2022年大統領選挙:社会党のイダルゴParis市長が左派予備選を呼びかけるも欧州エコロジー=緑の党・雇保が拒否

2022年1月9日 Henri Kenji OIKAWA 0

社会党のパリ市長は土曜日に、左派の共通候補を指名するプロセスに「緑の党(…)がいなければ、それはもはや予備選とは呼べない」と述べた。彼女は立場が変わることをほとんど期待していない。 社会主義者の候補者は、大統領選挙で左派系の予備選挙を行うことを提案してから1ヶ月後、その結果を受け止めている。Anne Hidalgo氏は、1月8日(土)、彼女のアプローチが「今のところ」失敗に終わったことを指摘し、特に環境保護活動家のYannick Jadot氏に言及した。後者・ジャド候補は常に「予備選には参加しない」と繰り返している。 フランソワ・ミッテラン元大統領(1981-1995)の墓の前で思い出話をしていたパリ市長は、「この提案はまだ合意の対象になっていないし、いずれにしても一緒に前進するための飛行を再開していない」と嘆いた。   「候補者を増やすのではなく、共通の候補者、単一の候補者を擁するためのものでなければ、予備選は意味をなさない。もちろん、ヤニック・ジャドを中心とした緑の党がこの予備選に参加していなければ、それはもはや予備選とは呼ばれません。いずれにしても、この予備選では、この単一の候補者を擁立することはできません。繰り返しになりますが、開催可能である限り、開催しなければなりません。しかし、ヤニック・ジャドが支持する拒否反応を耳にしますし、それを残念に思います」。 崩れた左 大統領選挙まであと3ヶ月となったが、極左以外の左派は、Anne Hidalgo、Jean-Luc Mélenchon、Yannick Jadot、Fabien Roussel、Arnaud Montebourgの5人の候補者の間で揺れ動いている。これに加えて、元司法大臣のChristiane Taubiraが立候補する可能性があるが、彼女は1月中旬に出馬することを「検討中」で、小選挙区制を提唱している。このアイデアは、Yannick Jadot氏だけでなく、「La France insoumise」の候補者Jean-Luc Mélenchon氏も否定しています。 市民団体「ポピュラー・プライマリー」は、1月27日から30日にかけて、候補者の同意の有無にかかわらず行われる「人気投票」を企画しており、数十万人の登録有権者(現在30万人以上)の支持がかかっている。 「そのたびに、私の政治的家族は連合することができた」。また、イダルゴ氏は土曜日に「民主主義にとって非常に有害な非政治化の影響を国が最大限に受けている状況の中で、私はこの集会を明確で透明なプロセスを経て、市民の前で行うことを提案しました」と訴えた。選挙の前に、異なる候補者(少なくとも一緒に政権を取りたいと思っている候補者)に会って、選挙の評決を受け入れるように呼びかけることで、予備選のようなものだ。    

Covid-19: なぜエマニュエル・マクロンはワクチン接種の義務化に消極的なのか?

2022年1月3日 Henri Kenji OIKAWA 0

https://www.lefigaro.fr/politique/covid-19-pourquoi-emmanuel-macron-rechigne-t-il-a-decreter-l-obligation-vaccinale-20211230 国家元首は、次から次へと制限をかけて、最後のワクチン拒否者を壁に押し付けてきたが、全員に義務化するというステップは踏まなかった。なぜその考えがタブーなのか? 「”ワクチン接種パス “を “強制接種 “と呼ぶように、物事を名前で呼ぼう(……)。」12月23日、BFMTVでAnne Hidalgoが「フランス人に物事を言わない危機管理をしている」とつぶやいた。2022年の社会党候補は、みんなが考えていることを声高に言っていたのだろうか。ワクチン接種キャンペーンが始まって1年、行政は差し止めや制限、保健所の許可の延長などで、最後の抵抗者に注射をさせようとしている。しかし、強制的なワクチン接種は問題ない。 長い間、エマニュエル・マクロンは、それに対して断固として弁護してきた。通れないレッドラインのように。”はっきりさせておきたいのは、ワクチン接種を義務化しないということです。”と、2020年11月のテレビ演説で国家元首が主張していた。1年後の12月15日、TF1のセットでは、トーンが変わっていた。大統領は、この可能性を排除していないことを初めて認めた。”可能性は十分にある、この仮説は存在する。もうすぐだよ」とようやく言ってくれた。とはいえ、思い切ったことはせずに。 その3日後に最初の説明をしたのは、オリビエ・ヴェラン保健相だった。大臣はブルートメディアの取材に対し、予防接種パスをヘルスパスに変更することは、まさに「予防接種義務の偽装」であることを認めた。それなのに、なぜわざわざ行かないのか。大臣は、「予防接種を受けていない人をバーやレストランなどの公共の場に行かせないようにすることは、路上で捕まった人に100ユーロの罰金を科すよりも効果的です」と正当化した。議論は明確だ。強制的なワクチン接種は、日常生活での制限という戦略よりも複雑で効果的ではない。パリ・ソルボンヌ大学のアルノー・ベネデッティ准教授は、「実現可能性の問題が重要です」と指摘する。「論理的にはこの解決策の方がシンプルだとしても、構造的、政治的な制約から、実施するのは非常に複雑です。」 最後のカートリッジ しかし、その理由は実用性だけだろうか?タブーはフランスだけではない。ロシアから中国まで、権利や自由に最もうるさい人を含め、多くの国家元首がこのことに触れたがらない。中央アジアの権威主義政権であるタジキスタンとトルクメニスタン、そして2月に実施されるオーストリアの3カ国のみが踏み切った。アルノー・ベネデッティ氏は、「これらの国は、自国の制度が民主的であるとは言えない国ばかりです。」と語る。エマニュエル・マクロンのコミュニケーション戦略を分析した『Coup de com’ permanent』(éditions du Cerf、2018年)の著者である政治学者は、「フランス大統領のこのような決断は、私たちの価値観とはかけ離れた政権とあまりにも多くの関連付けをすることになる」と語る。 しかし、フランスでは何度か強制接種の問題が提起されている。2021年7月、デルタ型の大規模な感染拡大に直面したジャン・カステックス首相自らが、国会議員や選出された代表者に「ワクチン接種の義務化を議論しよう」と呼びかけた。MoDemの代表であるFrançois Bayrou氏をはじめ、いくつかの声がこのアイデアを支持した。8月末、社会党の選出議員は、2018年から新生児にすでに課せられている11種類のワクチンと同じように、抗コヴィドワクチンを制定することを提案する法案を提出した。上院ではすぐにテキストが埋まってしまった。共和国前進LREMの議員であるMartin Lévrier氏は、「これは完全に逆効果であり、最も抵抗的な人々をさらに図に乗せることになる」と反論した。 “手を差し伸べる””意識を高める””強制ではなく説得する”。これらの言葉は、2021年1月以降、行政が保持し、議会が従う立場を要約したものだ。この戦略では、強制的なワクチン接種は幹部にとっての「最後のカートリッジ」であると、Centre de recherches politiques de Sciences […]

“フランスの百田尚樹”の提案は、1990年代の共和国連合のものか?

2021年10月9日 Henri Kenji OIKAWA 0

極論を言えば、自分はかつての右翼政党のメンバーだと主張する。ジャック=シラク元大統領が設立したもので、「主権の尊重」を掲げていた。 それは、極右作家エリック=ゼムール氏が主張し続けている所属です。テレビに出演するようになってから、この候補者は、共和国連合(ジャック・シラクが1976年に設立したRassemblement pour la République党)をモデルとして持ち出す機会を逃しませんでした。フランソワ=ミッテラン元大統領の2期14年の任期中は野党として活動し、2002年には民衆運動連合(UMP)に吸収された。「国民主権と国家の独立、自由、責任、人間の尊厳に対する妥協のない敬意に基づく政策への支持」を訴えていた。 このようにして、私たちは政府との良好な関係を築くことができた。「若い人にとっては何の意味もありませんが、年配の方にとっては何か意味があるのです」と続けた。その数日前、エリック=ゼムールは共和国連合(RPR)を「否定され、裏切られた」政党であると考えていた。特に共和党(LR)、つまり「ドゴール将軍を裏切った」「中道の名士」たちに裏切られたのである。「RPRや旧右翼の価値観をどのように共有しているのか」と問いかけた。 まだプログラムを発表していない場合でも、この政治家は定期的に自分の「診断」とフランスへの提案を発表しています。では、RPRと同じものを守るのか? かつての党のロードマップは、1990年にさかのぼらなければわからない。3月31日、ヴィルパント(セーヌ=サン=ドニ)にて、RPRとフランス民主主義連合(UDF)の選出メンバーが集まり、「この問題はフランスにとって極めて重要である」として、移民問題について話し合った。ジャック=シラク元大統領からアラン=ジュペ元首相、そしてニコラ=サルコジ元大統領やロゼリン=バシュロ文化大臣まで、彼らは皆、政治的背景が右派にとって好ましくないことを知っていた。その2年前、フランソワ=ミッテランは再選を果たした。1984年の欧州選挙では10.95%の得票率、その後の大統領選挙では14.38%と、数年の間に国民戦線も明確な進歩を記録したのである。そのため、移民問題をジャンマリー=ルペン氏に独占させないことが急務であると考えられた。 右派は断固とした態度で、「国境を閉鎖する」「不法移民と亡命権の悪用に対抗する」「独立した移民監視機関を設立する」「家族再統合の問題を検討する」などの提案を発表した。また、「社会的給付を居住期間、国籍、相互扶助の条件に結びつける」ことや、「外国人の統合」のための「毅然とした確固たる政策」を実行することも提案さけている。 移民を「コントロール」するために、RPRは自治体が割り当てを設定できるようにすべきだと提唱し、「外国人の両親からフランスで生まれた若者が自動的に国籍を取得する現状」は「よくない」と考えていた。何度か、「フランスのムスリム」や「イスラム教」の問題も出てきた。そして、「フランス国民の大多数」が愛着を持っている「ユダヤ・キリスト教の伝統」を思い起こすことが必要であり、同時に「原理主義との戦い」や「イスラム教の統合」も必要である。「イスラム教の統合には、”和らげられた “イスラム教の出現が必要であり、それは “イスラム教が適応するかどうかにかかっている “」からである。 談話の強い共通点 第五共和制の歴史家で、L’énigme Pompidou / de Gaulle (Ed. Perrin)の著者であるArnaud Teyssierは、「この時期は、右派、特にRPRが特定のテーマについて非常に強い提案をしていた時期である」と述べている。死刑制度の復活や移民の規制強化を主張するシャルル・パスクア氏(1986年から1988年、1993年から1995年まで内務大臣)は、この党の強固な路線を象徴している。30年後、共和党よりも堅実でありたいと考えているエリック=ゼムールが擁護するテーゼには、多くの共通点があります。この極論者は、さまざまなスピーチの中で、市民権の廃止、家族再統合の廃止、連帯手当の国民優先、移民の廃止などを賞賛している。 さまざまな社会階級に手を差し伸べることを目指したRPRのように、エッセイストも「労働者階級と愛国的なブルジョアジーを結びつける、大衆的でボナパルティズム的な右派の集まり」を望んでいる。世論調査員で政治学者のジェローム=サントマリー氏が指摘するように、「RPRの労働者階級への影響力は常に限定的」であるため、これは危険な賭けである。「党が目指していた、人々を一つにするという使命を果たすことができなかった」と付け加える。 “イスラムに包囲された城塞” しかし、いくつかの点で、エリック=ゼムールはさらに進んでいる。RPRが「フランスで行われている第二の宗教の規則と共和国の法律との間の互換性の問題」を指摘したのに対し、この極論者はフランスを「イスラムに包囲された城塞」と呼んでいる。また、イスラム教は「フランスとは相容れない」と考え、「脱皮の現象」と「文明的」になった問題を指摘しています。また、この元ジャーナリストは、1993年に廃止された1803年の法律に戻すことも提案している。この法律は、新生児のファーストネームをフランス人とみなされるものに限定するというものだった。 […]

エマニュエル・マクロンが「千の顔を持つ英雄」ジャン=ポール・ベルモンドに敬意

2021年10月6日 Henri Kenji OIKAWA 0

アンヴァリッドでは、エマニュエル・マクロンが「千の顔を持つ英雄」ジャン=ポール・ベルモンドに敬意を表しました。 共和国大統領は、月曜日に88歳で亡くなった俳優に敬意を表し、木曜日に賛辞を述べました。感動的なセレモニーには、家族、映画界の友人、そして彼を愛する人々が出席しました。 拍手は何分も止むことなく続き、まるで俳優と自分をつなぐ千の糸の最後の一本を誰も切りたくないかのようだった。ジャン ポール ベルモンドの棺がアンヴァリッドの中庭を後にしたとき、共和国軍のオーケストラが奏でるエンニオ モリコーネの『Chi mai』(映画『Le Professionnel』の賛歌)の音に、映画関係者や、9月9日(木)にカンヌ映画祭代表ピエール・レスキュールが彼を見事に表現した「国民的友人」への賛辞に参加することを許された1,000人ほどの崇拝者の間には、何の感情もなかった。 9月6日(月)に88歳で亡くなったジャン=ポール・ベルモンド氏は、エマニュエル・マクロン大統領が5年間の任期開始以来、アンヴァリッドで祝った10回目の式典で、あらゆる栄誉を授けられた。”巨人の中の巨人”、国家元首にとっては “千の顔を持つ英雄 “であり、「フランスと結婚した」「我々の “栄光の30年 “のすべての激動の顔であった」と賞賛した。孫のビクター・ベルモンド氏は、「エース・オブ・エース」の他の5人の孫と末娘のステラさんに囲まれて、「永遠の太陽」であると語りました。また、27歳の俳優は、「彼は生涯を通じて、幸せを探すことをやめませんでしたが、何よりも幸せを与えることをやめませんでした。」と語った 「コップでもローグでも常に美しい」 80本の映画に出演した “ベベル “の卓越したキャリアの証として、何世代にもわたって俳優たちが出席を求めてきました。感動したジャン・デュジャルダンの周りには、ジル・ルルーシュ、ナタリー・ベイ、リチャード・アンコニーナ、パトリック・シェネ、ギヨーム・カネ、マリオン・コティヤール、アルベール・デュポンテル、ジュリー・ガイエ、コスタ=ガヴラスやミシェル・ハザナヴィシウスの監督たちがいたし、90歳のピエール・ヴェルニエは、ベルモンドがジャン・ロシュフォール、ジャン・ピエール・マリエル、クロード・リッチ、アニー・ジラルドと肩を並べた「音楽院組」の最後の代表者だった。 また、ルイス・フェルナンデス、元ボクサーのルイ・アカリエス、ブラヒム・アスラム、フィリップ・キャンデロロなど、彼が情熱を傾けるスポーツ界の著名人も来ていました。 葬儀は金曜日の朝、サンジェルマン・デ・プレ教会で家族と一緒に行われました。これまでにジャック・シラク元大統領だけがこの特典を受けており、俳優の人気の高さを物語っている。 エマニュエル・マクロンは、痛みを抑えるかのように、弔辞の最後に「そして、死ぬことは何でもない、生まれることを終えることだ」と述べました。エドモン・ロスタンの有名なキャラクターにインスピレーションを与えた人物、サヴィニエン・ド・シラノやド・ベルジュラックの本から引用した一文。1990年代初頭、ジャン=ポール・ベルモンドが劇場で彼を演じた。これも寂しい限りだ。 https://www.lemonde.fr/culture/article/2021/09/10/aux-invalides-emmanuel-macron-a-salue-jean-paul-belmondo-heros-aux-mille-visages_6094093_3246.html

2022年大統領選:”干渉”はEELV予備選の結果に影響を与えるか?

2021年10月5日 Henri Kenji OIKAWA 0

極右政党「国民戦線」と「服従しないフランス」の活動家たちは、サンドリーヌ・ルソーに投票する予定です。これらのエントリー主義の試みは、選挙の結果を変えることができるでしょうか? 欧州エコロジー=緑の党 (EELV)が企画した大統領予備選2021は、エコロジストの枠を超えて議論を巻き起こしています。EELV、Génération.s、Génération écologie、Cap écologie、Mouvement des progressistesを束ねるエコロジスト連合のメンバーは2万人しかいませんが、9月16日(木)から19日(日)に行われる第1回投票では、122,670人が投票登録をしています。 数週間前から、「服従しないフランス」(France Insoumise)の活動家たちは、ソーシャルネットワーク上で、大統領選挙での提携を夢見る最も急進的な候補者であるサンドリーヌ・ルソーに投票するために登録したことを表明している。一方で、エコ・フェミニストの立候補は、別の理由からも魅力的です。例えば、「Génération identitaire」の元スポークスマンであるDamien Rieu氏は、「エコロジーの真の姿」を示すために彼女に投票するために登録したと述べています。また、国民議会のスポークスマンであるSébastien Chenu議員は、「悪質なシステム」を非難するためにSandrine Rousseauに投票したいと考えています。 エコロジストとは無関係の活動家や選良が登録することで、EELV大統領予備選の結果に影響を与えることができるのでしょうか? ここ数日、EELVのリーダーは干渉のリスクについて安心させてくれています。サンドラ・レゴルは9月13日、ハフポストの取材に対し、「Neovote社(今回の選挙で選ばれたサービスプロバイダー、編集部注)が使用した統計フィルターによると、第一次選挙での不正を約束するスピーチやメディアの誇大広告にもかかわらず、大規模な干渉はなかった」と述べ、プラットフォームでは「問題となったいくつかの登録の波を削除した」と付け加えました。RMCによると、「Damien RieuやSébastien Chenuのような極右の人物」は、「エコロジストの価値観を尊重していない」という理由でリストから除外されているそうです。 また、Neovoteプラットフォームでは、複数のIDで登録して予備選挙の倫理的ルールを守らなかった数百人を削除しました。「私たちのサービスプロバイダーは、同じコンピュータ、同じ電話、同じ銀行口座から来る可能性のある票のチェックに多くの時間を費やしていました。私たちは、大量のハッキングに直面しているわけではないと言われました。常に頭の良い人がいるとしても、この種のプロセスではすべてが正常であると言われました」と党の経営陣は語った。 前例? これまでに実施された数少ない公開予備選挙では、特定の候補者を勝たせるために外部の活動家が干渉したという噂がありました。”2011年、左派の開かれた大統領予備選では、質問がありました。セゴレーヌ・ロワイヤル元保健相(※2007年フランス社会党・大統領候補でオランド前大統領の元パートナー)が勝利するのではないかと予想していた人もいました。結局、この一次選考は彼女にとって屈辱的なものでした」と、シノベイト・フランスの副局長であるBrice Teinturierは振り返る。 右派が予備選挙を行った2016年には、多くの左派の有権者が、自分の信念に最も近い候補者であるアラン・ジュペに投票することを表明した。BFMTVのためのエラベ社の世論調査によると、第1ラウンドの有権者の15%が左派系の有権者でした。その結果、右派色の強いフランソワ・フィヨン候補が44.1%の得票率でトップに立ちましたが、何もできませんでした。第2ラウンドでは、前首相・フィヨン氏がアラン・ジュペ氏に大差をつけて66.49%の得票率を獲得しました。 Brice Teinturier氏によると、これらの有権者は「選挙を変質させた」わけではありません。”ファンタジー “が多かった。このような有権者がサルコジに投票したかったのは、サルコジが最も叩きやすいからだと言う人もいれば、サルコジを排除したかったのだと言う人もいる。実際のところ、多くの人は単にアラン・ジュペに親近感を持ったから来たのだと思います」と彼は説明する。 […]

マンデラ大統領の逝去から5年 オバマ前大統領が追悼演説

2021年9月25日 Henri Kenji OIKAWA 0

公職を離れてから初めての大規模なスピーチとなるバラク・オバマ元大統領は、南アフリカのヨハネスブルグで「2018 Nelson Mandela Annual Lecture」を2018年7月17日に行った。翻訳は日仏共同テレビ局France10支局長の及川健二が手がけた。 Yes, we can❕ オバマ大統領:(歓声と拍手)ありがとうございます。本当にありがとうございました。どうもありがとうございました。ありがとうございます。本当にありがとうございました。(笑い声) AUDIENCE Yes, we can! Yes, we can! Yes, we can! オバマ大統領:ありがとうございます。ママ・グラサ・マッシェル、マンデラ家の皆さん、マッシェル家の皆さん、この偉大な国に新たな希望をもたらしているラマフォサ大統領、(歓声と拍手)、教授、博士、来賓の皆さん、ママ・シスル、シスル家の皆さん、南アフリカの皆さん、(歓声と拍手)、歴史上の真の巨人の誕生と人生を祝うために皆さんと一緒にここに集うことができ、大変光栄に思います。 まず最初に、訂正と告白をさせてください。訂正は、私はダンスがとても上手いということです。(笑)それだけははっきりさせておきたいですね。ミッシェルはもう少し上手です。 告白です。1つ目は、私は正確にはここに招待されたわけではありません。グラサ・マッシェルにとてもいい意味で命令されてここに来ました。(乾杯) 告白その2:地理を忘れていて、南アフリカは今、冬だということを忘れていました。(コートを持ってこなかったし、今朝は長ズボンを履いていたので、誰かをショッピングモールに行かせなければなりませんでした(笑)。(笑)私はハワイで生まれました。 告白その3。スタッフから講演の依頼を受けたとき、蝶ネクタイとツイードを身につけた堅苦しい教授たちのことを思い出し、これも白髪や少し視力が落ちてきた人生のステージのひとつなのかなと思いました。私の娘たちは、私が話すことは何でも講義だと思っていることを考えました(笑)。(記者会見での私の長ったらしい回答に、アメリカの報道関係者が苛立っていることも考えました。しかし、私たちが置かれている奇妙で不確かな時代を考えると、そしてそれは奇妙で不確かな時代であり、日々のニュースサイクルがより頭を悩ませる不穏な見出しをもたらしていることを考えると、少し離れて考えてみることが役に立つのではないかと思いました。この講演では、私たちがどこにいて、どのようにしてこの瞬間にたどり着いたのかを振り返ることで、次に進むべき道筋を示したいと思います。 100年前、マディバはMという村で生まれました。ムベソ […]

南アフリカ共和国元大統領ネルソン・マンデラ氏追悼式典におけるオバマ大統領の挨拶

2021年9月25日 Henri Kenji OIKAWA 0

2013年12月10日に行われたネルソン・マンデラ氏の追悼式で、バラク・オバマ大統領は、マンデラ氏の死は自分自身を振り返る時であると述べました。 「私たちの立場や状況にかかわらず、正直な気持ちで、彼の教えをどれだけ自分の人生に生かすことができたかを問わなければなりません」。オバマ大統領はこう語りました。「これは、一人の人間として、また一人の大統領として、私自身に問いかけていることです。南アフリカと同様に、米国も何世紀にもわたる人種的な抑圧を克服しなければならなかったことを私たちは知っています。この国でもそうでしたが、新しい日の夜明けを見るためには、知られている人も知られていない人も含めた無数の人々の犠牲が必要でした」と述べています。) 歴史的なマンデラ追悼スピーチ オバマ大統領:ありがとうございました。 (拍手)ありがとうございました。 ありがとうございました。 グラサ・マッシェル氏とマンデラ家の皆様、ズマ大統領と政府関係者の皆様、過去と現在の各国首脳の皆様、ご来賓の皆様、本日、皆様とご一緒できることを大変光栄に思っております。 南アフリカの人々、(拍手)、あらゆる人種、あらゆる生活様式の人々、ネルソン・マンデラ氏を私たちと共有してくださったことに世界が感謝しています。 彼の闘いはあなたの闘いであり、彼の勝利はあなたの勝利です。 彼の勝利はあなたの勝利でした。 あなたの尊厳と希望が彼の人生に表現されています。 そして、あなた方の自由と民主主義が彼の大切な遺産です。 人生を構成する事実や日付だけでなく、一人の人間の本質的な真実、つまりその人の私的な喜びや悲しみ、その人の魂を照らす静かな瞬間やユニークな資質を言葉で表現することは、どんな人間であれ、弔辞を述べることは難しい。 しかし、国家を正義に向かわせ、世界中の何十億人もの人々を感動させた歴史上の巨人をそうすることは、どれほど難しいことでしょうか。 第一次世界大戦中に生まれ、権力の中枢から遠く離れた場所で牛の群れを飼い、テンブ族の長老から手ほどきを受けて育った少年、マディバは、20世紀最後の偉大な解放者として登場します。 ガンジーのように、彼は抵抗運動を指導することになるが、その運動は当初は成功する見込みがほとんどなかった。 キング牧師のように、抑圧された人々の主張と人種的正義の道徳的必要性を力強く訴えた。 彼は、ケネディとフルシチョフの時代に始まった冷戦末期の残酷な投獄生活に耐えることになる。 牢獄から出てきた彼は、武器を持たずに、エイブラハム・リンカーンのように、国がバラバラになりそうなときに国をまとめることになる。 そして、アメリカの建国の父のように、将来の世代のために自由を守るための憲法秩序を構築する。民主主義と法の支配へのコミットメントは、選挙で選ばれただけでなく、たった1期で権力の座から退くことを望んだことでも立証されたのである。 ネルソン・マンデラ氏は、その人生、業績、そして当然のように得られた称賛を考えると、微笑みをたたえ、穏やかで、劣った人間の陰湿な問題から切り離されたアイコンとして記憶したくなると思います。 しかし、マディバ自身は、そのような生気のない肖像画に強く抵抗しました。 (拍手)代わりに、マディバは自分の疑問や恐れ、勝利と誤算を私たちと共有することを主張しました。 「私は聖人ではない」と彼は言った。「聖人とは、努力し続ける罪人のことだと思えば別だが」。 私たちが彼を愛したのは、彼が不完全さを認めることができたからであり、彼が重い重荷を背負っているにもかかわらず、ユーモアといたずら心にあふれていたからである。 […]

ジョン=マケイン上院議員のあまりにも素晴らしい敗戦演説

2021年9月25日 Henri Kenji OIKAWA 0

共和党の大統領候補だったジョン=マケイン上院議員は2008年11月5日に、米国大統領選挙に当選が確定したバラク=オバマ上院議員の当選を祝し、敗戦の弁を述べた。歴史的な演説として評価は高い。翻訳は日仏共同テレビ局France10支局長の及川健二がてがけた。 歴史に残る感動的なスピーチ ありがとうございます。ありがとう、私の友人たち。この美しいアリゾナの夜に、ここに来てくれてありがとう。 皆さん、私たちは長い旅の終わりを迎えました。アメリカ国民の声が、はっきりと聞こえてきました。少し前になりますが、私は光栄にもバラク・オバマ上院議員に電話をしてお祝いを述べさせていただきました。 (群衆のブーイング) おめでとうございます。 私たち二人が愛するこの国の次期大統領に選出されたことを祝福するために。 今回の選挙戦のように長く困難な戦いの中で、彼が成功したことだけでも、彼の能力と忍耐力に敬意を表したいと思います。しかし、大統領選にはほとんど関係ない、影響力もないと間違って考えていた何百万人ものアメリカ人の希望をかき立てて、彼がそれを成し遂げたことは、私が深く尊敬するところであり、称賛に値します。 これは歴史的な選挙であり、アフリカ系アメリカ人にとっては特別な意味を持ち、今夜は特別な誇りを持つべきであると認識しています。 私は常々、アメリカは産業と意志を持つすべての人にチャンスを与える国だと信じています。オバマ上院議員もそれを信じています。 しかし、かつてアメリカの評判を落とし、一部のアメリカ人にアメリカ市民権の完全な恩恵を与えなかった昔の不正からはずいぶん遠くに来ているとはいえ、その記憶はいまだに人々を傷つける力を持っていることを、私たちはともに認識しています。 100年前、セオドア・ルーズベルト大統領がブッカー・T・ワシントンをホワイトハウスでの食事に招待したことは、多くの方面で憤慨されました。 現在のアメリカは、当時の残酷で恐ろしい偏見からは隔世の感があります。アフリカ系アメリカ人が大統領に選出されたことほど、その証拠となるものはありません。 今、理由がないように… 地球上で最も偉大な国家であるこの国の市民権を大切にしない理由は、今はもうありません。 オバマ上院議員は、自分自身と国のために偉大なことを成し遂げました。そして、彼の最愛の祖母がこの日を迎えることができなかったことに、心からの同情をささげます。しかし、私たちの信仰は、祖母が創造主の前で安らかに眠っていること、そして自分が育てた善良な男をとても誇りに思っていることを保証しています。 オバマ上院議員と私は、これまでにも意見の違いを議論してきましたが、彼はそれを克服しました。しかし、そのような違いの多くはまだ残っています。 今は、私たちの国にとって困難な時代です。今夜、私はオバマ上院議員に、私たちが直面している多くの課題を解決するために、彼が私たちを導くのを助けるために全力を尽くすことを誓います。 私は、すべてのアメリカ人に呼びかけます・・・。私を支持してくれたすべてのアメリカ人に、単に彼を祝福するだけでなく、次の大統領に私たちの善意と、相違点を埋めるために必要な妥協点を見つけて協力する方法を見つけるための真摯な努力を提供し、繁栄を回復し、危険な世界で安全を守り、私たちの子供や孫たちに私たちが受け継いだよりも強くて良い国を残すために、私と一緒に協力してくれることをお願いしたいと思います。 どんな違いがあっても、私たちは同じアメリカ人です。私にとってそれ以上の意味を持つ団体はないと言っても、どうか信じてください。 それは自然なことです。今夜、多少の失望を感じるのは当然です。しかし、明日からはそれを乗り越えて、国を再び動かすために協力していかなければなりません。 私たちは精一杯戦いました。惜しくも失敗しましたが、その失敗はあなたではなく私のものです。 (群衆:「ノー!」) 私はとても… (群衆が詠唱を始める) […]

支え合い、分かち合う正義に満ちたフランスを創る・護る・救う-オリヴィエ=フォール「社会党」党首が党大会で演説

2021年9月24日 Henri Kenji OIKAWA 0

2021年9月19日(日)に開催されたヴィレルバンヌ会議で行われたフランス社会党・党大会でオリビエ=フォール「社会党」第一書記(党首)は演説を行った。 演説は日仏共同テレビ局France10支局長の及川健二が翻訳した。 ☆☆☆ 親愛なるCédric、歓迎してくれてありがとう、言葉をかけてくれてありがとう、イメージを伝えてくれてありがとう。 この新世代の選出された代表者たちの 親愛なるヤンさん、そしてローヌ地方連合の同志の皆さん、あなたのコミットメントに感謝します。 と、ここではこの言葉には特別な意味があります。 親愛なるジャン・ポール、もしこの大会が法定期限内に開催されていたら、私たちを歓迎してくれたのはあなただったでしょうが、20年後には しかし、20年間の非常に充実した任務の後、あなたはそのバトンを引き継ぐことができました。 バトンを渡します。受け取ったものを伝えていくことで、1世紀にわたってこの街をモデルにしてきたのです。 this city a model. 親愛なる同志の皆さん。 Lazare Goujon. この名前は、あなたにとって何の意味もないかもしれません。ここから数ブロック先の広場には、彼の胸像が飾られています。 彼の胸像は、ここから数ブロック離れた、パレ・デュ・トラヴェイルとテアトル・ナショナル・ポピュレールの間の広場に飾られています。 彼の名前はあなたにとって何の意味もないかもしれませんが、彼の遺産はあなたに知られています。の地区があります。 Gratte-ciel地区、それは彼のおかげです。 尊厳を取り戻すために建てられた都心の社会住宅です 当時、工場の真ん中に押し込められ、ひどい生活をしていた労働者の家族に尊厳を与えるために このような状況でも、彼はそれを望んでいたのである。 これらの住居は、暖房と水道が質素な家族の生活の一部となり、以下のことを可能にしました。 […]

立ち上がり、共に闘おう-ジョン=マケイン上院議員が共和党大統領候補指名受諾演説

2021年9月24日 Henri Kenji OIKAWA 0

バラク=オバマ大統領とその地位を争ったジョン=マケイン上院議員は2008年の共和党大統領候補としての指名受諾演説で次のようにスピーチした。 翻訳は日仏共同テレビ局France10支局長の及川健二が手がけた。 私たちが歴史を作る ありがとうございます。皆さん、どうもありがとうございました。ありがとうございました。 今夜、私はアメリカ人の中でも限られた人にしか与えられない特権を持っています。 我が党の大統領候補として指名を受けました。 (拍手) ありがとうございます。ありがとう そして、私はこの指名を… (拍手) ありがとうございます。感謝と謙虚さと自信を持ってお受けします。 私の人生では、良い戦いなくして成功は得られませんでした。 今回の指名も同じでした。これは、私に反対した候補者とその支持者に敬意を表したものです。 これは、私に対抗した候補者とその支持者への賛辞です。彼らは優れた能力を持つリーダーであり 私たちの国を愛し、より良い時代に導きたいと願っています。彼らの支持は 私にとって忘れられない名誉です。 私は、アメリカ史上最悪の攻撃を受けたこの暗黒の時代に私たちを導いてくれた米国大統領に感謝しています。 アメリカ史上最悪の攻撃を受けたこの暗黒の日々を導いてくれた大統領に感謝しています。 (拍手) アメリカ史上最悪の攻撃を受け、多くの人が考えていた別の攻撃から私たちの安全を守ってくれました。 また、多くの人々が避けられないと考えていた新たな攻撃から私たちを守ってくれました。 そして、ファーストレディには… (拍手) 公私ともに優美で親切な模範であるローラ・ブッシュ大統領夫人に。 公私ともに気品と優しさのお手本です。 […]

エマニュエル=マクロン「フランス共和国」大統領によるボーヴォー安全保障会議終了時の演説

2021年9月24日 Henri Kenji OIKAWA 0

マクロン大統領は9月13日にボーヴォーにて国家警察官・国家憲兵を前にして演説を行った。 日仏共同テレビ局France10支局長の及川健二が全文を翻訳した。 マクロン大統領 マダム・ディフェンダー・オブ・ライツ 閣僚。 市長さん。 国会議員の皆様、こんにちは。 舎人です。 部会の会長さん。 地域協議会の会長さん 都の社長さん。 市長の皆様 選出された代表者の方々のご挨拶 マダム・ディレクター、ディレクター 司法当局の代表者。 紳士淑女の皆様、各国代表の皆様。 皆さん、国家憲兵隊の兵役評議会のメンバーの皆さん。 紳士淑女、警察官、ジャンダルム、事務職員の皆様、遠くからこのスピーチを見ている方もいらっしゃると思います。 レディース&ジェントルマン 警察官、ジャンダルム、治安判事、選挙で選ばれた代表者、そして市民が一堂に会するこのような安全保障に関するイベントは、そうそうあるものではありません。それなのに、当たり前のことをしているはずだ。なぜなら、セキュリティは、国民の皆さんにはっきりと伝えたいのですが、単に国内のセキュリティ部隊の問題ではないからです。確かに、安全保障は、共に立ち上がらなければならない我が国の義務であり、大義名分でもあります。なぜなら、セキュリティは私たちの自由の第一のものであり、これがなければ他の自由は損なわれ、弱体化してしまうからである。 そのため、昨年2月に「Beauvau of security」を立ち上げることにしました。それは、一部の人々が法と秩序の力に対して、あたかも陣営のように耐え難い戦いを挑み、その過程で共和国の原則を忘れてしまったことにあります。警察は法と共和国そのものに奉仕しています。一部の市民と彼らを守る人々との間の信頼関係が弱まり、複数の論争や攻撃が行われていますが、ここ数日で再び明らかになったように、警察官、ジャンダルム、平和を守るあなた方に存在する意味が失われていると感じています。私たちは、数ヶ月に渡って国中で行われたこの綿密な作業により、すべてを見直し、上級士官や若い新人、現場の女性や男性、管理者、選挙で選ばれた代表者、専門家、労働組合、ジャーナリスト、そして市民を結びつけ、まず診断を行い、次に新たな解決策を導き出そうとしました。 内務大臣に感謝いたします。内務大臣は、このまたとない機会を捉えただけでなく、皆さんと一緒にこの仕事を行い、提案し、行動に移すために、緊急性や日常性を超えた努力を惜しみませんでした。その甲斐あって、期待通りの結果となり、希望通りの提案を受けることができました。この運動を立ち上げた人のために言いますが、この提案は皆さんの仕事の成果です。今回のボーボーでは、まず診断を行い、この数年間のフランス人の安全を確保するための活動を振り返ることができました。ジェラール・コロム、クリストフ・カスタナー、ローラン・ヌニェス、そして今日のジェラルド・ダルマナンとマルレーヌ・シヤッパのリーダーシップのもとで行われた活動です。すべてが完璧ではありませんが、多くのことを成し遂げました。 2017年は、テロとの戦いの武器を強化することから始めました。情報機関、地域情報機関、およびDGSIのリソースを増やし、2015年に比べてスタッフが1,900人増え、予算も2倍になりました。この場にいる局長は、局長がどれだけ努力を惜しまなかったか、そしてその側には、このテロとの戦いに関わる省内のすべての部局があることを知っています。国による大規模なコミットメントを行いました。必要だったからこそ、想定される。同時に、情報やテロとの戦いのための国家的な調整を行いました。我々はDGSIの「頭」の原則を定め、内部の安全保障とテロとの戦いに関する法律を公布したことで、我々のサービスと同胞の保護を解除することなく、非常事態から脱却することができた。今日、私たちは法的にも、技術的にも、そして人間的にも、より良い武装をしています。しかし、私たちはこの仕事をたゆまず続けなければなりません。なぜなら、脅威はそこにあり、適応し、絶えず変化しているからです。そして、この警戒社会こそが、私たちが構築し続けなければならないものなのです。この際、2015年11月にフランスが耐えなければならなかった同時多発テロの犠牲者とその家族、そして私たちが今経験している試練にも思いを馳せたいと思います。 […]

アンヴァリッドで行われたアウシュビッツからの帰還者・シモーヌ・ヴェイユセ元保健相の追悼式典

2021年9月20日 Henri Kenji OIKAWA 0

フランス大統領は、2017年7月5日水曜日にアンヴァリッドでシモーヌ・ヴェール元保健相の思い出を称え、ヴェイユさんのパンテオン入りを発表しました。 日仏共同テレビ局France10及川健二は式典を取材した。マクロン大統領のスピーチを全文掲載する。 アウシュビッツからの帰還者 親愛なるジャン、親愛なるピエール=フランソワ、親愛なるVEILファミリーの皆さん。 大統領を歴任された皆様へ 紳士淑女の皆様、政府首脳の皆様。 皆さんの階級と能力に応じて、紳士淑女の皆さん。 あなたの数、あなたの資質、あなたの存在、そしてここに一緒にいる多くの仲間たちの存在が、この瞬間の重要性を生きた証拠としているのです。 シモーヌ・ヴェイユに国民を代表して敬意を表し、彼女の2人の息子たちの力強く痛烈な証言の後、公式のスピーチの義務的なスレッドを一瞬中断して、この人生について考えてみましょう、それは決して私たちを驚かせることはありません。 私たちはその苦しみを測ることはできないでしょう。それは、最愛の母イヴォンヌ、父アンドレ、兄ジャンが亡くなった死のキャンプでの黒い体験であったり、その後、強制送還の仲間であった妹マドレーヌや甥のリュックの事故死であったりしますが、魂を打ち砕くような深く激しいものです。息子のクロード・ニコラの早すぎる死、そして最後にアントワーヌの死です。アントワーヌは今日、私たちの思考と心の中に存在しています。なくてはならない存在であり、いつもアイデアや物語であふれていて、陽気で心がしっかりしているアントワーヌです。 しかし、この人生の無敵の熱気、正しいことや良いことへの深い衝動、そしてそれを勝利に導くためのたゆまぬエネルギーを正確に量ることはできないだろう。そう、この女性の人生は、私たちの視線の先に、戻るべきではない奈落の底と、彼女以外には知り得ない輝かしい勝利を与えてくれるのである。 この存在の謎、性格の謎、常識を覆し、私たちに多くの敬意と魅力を抱かせるこの謎に、フランスでは、私たちの国民的な才能にしっかりと根ざした名前をつけています。この名前はグランデです。この偉大さは、彼女が次々と戦った戦いの偉大さであり、時には他の人と同時に戦った戦いの偉大さであり、それらは世紀の戦い以上でも以下でもなかったからである。 アルジェリアの刑務所でレイプされたり、飢えたり、殴られたりした女性たちを、政治難民としてフランスに移送するという彼女の取り組みは、今でも私たちを驚かせる容赦のない寛大な明晰さを持っていた。中絶が行われていた卑劣で殺人的な環境に終止符を打ち、中絶を助長する社会的偽善にも反対した彼女の戦いは、私たちの現代性の歴史の中で重要な部分を占めています。 彼女が欧州のために戦ったのは、欧州議会議員、そして初代欧州議会議長に選出された時からではありません。それはさらに、彼女の存在そのものにまで遡ります。それは1945年にさかのぼる。強制送還の傷は癒えていなかったが、それでも彼女はドイツとの絆を取り戻したいと思っていた。 彼女の親戚の一人が、シモーヌ・ヴェイユがドイツやドイツ人について少しでも苦言や傷つく言葉を言ったのを聞いたことがないと言っていました。彼女はヨーロッパを愛し、常にヨーロッパを擁護していた。国が疑念を抱くような時も、他人から批判されるような時も、彼女はそこにいた。彼女は、ヨーロッパの夢の中心には、何よりも自分が懸命に戦った平和と自由の夢があることを知っていたからです。 しかし、彼女はこの和解の条件として、死刑執行人を忘れること、さらには許すことを求めなかった。それどころか 彼女は、記憶とは、考えられないようなことが二度と起こらないようにするためにあるのであって、恐怖を和らげるためにあるのではないと考えたからです。私はこの中庭で、多くの人が何も言わずに準備していた長い年月の間、彼女の苦悩に多くの仲間がいたことを目の当たりにしました。彼女はショーの記憶のための財団の理事長として、このような緊急事態のラインを観察していた。忘却の彼方に何も与えず、すべての痕跡に実体を与え、顔と名前を取り戻し、和解させる。 他にも、国連での世界人権宣言の批准のための戦い、社会的保護のための戦い、ヴァレリー・ジスカール・デスタン、ジャック・シラク、フランソワ・ミッテラン、エドゥアール・バラデュールらとの大臣としての戦い、ユーゴスラビアでの人権のための戦い、そしてどこでも、常に、女性のための戦い、人種差別や反ユダヤ主義との戦いへのコミットメントなど、実に多くの戦いが思い浮かびます。しかし、時代の流れは、彼に強硬な決意をさせる多くの理由を与えた。 しかし、それだけではありません。彼女は、社会やモラルがそれを採用する前、大多数がそれを採用する前に、しばしばこれらの戦いを行った。彼女は、一般的な意見の前では正しいことが多く、反対のことも多かった。シモーヌ・ヴェイユは、難攻不落と言われたバスティーユを単独で襲撃した共和国のスカウトマンであり、それにもかかわらず、バスティーユを奪ったのは、このようなことが可能であるとは信じていなかった私たちや、ときには無関心からスキャンダルの繁栄を許していた私たちにそれを提供するためであった。 今日、共和国はこれらの戦いを戦ったことを誇りに思っています。しかし、私たちは常にこのJustに対して公平であっただろうか?彼女の勇気に報いるのは、しばしばある人の毒々しい憎しみや、ある人のひどい侮辱だった。この時、彼女は傷を負いましたが、決して負けたわけではありません。彼女は、開拓者の孤独を知り、既成の秩序を乱し、一般の人々の眠りを妨げる者に与えられる残酷な運命を知っていたからである。勝利はこの価格で得られたものであり、勝利は真の意味でのプライスレスであったからだ。 自由もこの値段で、シモーヌ・ベールは断固としてそれを選んだ。彼女は、最も美しい征服を達成し、永遠に確立されると思われていたものを変える、行動に移されたときの、難解で警戒心の強い反抗心の中で、端に立つ方法を知っていました。しかし、この強さはどこから来たのか、正義のために戦うという不変の意志は?彼女がいつも本当の道を示す内なる羅針盤は何だったのか?どうして彼女は戦いの中で一度もミスをしなかったのか? これに対して、それぞれの人が、自分が彼女について知らなければならなかったことに応じて、自分の答えを持ってくる。その秘密は、彼女が幼い頃に経験した「恣意性」と「悪」にあるのではないかと私は考えています。 このことから、彼女はすぐに、人生の不変のモラルを導き出した。苦しみは一つの権利しか与えません。それは、彼女の心の中にある言いようのない痛みから生まれた絶対的なもので、人を助け、守ること、特に弱い人を助けることでした。 私たちは、彼女がしばしば権力者に厳しく接していたことを知っています。しかし、彼女はいつも弱い者には優しかった。彼女が女性を守ったのは、女性だからではなく、男性の力によって屈辱を受けたからです。 この点についても、他の多くの点と同様に多くのことがなされなければなりません。彼女が最後まで生き生きとしていた怒りと行動力を、私たちはどれほど必要としていることでしょう。 […]

マルセイユで雨が降ってきても即興で乗り切ったマクロン大統領の歴史的演説

2021年9月20日 Henri Kenji OIKAWA 0

MARSEILLE EN GRAND 2021.9.2 市長、あなたのスピーチ、あなたの大志と言葉に感謝します。 大臣や知事、レディース&ジェントルマン、国会議員の皆さん、県議会議長、エクス・マルセイユ都議会議長、ご列席の皆様、そして彼らに言及するにあたり、地域評議会議長にも思いを馳せています。 親愛なる友人たちへ 私は昨日、バサンからラ・ティモーンまで、港から学校まで、皆さんと時間を共にしました。。このマルセイユでは、皆さんのエネルギー、時には怒り、人生目標や前に進みたい意志を感じながら、この素晴らしい街を旅していました。 市長は私たちに歴史を、少なくともその一部を思い起こさせてくれました。私たちを匿ってくれる場所としてのフォカイアの首都、この南の首都の古代の起源についてでした。 多くの人に「なぜ、今なの?」と私に訊きました。第一に、手遅れになるということは決してないからです。次に、他の若者と同様に、covidが多くのプロジェクトを中止し、人々の野心を鈍らせた1年半の埋め合わせをしなければならないからです。したがって、今日の緊急課題は、これまで進めてきた多くのことをスピードアップすることです。しかし、私に言わせれば、時事問題や通常のビジネスのようなペースで進めることもありました。この時期の弱さや、野心が芽生えたときのリズムや強さを考え直す必要性は、誰もが経験していることだと思います。 そして、なぜマルセイユなのか?つまり、あなたは答えを持っていて、それは正当なものです。ですが、もしかしたら市長は少し偏っているのではないでしょうか?しかし、私が話している場所から、私はフランスのすべての都市に答えなければなりません。選出された彼がなぜそこへ行くのか。どれだけの約束をして、どれだけのことをするのか?という声が聞こえてきます。マルセイユはフランスで2番目に大きい都市で、パリの2.5倍の大きさがあり、答えの一部を示しました。ロンドンの2倍の広さを持つ大都市です。これらは、前例のない物理的な現実です。マルセイユは、まさに移民のパリンプセスト(洋皮紙)であり、このことが意味するすべての困難を伴うフランスを歓迎する世界都市です。それは、人々をその中心に迎え入れた都市であり、よく「ネイバーフッド」と呼ばれるものは、郊外やすべてがうまくいっている中心部から遠く離れた場所にあるのではなく、都市の中心部にあるものです。したがって、事実上、これらの課題は地理的な分裂に浸透しているのです。また、地中海の中心に位置し、気候的、地政学的、移民的な課題のすべての合流点にあるという立地条件から、機会だけでなく課題も増大している都市です。他の多くの大都市よりも貧しく、常に同じ地域で貧困問題が集中しています。そして、これらの地域では閉鎖的になり、住民は軟禁されるようになりました。このマルセイユの状況下でもエネルギーが満ち溢れ、学術的・文化的・経済的に優れており、ここには多くの人々が集まり、ある意味ではこれらの困難や亀裂から解放されることになるでしょう。また、この歴史ゆえに、長い間、地中海に背を向けてきた都市でもあります。地中海が危険なものではなく、支配の源であったからです。そして、それらは撤退されました。そして、政治的なバランスの変化により、周辺の都市に背を向けて撤退しなければなりませんでした。そのため、多元主義的なメトロポリスではあちらこちらで分断が起きています。 私は、国家の義務はマルセイユの人々に寄り添うことだと考えています。なぜなら、他の都市と同じような都市になると決めることは、このような困難の中で生き続け、苦しみ、自分自身のためにも、領土全体のためにも、国全体のためにも成功しないという行動をとることになるからです。私が深く信じているこの地中海で、果たすべき役割を果たすことができないのは事実です。今のマルセイユを成功させるためには、手を差し伸べることが第一ではなく、そこにある何かのきっかけを作ることが大切だと思います。それは国全体にとっても良いことです。 だからこそ、私は野心と謙虚さを持って皆さんの前に現れたのです。多くの野心がありますが、それに加えて、多くの現前化の後である自覚があるので、強い謙虚さもあります。昨日はまず、国会議員や選挙で選ばれた人たちと交流する機会がありましたが、そのときに率直に言われたことがあります。よく、首相や大統領から、何十億もの人々から話を聞くものだが、物事を変えることはできませんでした。いずれにしても、状況は変わっていません。そこで、「小切手の振り出しもプランも立てない方がいい」と確信しました。そして、パリから提案されたプランは、どのようなものになるのでしょうか。しかし、私たちは、失敗から学んで、この挑戦をまとめて成功させなければなりません。失敗したのは、困難の集中を過小評価していたからです。つまり、貧困や排除、同胞や我が国の国土や領土に流入してくる人々に重くのしかかる困難の2つです。そうすると、対応策は必然的に複数になります。一日にして成らず、隠されたレシピも魔法の公式もありません。第二に、このような状況に加えて、他の問題が発生しています。昨日見たように、都市や生活に寄生し、多くの地区の生活を混乱させる薬物問題などです。また、これまでは部門を過小評価していたと思われるからです。そして、多くの友情と、あなたと一緒に成功したいという思いを込めて言います。しかし、基本的には、国が組織的に数十億円を用意することができます。市民の行動がいつもバラバラで、地元の争いが進展を妨げていたら、この10億円は現場に届かない。でも、それは先に言った人のせいではありません。組織化して実行できない集団行動のせいです。計り知れないエネルギー、フランスでは前例のない若々しさ、そして都市やメトロポリスの一般的な関心事を定義することの難しさなど、すべてが同時に存在しているという事実に私は驚かされました。これは、マルセイユでの問題です。そして、それを解決できるのは国ではありません。しかし、国は助けたり、貢献したり、きっかけを作ったり、条件を整えたりすることはできます。私が皆さんに提案するのは、野心といくつかの要件です。 ご理解いただいているように、私は約束をしに来たのではありません。私が来たのは、約束をするため、そして、それを求めるためです。なぜなら、私の時間的な秩序の中には、もはや奇跡を起こす人はいないからです-すみません、モンシニョール-物事は今、別々になっています。しかし、この友愛の結果として、野心と要求の両方があります。なぜなら、要求のない友愛は、価値のない友愛だからです。このような状況の中で、私が皆さんに提案したいのは、緊急性に対応すると同時に、さらに先を見通すことです。 適応していく、修正していく、というだけでは、都市や運命、マルセイユ気質のようなものを映し出すことはできません。大きな夢を持つことです。だからこそ、切迫した緊急事態のニーズに一緒に応えようとし、発明し、夢を描き、このマルセイユを素晴らしいものにしようとし、それを一緒にやっていきたいと思います。 今はひとまず、緊急事態です。私は何も作り上げていません。2日間、選出された役人、協会、経済界、昨日はお母さんたち、そして家族の皆さんの話を聞きました。緊急事態とは、安全であり、社会であり、衛生の保障です。 安全保障上の緊急事態については、これまで何度も話し合ってきました。新しいことではないので、話しすぎとも言われていますが、それが習慣になってはいけません。これは確かに、特に近隣地域の状況と、人身売買との戦いでもあります。正直なところ、ここ数年、非行件数は減少しています。地域県知事や委任県知事、さらには県知事の権限下にあるすべての治安部隊の動員に敬意を表したいと思います。数字は改善されています。しかし、麻薬取引に大きく関連した暴力的な犯罪が増えています。これを前にした致命傷はありません。過去4年間、フランスは反ドラッグ事務所の設立、警察官の強化、CRSの2つの会社の設立などの手段を講じてきましたが、その結果、密売人の検挙数は過去1年間で60%増加し、薬物使用の手続きは7倍になりました。もちろん、私たちは物事を前進させており、これからもそうしていくつもりなので、気がかりではあります。このような組織化されたネットワークに直面し、生活を困難にするだけでなく、罪のない人々を若くして殺すことも躊躇せず、脅迫し、ゆすり取るような密売人に直面すると、もはやすべてが十分ではありません。だからこそ、人身売買に対する嫌がらせの政策を可能な限り現場で、海外のネットワークの責任者に至るまで遂行せねばならないのです。2021年にはすでに100人の警察官が着任し、2022年には200人の警察官が着任する予定です。これは、地域のニーズに対応するためであり、また、そうしないとすぐに密売人に乗っ取られてしまうような地域を叩き続ける必要があるためです。3月以降、CRSの2つの会社が追加されましたが、これは、最も問題の多い地域の最も敏感な軸上で安定した、継続的な警察の存在を可能にするものです。なぜなら、「平和に暮らす」ことは権利であり、最も困難な地域に住む家族、女性、男性の権利でもあるからです。そして、最後まで続けていきます。内務大臣の提案で、市長に北部地区のビデオ監視カメラの資金調達を私が提案したのもそのためです。市内には非常によく機能するネットワークがあり、その有用性を発揮しているが、その地図はある意味、交通地図のマイナス部分である。昨日はそれを見事に証明してくれました。そのため、カメラは販売店や貢献してくれる人にしっかりと認識されています。だからこそ、最も必要としている地域、最も貧しい地域にこのカメラを配備しない理由はないのです。ですから、今回のアクションに加えて、ファイバーと500台のカメラを必要とする地域に配備するための資金を提供します。 しかし、このようなことは、警察の嫌がらせと同時に、司法によるフォローアップがあってこそ意味があります。そしてここで、すべての判事に感謝したいと思います。最近到着した11人の判事に加えて、ネットワークの責任者を逮捕し、その罪をフランスで裁くために必要なすべての技術的手段を備えた司法警察の3つの新しい捜査グループが確認されています。また、法務大臣から要請された検査の後、追加のリソースが確認されます。なぜならば、警察にリソースを投入しても、司法制度に同じようなリソースを投入しなければ意味がなく、同じペース、同じ要件、同じ効率で進行できるからです。人身売買に対抗すると同時に、住民に安心感を与え、犯罪者を思いとどまらせるために、あらゆる場所で警察の存在を確保したいと思います。そして何よりも、この活動をヨーロッパや国際的なレベルでも実行し、ネットワークの責任者を追跡していきたいと考えています。また、今後数週間のうちに、欧州のパートナーと協力して、米国内で増加しているこれらのネットワークを解体するための取り組みを行います。 国も、警察の装備を整えるために資源を投入することで、その役割を果たします。2022年夏からマルセイユ警察官にデジタル捜査手段、新型車両、222台の車とバイクを装備するための800万ユーロ以上の予算を確保します。 また、1億5,000万ユーロをかけてこの地に新しい警察本部を建設し、13区と14区の警察署をそれぞれのニーズに合わせた方針で統合し、850万ユーロの資金を確保することで、部隊の責務に見合った労働環境と生活環境を確保しています。 ご理解いただいているように、安全保障上の緊急事態に直面して、私たちは投資を行い、現在行われている良い仕事を継続することを決定しました。私は、すべての警備隊員と執行官に敬意を表したいと思います。そして、私たちの仲間はこの要求を持ち、私たちに求めています。 私たちが緊急事態で取り組んでいる2つ目は、社会的なものです。そしてそれは、ある意味では安全保障上の緊急事態に関連しています。治安は常に、若者や悲惨さを利用し、犯罪性を発展させようとする人々の温床となる、静的で困難な症状です。都内の一部地域では、貧困率が40%、50%と記録的な水準に達しています。このような経済的貧困に加えて、利用可能な援助へのアクセスの欠如、不健康な住宅、劣化した公共スペース、公共交通機関からの距離、公共サービスの欠如などがあります。昨日、サミア・ガリ氏と話したように、私たちはグローバルなアプローチをとらなければなりません。セキュリティはともかく、すべての抑圧は明らかに意味がありません。すべての省庁、すべての地方自治体、教育や教育と並行してスポーツ、文化、住宅などで彼らを支援するために不可欠な役割を果たす協会を動員すること、そして、リンクビルダーの数を増やしていくことでしか実現できません。現在、マルセイユ市だけで1,700万ユーロを含む2,000万ユーロが都市政策部門に投資されており、集会場の建設、文化・スポーツ施設の改修、そしてこれらの連帯を募ります。ここ数ヶ月で60人の教育者が採用されましたが、さらに30時間、30人の調停者が手を貸しに来てくれることを願っています。 また、リカバリープランで行ったように、地域で家族を助けるための重要な仕事をしている団体と協力して投資を続けていきます。昨日は、ある意味ですべての公共政策の最初の中継地点であるバッセンの素晴らしい協会でそれを見ました。また、規格外の住宅に対する取り組みも強化しなければなりません。ここにいる誰もが、2018年11月5日にドーバーニュ通りで建物が倒壊して8人のマルセイユ人が命を落とした痛ましい記憶を覚えています。その際、私は、全会一致で得た「二度とない」という言葉を行動に移すべきだと強調し、リハビリテーションの目的について合意しました。ここでもまた、国は本来ならば独自の政策をとるところを、今後15年間で1万戸の住宅を再建するという目的を引き受けて、その責任を果たしたのである。ANAH(連邦政府庁舎)は即座に支援を行い、クレジットを3倍に増やしました。2019年7月、地方公共団体の会社が誕生しました。昨日は、選挙で選ばれた人たちが動員され、モチベーションを高めているのを見て嬉しくなりました。そして、もう一度改善する必要がありますが、昨日、私は市と都の協力関係についての確信とコミットメントを得ました。特に、2022年まで予定されていた1度だけの判決による不服申し立ての簡素化については、当初予定されていた期日には実際にはプロジェクトが存在しないために不服申し立てができず、ある意味では死文化となってしまう遅延を考慮して、この期日を延長し、すべての遅延を圧縮し続けることをここで述べたいと思います。ベル・ド・マイ、ノアイユ、オッシュ、ヴェルサイユ、そして街の中心部の再整備をすぐに始めなければなりませんが、すべての関係者の動員に期待しています。ゼネラル・マネージャーを任命し、物事が構築されました。 そして、3つ目の緊急事態は「健康」です。covidの試練は、研究者、医療関係者、消防士、ボランティア、消防団、協会など、有能な男女の連鎖にマルセイユがどれだけ頼れるかを示しました。皆さんは手ごたえのある役割を果たしてくれました。大統領、提督、医療界全体でのこのような動員に感謝します。そして、私はちょうどティモーネで私たちのケアラーの隣に選出された代表者と一緒にいました。しかし、私たちは常に耳を傾けなければなりません。当時の私は、マルセイユから発信されていたので、配慮しながら耳を傾けていました。テストは、マルセイユの他の場所よりも強く始まったことを忘れてはならない。廃水は、他の地域よりも早く始められた興味深い活動です。とはいえ、無意味なことをさせてしまったために、ワクチンの接種数も減ってしまいました。私は知っている人、つまり科学者や医師を信頼しています。そして、どこの国でもそうですが、このウイルスに直面した科学者や医師は、ワクチンを接種した方が良いと言っています。だからこそ、私たちは動員を続けます。しかし、私たちはこの時、マルセイユの医療システムの弱点を目の当たりにしました。NGOや協会の努力にもかかわらず、北部地区では他の地区よりもウイルスの進行が早いとしたら。今日、同じ地域で予防接種率が低いとしたら、それは地域の医療ネットワークが不足しているからです。そして、このことも考えなければなりません。だから、何もしていないという問題ではない。何もしていません。ヘルスセンターがあり、ヘルスセンターが存在していて、幸いなことに しかし、新しい医師や医療従事者がこれらの地区に投資するためには、現在、規模の変更が不可欠です。 APHMは明らかに、トレーニング、意識向上、ヘルスケア提供の組織化をサポートする重要な役割を担っています。先ほどティモーネでも申し上げましたが、国はこの素晴らしい機関を支援する用意があります。その一方で、総投資額の半分に当たる1億6900万ユーロが、ティモーネや北病院の修復、SAMU(公的緊急医療サービス)の新校舎の建設に充てられています。これは、私がここで敬意を表している地方自治体の努力と同等のものであり、あなたの街、メトロポリス、州、地域の特徴でもあり、前進し続けるという考えを私たちに強めてくれるものです。 […]

【フランス発】来日回数46回 最強の親日大統領 ジャック=シラクが遺したエスプリ

2017年12月6日 Henri Kenji OIKAWA 0

村山富市・首相からフランス共和国のジャック=シラク元大統領のエピソードを聞いたことがある。トンちゃんが河野洋平・外務相と橋本龍太郎・通産相を連れて、エリゼ宮で会談したときのことだ。 縄文土器と弥生土器の違いは? シラク大統領は次のような質問をしたという。 「縄文土器と弥生土器の違いは何か?」 「日本が元冠を二度も撃退したのは、神風のためだけか?」 「芭蕉が亡くなって今年は何年か?」 と語り、 「没後400年だというのに、それを知らない日本人が多く残念だ」 と話したとか。教養人であった橋本元首相が 「いえ、日本では芭蕉を偲び、芭蕉が歩いた道を旅する人はかなりの数いますよ」 と応えると、シラク氏は橋本氏に関心を持ち、相撲の大ファンのシラク氏が 「江戸式相撲は知っているか?」 と問うて、橋本元首相が事細かに応えると、二人は意気投合したという。   シラク氏の来日回数は46回で、いいちこを呑み、縄文土器を愛し、万葉集や奥の細道を愛読し、大相撲を好んでいる。在任中はシラク大統領に誰かが面会するときに、注意することとして、フランス特派員は次のようなことを進言した。   「好物の食べ物は『子牛の顔肉のビネグレット・ソース』であるとか、そんなことはこの際、気に留めなくても構わない。ただ、『大相撲の先場所で誰が優勝したか』だけは頭に叩き込んでおかなければならない。できれば、決まり手も覚えておくと望ましい。敢闘賞など三賞受賞力士、自分の出身県の力士について知識を開陳できれば完璧である。」   そうすれば、シラク大統領は椅子から転げ落ちんばかりに身を乗り出し、訪問者の言葉に耳を傾けるに違いないんだとか。 大の相撲好き フランス西部で大部数を跨る地方紙、『ウニスト・フランス』の社長フランソワレジス=ユタンが2000年2月に来日したときに知己の記者に次のようにコボしたそうだ。   「日本に来るほんの前、大統領に謁見したのだが、相撲のことばかり話すんだよ。昨日の取り組みはどうだったとか、今場所の優勝はこの力士に間違いないとか、残念ながら手想は外れたようだがね。後は、君は日本へ行けていいなあ、日本では絶対相撲を見るべきだ、と繰り返すのさ」   私と親交のある共同通信の軍司泰司・元パリ特派員によれば、シラク氏はパリ中心部フォーブルサントノレ通りの大統領府(エリゼ宮)執務室にあって、日本の大相撲の成績をほぼリアルタイムで知り尽くしていたという。 […]

【仏国】オランド大統領 シリア難民3万人の受け入れを表明 ISへの空爆も示唆

2015年9月10日 Henri Kenji OIKAWA 0

フランス共和国のフランソワ=オランド大統領は2015年9月7日、定例記者会見において、新たに2万4000人を超えるシリア難民を同国が受け入れると発表した。同国は5月下旬までに既に6752人のシリア難民を受け入れている。演説でオランド大統領は「人道的措置に依る」と強調した。現在、EU委員長がEU全土でシリア難民を12万人、受け入れるべきだと主張している。  同会見でオランド大統領は「イスラム国」(IS)が拠点とするシリアの関連施設を空爆するため、現地での偵察飛行を開始する方針も明らかにした。大統領は難民急増に対する危機感を訴えた上で「シリアの中心に介入しなければならない」と空爆に理解を求めた。 情報にはコストがかかります。France10はタブーなき自由な報道のために皆様からの御寄付によって支えられています。

原子力エネルギー依存度:仏下院が2025年までに75%⇒50%へ削減を決議

2014年10月13日 Henri Kenji OIKAWA 0

フランス国民議会(下院)は原子力エネルギーの依存度を2025年までに、現行の約75%から50%に削減する法案を可決した。同政策は、フランソワ=オランド大統領が2012年の大統領選挙で提示した「フランスのための60の約束」(Mes 60 engagements pour la France)のなかで41番目の政策として銘記されている。 成立した法案はエネルギー消費量を2050年までに、2012年に比べて、50%削減することを盛り込んでいる。最大野党のUMP(民衆運動連合)が強硬に反対したために、政府は中間目標として2030年にエネルギー消費量の20%を減らす修正案を加えた。 オランド政権は2007年「仏社会党」大統領候補だった党内重鎮のセゴレーヌ=ロワイヤルをエコロジー&持続可能開発&エネルギー担当相にあてるなど、エコロジー政策を重視している。 ※動画は2013年にオランド大統領が来日した際に仏大使館イベントで撮影したものです。 France10は皆様の御寄付によって支えられています。

歴史への挑戦者 フランソワ=ミッテランが遺した偉大なる叡智

2014年8月19日 Henri Kenji OIKAWA 0

今年でフランソワ=ミッテラン・元フランス共和国大統領が亡くなってから18年が経つ。一昨年は自身が大統領府の職に就け政界入りさせたフランソワ=オランド氏が17年ぶりに右派大統領を退け大統領に就いた。 ギリシアの哲学者・プラトンは人間を3種類に分けた。 死んでいる人。死んでは いないが、ただ生きているだけの人。そして三番目は、海に向かって旅立つ人。 海とは理想・大志・希望であり、ミッテランはまさに一生涯、海に向かって進んだ人である。 大統領選討論会でユーモアのある切り返し ジャンピエール=シュヴェーヌマン『共和国市民運動』名誉党首&現元老議員議員、昨年鬼籍に入ったピエール=モーロワ元首相らと共に1971年に社会党を結成し、ミッテランは第一書記(党首)となった。1981年、第五共和制になってから初めて社会党からフランス大統領に当選。在任中は有給休暇拡大、法定労働時間削減、大学入試廃止、死刑制度廃止や私企業の国有化、社会保障費の拡大を図った。だが、インフレの進行で、自由主義的政策に転換を余儀なくされたものの、何度かの保革共存を経て95年までの二期一四年間、大統領職を務めた。 10代後半からの極右運動やレジスタンス活動など、目まぐるしい人生を送ったミッテランは「私は最後の偉大な大統領になろう」といったともいわれる。自分のあとに続くのは、官僚的な政治家か普通の政治家しかいないことを予測してそう口にしたのだろう。氏の後に続いたジャック=シラク元大統領、ニコラ=サルコジ前大統領、オランド大統領をして、ミッテランやシャルル=ドゴールといった歴代大統領に匹敵する「偉大な大統領」と評価する人はまずいない。ミッテランの持っていた「神秘的」なイメージも荘厳な雰囲気も持ち合わせていない。ミッテランの予言はいまのところ、当たっているといえよう。 ミッテランに関してフランス人の評価は人それぞれだ。グリンピースの舟を、工作員をつかって爆破させたり、政敵やジャーナリストの盗聴を命じたりしたミッテランは権力術に長け、したかで残酷な権力者の一面を持っている。ミッテランは老檜な政治家でもあった。1984年4月28日のテレビ討論での話である。 この年は大統領選挙にあたり、再選をめざすミッテラン大統領に対してジャック=シラク首相(当時)が立ち向かった。ミッテラン氏と一対一のテレビ討論でシラク氏はこういった。 「今夜私は首相ではないし、あなたも共和国大統領でないと言いたい。われわれ二人ほ同じ立場にあり、フランス国民の審判に任された候補者である。したがって私はあなたを『ミッテランさん』と呼ぶことを許してもらいたい。」 これに対するミッテランの返答は彼の熟練した政治感覚をよく表している。 「全くあなたの言うとおりだ、首相閣下」 多くの視聴者が見守る中でのユーモアある切り返し。シラクにとって屈辱であり、侮辱であったにちがいない。フランス人はこれを見て、ミッテランとシラクの格の違いを感じさせられただろう。結果はミッテランの圧勝だった。 死刑廃止を断固として決断 トントンの愛称で親しまれ、ミステリアスな性格から「ボヘミアン」とも称されたミッテラン。ミッテラン回顧録・研究書が未だに刊行され続けていることを思うと、ミッテランという存在はいまなお歴史の深い淵にあるといえよう。 フランソワ=ミッテランが遺した知的遺産・歴史的叡智はあまりにも多い。今日の日本に照らし合わせたときに、同氏から継ぐべきものは、5つあろう。 一つは後世から「歴史的偉業」として評価されるような信念に基づく決断を、たとえ、そのときの国民からの抵抗や反対勢力の反発が強かろうが、一つでも為すことであろう。 ミッテランにとって、それは「死刑制度の廃止」だった。ミッテラン大統領が任期中に行った政策で、最大の偉業として国民は死刑廃止をあげている。1981年大統領選挙の折には、国民の63%がギロチンによる極刑の維持を支持しており(反対はわずか31%)、有力な対立候補である現職のジスカール=デスタン大統領は死刑維持を言明し、ジャック=シラク「共和国連合」党首は存置するか廃止するかは国民投票で問うと公約したそのため、フランス社会党の選対幹部の中には、公約として「死刑廃止」を掲げることに反対する意見が多々あったが、しかしながら、同氏は「死刑制度を廃止する」ことにおいて、妥協することはなく、 投票直前のテレビ番組で司会者の質問に次のように応えた。 「良心において、良心に基づいて、わたしは死刑に反対します。それと反対のことを告げている世論調査を読む必要はありません。過半数の意見は死刑に賛成なのです。わたしは、共和国大統領の候補者です」 こう言い終えてから、視線を視聴者へと向けた。 「わたしは思っていることを言います。わたしの信ずること、わたしの心が信じていること、わたしの信念、わたしの文明への配慮を口にします。わたしは死刑には賛成できません」 難解な表現を好んだミッテランにしては珍しく簡潔で明晰な応えだった。そして、大統領選でフランソワ=ミッテランはフランス共和国第五共和制第4代大統領に就く。大統領選後の国民議会議員選挙で左派が過半数を占めるや、「死刑廃止」に心血注いできた弁護士で法学専攻の教授だったロベール=バダンテールを司法相に迎え、同氏が自ら筆を執って「死刑廃止法案」を書きあげる。法案は下院・上院で可決され、死刑制度はついに廃止される。1982年のことである。 調査機関・IPSOSが15歳〜30歳の若者を対象にした10年前の調査によれば、死刑支持派はわずかに30%、死刑廃止派がフランスの多数派となっている。 […]

歴史を変えたミッテランの死刑廃止・宣言-MITTERRAND et la peine de mort-

2014年7月12日 Henri Kenji OIKAWA 0

1981年のフランス大統領選挙は、現職で中道主義のヴァレリー=ジスカール=デスタン大統領と右派のジャック=シラク、左派・社会党のフランソワ=ミッテランの三つどもえの争いとなった。争点の一つとして、「死刑」制度があげられ、デスタンは死刑維持を掲げ、シラクは死刑制度の存立を国民投票で問うと主張した。当時の世論調査では63%のフランス人が死刑制度を支持していた。 では、ミッテランはどのような立場をとったのか。ミッテランは大統領選挙・投票前に出演する最後のテレビ番組で、死刑制度について問われ次のように応えた。 「良心において、良心に基づいて、わたしは死刑に反対します。それと反対のことを告げている世論調査を読む必要はありません。過半数の意見は死刑に賛成なのです。わたしは、共和国大統領の候補者です。わたしは思っていることを言います。わたしの信ずること、わたしの心が信じていること、わたしの信念、わたしの文明への配慮を口にします。わたしは死刑には賛成できません」 難解な言葉を好んだミッテランにしては、実に簡潔明瞭な発言だった。フランス国民はミッテランによるこの「死刑廃止宣言」を知った上で彼に投票し、ミッテランは見事に当選したのであった。そして、1982年に、ロベール=バダンテール司法相のもと、死刑制度は廃止された。

絶倫大統領の破局報道で分かる仏メディアの変容La séparation de Hollande

2014年1月28日 Henri Kenji OIKAWA 0

2004年-2006年に私がパリで”修行”していた折、フランス社会党の第一書記(党首)は現在浮気騒動の渦中にあるフランソワ=オランド大統領だった。取材先で一緒になることがままあったからか、昨年6月にオランド大統領が来日した折、フランス大使館で催された歓迎レセプションに招待された。私は当時撮ったオランドさんの写真を焼いて同氏に直接手渡した。 映像は大使館レセプションにおけるオランド大統領の挨拶を撮ったものだ。 ニコラ=サルコジ前大統領は大統領に就任するやいなや離婚した。セシリア前夫人は大統領選の最中行方をくらませたり投票せずに遊んでいる姿がスクープされたりと就任前から二人はぎくしゃくしていた。 2007年大統領選ではセゴレーヌ=ロワイヤル・前国民議会議員が社会党候補だった。2006年1月31日に国民議会でロワイヤルさんにインタビューする機会を得られた。フランス国立行政学院(ENA)で同級生だったのがオランドさんで、二人は70年代から事実婚関係にあり4人の子どもをもうけている。大統領選後にロワイヤルさんが離縁したと公表した。原因はオランドさんの浮気だった。彼女が大統領選に挑戦したのは、他の女にかまけている夫(当時は社会党トップ)を見返すためだったとも指摘されている。 さて、フランスのみならず世界的な醜聞になっているオランド大統領の離縁騒動。フランス国営放送は26日夜のニュースで、オランド大統領と女優との浮気が発覚し、寝込んでいた事実婚相手バレリー=トリルベレールさんと大統領が離縁したと大きく報じた。ヘルメットをかぶってスクーターにまたがり、女優宅に足繁く通う姿が写真誌に載ったのだから、胸中を察するにあまりある。 フランスは「政性分離」の国であった。 政治家の下半身・プライベートは報じないという不文律があった。ただ、サルコジが大統領に就いた2007年以降、徐々にだが、それは変わりつつある。 Pierre Moscovici経済財政大臣が26歳の女学生Marie-Charline Pacquotさんと交際中であることも昨年伝統あるLe journal du dimancheがスクープし他メディアも追随した。 オランド大統領の”絶倫”ぶりによって、フランス・ジャーナリズムの変容が世界に知らしめられた。