【レポート】『下北沢映画祭』前夜祭

『下北沢映画祭』の前夜祭が9月21日(土)、『本屋B&B』で催された。

前半は

・いまおかしんじ(『かえるのうた』監督)
・大木雄高(下北沢ジャズバー『レディジェーン』オーナー)
・大槻貴宏(下北沢映画館『トリウッド』代表)

の三者によるディスカッションで後半は

映画『A・Y・A・K・O』(大橋裕之・監督、22分)

の上映だった。80人ほどの観客が
参加した。

下北沢映画祭で語る いまおか監督(左) 大木さん(中) 大槻さん(右)

下北沢映画祭で語る
いまおか監督(左)
大木さん(中)
大槻さん(右)

1966年から下北沢を知る大木さんは
かつて4館も下北沢に映画館があった
文化事情について暴露した。

「下北沢には文士がたくさんいたんじゃ。
横光利一、宇野千代、石川淳、萩原朔太郎といった
蒼々たるメンバーが……。彼らは映画に 関与(engagement)するようになって、
映画監督や役スクリーンに映る役者も住むようになってきたんじゃ。そして、70年代になってから、
関西人が移住してきた。路地だらけだからのー、小さな店がボンボン鰻上りにできた。
(ニューカマーは)みんな小さな店ならやれると思った。
で、アートン出版社が主体となって映画館『シネマアートン』が下北にできた。
わしも関わった。 しかし、いまから何年になるかのー、そう、2008年に『シネマアートン』は
突如閉鎖されて、作品が公開されて上映しているなかだったから、
その映画を『トリウッド』で引き継いでもらったよ。
下北沢という土地による友情じゃ」

いまおか監督は下北沢を舞台に描いた『かえるのうた』を創った経験を語った。

「この映画は2005年に下北沢で撮ったんです。この映画はポルノ映画として公開されたものを
加工して出来た。路地だらけでもぐりこめるし、匿名になれる。歩いていてCawaii娘も多い。居心地も良い。
この猥雑さがいい。ワシは作品のラストに行き詰まり、下北沢駅南口にあった噴水で
かかんだ。そんとき、ひらめいた。よし、ここで踊ったれ。道路使用許可も要らない。
ゲリラ撮影じゃ!観衆もいっしょにおどればいいじゃないか!と……。
そして、ラストはダンス・シーンになったとです」

大木さんは自身の下北沢シーンを

「下北沢ってのはロマン・ポルノ全盛期はピンク映画の舞台になった。
『ざわざわ下北沢』と比較して『かえるのうた』を語ると、
前者は 『地元密着』をうたっとるが何が地元密着じゃ!と突っ込みたくなる。
あざとさが垣間見えてしまう。『かえるのうた』はつくられた感が
なくとても自然だ。わしが学友のもとをたずねて下北沢に降り立ったのは
1966年1月のことじゃ。ワシはそのころ、ジャズキチなうえに映画既知外じゃった。
ジャズ喫茶・ジャズバーがそこら中にあった。
劇団で作・演出をやっていたが金が入らん。
バイト!バイト!で29.5歳まで喰いつなぐ日々が続き、
生活費をえるためにいやいやながらジャズバーを創った。
それが『レディジェーン』じゃ。『変わらないこと、変えないこと』が
経営理念とでも呼ぶべきものかの~?
『ジャズ・映画・酒』の3つがそろった人に来て欲しい。これらは連関性があるからじゃ。」

と回顧し、下北開発に苦言を呈した。

「文化施設がなければダメじゃ!緑道・緑地をどんどん創っている。
開発賛成派も反対派も『みどり』には反対とは云わん。それでええんか?
無目的な多目的ホールは文化施設とはいえん!
民間に委託された北沢タウンホールは使用料が高い!あまりにも高すぎる!
区が建てた施設を地に根付いた『民』が管理する。これが理想といえる」

下北沢映画祭は22日、23日に催される。

Par OÏKAWA Henri-Kénji

LINEで送る


Leave a comment

Your email address will not be published.


*