鳩山由紀夫・元首相が日本外国特派員協会で会見 ロシアによるクリミア併合を正当化

鳩山由紀夫・元首相は2015年4月22日に日本外国特派員協会にて記者会見を行った。

鳩山氏はロシアによるクリミア併合について、新しいウクライナ政府がクリミアのウクライナ化を進め、ロシア語を公用語から外したことについて、

「クリミアはロシア系住民が5割を超えている。ロシア語がもし公用語から外された場合、そういう人たちが公務員として登用されていく道が閉ざされる。新しい政権ができる恐怖が彼らを住民投票へと導いた」

と述べ、住民投票によるクリミアのロシア併合を正当化した。

France10は戦後70年の欧州を取材するために「クラウド・ファンディング」の募集を始めております。ご支援のほど、よろしく御願いいたします。

YouTube Preview Image


Leave a comment

Your email address will not be published.


*