吹き込もうと、高校の内申書を判定材料にすると決めた。「希望者が定数より多いなら、能力で決めるべきだ」という判断だ。  フランスには大学入試がない。バカロレアという高校卒業資格を取れば、誰でも国立大学に入れる。希望者が多ければ抽選。受験地獄と無縁で良い制度に見えるが、講義室は座り切れない学生であふれ、入学1年で3割が脱落する。4年間で学士(日本の大卒資格)を取得するのは4割だけだ。 そのため、フランスの大学や高校で反対する学生達が大学・高校を占拠したが、警官隊が突入して閉鎖を解除した。 そんな中、5月26日に、マクロン改革に反対するフランスの組合・政党・市民団体による大規模デモがフランス全土で行われた。パリ市内では東駅からバスティーユ広場まで行進し、8万人が参加した。そのほかの地域では18万人がデモに参加した。

【フランス発】国民議会議員選挙で分かった二大政党制の終焉~これは世界に伝播する!

2017年8月2日 Henri Kenji OIKAWA 0

月刊『正論』8月号に小池百合子・東京都知事のインタビューが載った。彼女は自身を日本の「マクロン」だと述べている。ご承知の通り、7月2日に行われた東京都議会議員選挙は小池新党「都民ファーストの会」の歴史的勝利だった。自民党は23議席まで落ち込み、民進党も5議席と惨敗だった。二大政党が共に大敗し、新党が台頭する……という構図は6月18日に行われたフランス国民議会議員選挙でも見られた。 5月にフランス大統領に39歳の若さで就いたエマニュエル=マクロン氏は国民議会議員選挙に備えて、新党「共和国前進」を設立し461名の候補者を立て、連携する中道主義政党「モデム」は76名の候補者を立てた。 フランス国民議会議員選挙は小選挙区制でフランス本土と海外県・領土・海外から成る577の選挙区で構成される。二回投票制で6月11日に第一回投票が行われ、上位二候補者が6月18日の決戦投票に進む。 結果は次の通りだ。 【与党】=マクロン政権の与党 共和国前進:308議席 モデム:42議席 【右派&中道】=サルコジ政権の与党 共和党:112議席 民主無党派連合:18議席 右派系諸派:6議席 【左派】=オランド政権の与党 社会党:30議席 急進左翼党:3議席 欧州エコロジー=緑の党:1議席 左派系諸派:12議席 【急進左派】 服従しないフランス:17議席 フランス共産党:10議席 【極右】 国民戦線:8議席 立ち上がれフランス:1議席 極右系諸派:1議席 【その他】 レージョナリスト(地域主義派):8議席 […]