2022年大統領選:”干渉”はEELV予備選の結果に影響を与えるか?

極右政党「国民戦線」と「服従しないフランス」の活動家たちは、サンドリーヌ・ルソーに投票する予定です。これらのエントリー主義の試みは、選挙の結果を変えることができるでしょうか?

欧州エコロジー=緑の党 (EELV)が企画した大統領予備選2021は、エコロジストの枠を超えて議論を巻き起こしています。EELV、Génération.s、Génération écologie、Cap écologie、Mouvement des progressistesを束ねるエコロジスト連合のメンバーは2万人しかいませんが、9月16日(木)から19日(日)に行われる第1回投票では、122,670人が投票登録をしています。

数週間前から、「服従しないフランス」(France Insoumise)の活動家たちは、ソーシャルネットワーク上で、大統領選挙での提携を夢見る最も急進的な候補者であるサンドリーヌ・ルソーに投票するために登録したことを表明している。一方で、エコ・フェミニストの立候補は、別の理由からも魅力的です。例えば、「Génération identitaire」の元スポークスマンであるDamien Rieu氏は、「エコロジーの真の姿」を示すために彼女に投票するために登録したと述べています。また、国民議会のスポークスマンであるSébastien Chenu議員は、「悪質なシステム」を非難するためにSandrine Rousseauに投票したいと考えています。

エコロジストとは無関係の活動家や選良が登録することで、EELV大統領予備選の結果に影響を与えることができるのでしょうか?

ここ数日、EELVのリーダーは干渉のリスクについて安心させてくれています。サンドラ・レゴルは9月13日、ハフポストの取材に対し、「Neovote社(今回の選挙で選ばれたサービスプロバイダー、編集部注)が使用した統計フィルターによると、第一次選挙での不正を約束するスピーチやメディアの誇大広告にもかかわらず、大規模な干渉はなかった」と述べ、プラットフォームでは「問題となったいくつかの登録の波を削除した」と付け加えました。RMCによると、「Damien RieuやSébastien Chenuのような極右の人物」は、「エコロジストの価値観を尊重していない」という理由でリストから除外されているそうです。

また、Neovoteプラットフォームでは、複数のIDで登録して予備選挙の倫理的ルールを守らなかった数百人を削除しました。「私たちのサービスプロバイダーは、同じコンピュータ、同じ電話、同じ銀行口座から来る可能性のある票のチェックに多くの時間を費やしていました。私たちは、大量のハッキングに直面しているわけではないと言われました。常に頭の良い人がいるとしても、この種のプロセスではすべてが正常であると言われました」と党の経営陣は語った。

前例?

これまでに実施された数少ない公開予備選挙では、特定の候補者を勝たせるために外部の活動家が干渉したという噂がありました。”2011年、左派の開かれた大統領予備選では、質問がありました。セゴレーヌ・ロワイヤル元保健相(※2007年フランス社会党・大統領候補でオランド前大統領の元パートナー)が勝利するのではないかと予想していた人もいました。結局、この一次選考は彼女にとって屈辱的なものでした」と、シノベイト・フランスの副局長であるBrice Teinturierは振り返る。

右派が予備選挙を行った2016年には、多くの左派の有権者が、自分の信念に最も近い候補者であるアラン・ジュペに投票することを表明した。BFMTVのためのエラベ社の世論調査によると、第1ラウンドの有権者の15%が左派系の有権者でした。その結果、右派色の強いフランソワ・フィヨン候補が44.1%の得票率でトップに立ちましたが、何もできませんでした。第2ラウンドでは、前首相・フィヨン氏がアラン・ジュペ氏に大差をつけて66.49%の得票率を獲得しました。

Brice Teinturier氏によると、これらの有権者は「選挙を変質させた」わけではありません。”ファンタジー “が多かった。このような有権者がサルコジに投票したかったのは、サルコジが最も叩きやすいからだと言う人もいれば、サルコジを排除したかったのだと言う人もいる。実際のところ、多くの人は単にアラン・ジュペに親近感を持ったから来たのだと思います」と彼は説明する。

このような元首相支持の動員は、彼の助けにはならなかった。「左派の人々が彼に投票するよう呼びかけたという事実は、ほとんどが右派であった第一次予選の有権者の間で、アラン・ジュペの信用を完全に失墜させました。」政治学者でPollingVox社の創設者であるJérôme Sainte-Marie氏は言い、「左翼活動家のわずかな動員が、最右翼の候補者の勝利を後押しするという、逆効果になってしまいました。」と付言する。

サンドリーヌ・ルソーは「トロール」に好かれるか?

EELV予備選に漂う参入主義の脅威は、サンドリーヌ・ルソーに役立つのか?これほど確実なものはない。「”わからない “というのが正直なところです。この12万人の潜在的な有権者が誰なのか、その社会的・政治的プロフィールは何なのか、その動機は何なのか、などはわかりません。したがって、何かを予測することは不可能です」とBrice Teinturier氏は言います。

登録者の大半が「トロール」(※スウェーデン語。北欧伝説で森や山、地下に住む悪い妖精)になるというシナリオも考えにくいです。Jérôme Sainte-Marie氏は、「少数の変わり者が投票する可能性はありますが、ほとんどの場合は僅差でしょう」と述べています。彼によれば、国民議会議員や「服従しないフランス」の過激派がサンドリーヌ・ルソーへの投票を呼びかけていることは、予想された効果とは逆の効果をもたらす可能性さえあるという。そして、「エコロジストの有権者の間では、彼女が実際にはあまり良い候補者ではないという考えを引き起こす可能性があります」と結論づけています。

YouTube Preview Image

Be the first to comment

Leave a Reply